Viva La sports

オリンピックは世界レベルサッカーではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず手倉森監督が言った 「世界で通用した」という言葉に違和感を感じた。 この大会、南米での開催のため、欧州クラブは主力を出していない。 そのため、クオリティはかなり落ちた。 実際、コロンビアはワールドカップの時の強さは感じないし、アルゼンチンがグループで破れたりしたのは、その証拠だ。

つまり、この大会は本当の世界レベルではない。負けたナイジェリアですら、本来のエースであるイエアナチョが呼べてない。

そう考えると、世界レベルにはまだまだ足りないのだ。 「経験はできた」とキャプテンの遠藤は言うが、本当の世界レベルには触れていない。 そこは忘れてはならない。

そしてその経験をするためには、海外のクラブに行くしかない事も証明された大会でもある。

Jの主力級がオーバーエイジとして参加したが、機能しなかった。 つまり、Jで活躍しても世界の二流ですら通用しないという証明だった。

この大会でまず反省しやるべき事はJの強化である。審判は接触を流すとか、海外クラブとの交流を増やすなどの方向を示すべきではないだろうか?

後は個人の海外クラブへの移籍に掛けるしかない。 それが今の日本のサッカーの現状であり、問題でもある。今回の主力は、本来の世界レベルに触れていない。そういう選手が継続してまがりなりに世界レベルに経験する場を作らないと、Jリーグのレベルは落ちる一方だ。それはアジアCLに勝てないのにも、通じる問題でもある。 まずはサッカー界全体の危機感が欲しい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

オリンピックは世界レベルサッカーではない

私もそう思います。代表は「強化」を行う場ではないし、代表の現場だけでできるインプットなんて限られていますよね。代表が強くなるには結局のところ、クラブフットボールにおいて高いレベルでプレーする選手が増えるのを待つしかない。使える駒が揃って初めて強豪国と対等に争えるスタートラインに立つことができる。だからクラブレベルのフットボールと切り離して、代表という枠組みだけで強化を議論することはナンセンスだと思う。ファンにせよメディアにせよそういう論調が多いことは残念に思います。

こんな記事も読みたい

内村選手、個人総合「金」おめでとう!!【Kaipopo】

スウェーデン戦で勝利できれば評価は大きく変わる。【FCKSA66】

2016:U-23代表:リオ五輪グループリーグ3戦目:中立:vsスウェーデン「日本サッカーの輝かしい未来のために」【蹴鞠談議2】

福原愛がキム・ソンイに敗れ、銅メダルならず…次は悪くない組み合わせの団体戦へ…!【0 to zeroのhorizon】

リオ五輪6日目雑感:内村大逆転の金、田知本金、ベイカーも金!【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

田知本選手がみせた日本の『柔道』というもの【熱き心とともに】

リオ五輪 卓球・準決勝 福原がロンドン金の李暁霞に完敗 3位決定戦に回る…!【0 to zeroのhorizon】

スウェーデン戦だよ!スタメン&キーマン予想!【キキアシワアタマ】

ブロガープロフィール

profile-icontabubu

元音楽ライター、現在デザイナーの
異常なスポーツ好きが語るコラムです。
50万もの方に読んでいただいて、
本当にありがたいです。
サッカーはバルサが好き!
新婚旅行もバルセロナ。
けど、やっていたスポーツはバスケット。
ジャンルレスのコラムです。
※間違い等はないようにチェックしていますが、
あったら、許してください。
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:2419040

(08月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 引き分けは妥当だが、AFCにはモノ申す
  2. イラク戦にみるアギーレの采配力
  3. 常勝の空気すらある日本
  4. マンUが王者ではなくなった理由
  5. 日本の総合力が浮かび上がったブラジル戦
  6. 今のミランは、チームでない
  7. 田中陽子に釘付けです。
  8. 香川のライバルは、チャチャリートとウェルベック
  9. 香川にはシルバのような選手になってほしい。
  10. デシャンが日本戦でやりたかった事

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
03
2016
12
11
10
09
08
05
03
01
2015
12
10
08
07
06
01
2014
09
08
07
06
03
01
2013
11
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss