Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~

チェコオープン 張本史上最年少ツアー優勝 ~張本の進化が止まらない~

このエントリーをはてなブックマークに追加

張本智和4-2ティモ・ボル 11-3、4-11、8-11、11-9、11-6、11-9

チェコオープンで張本とボルとの3回目の対戦で、対戦成績はボルの2勝。 ただ、直近のT2ではボルがわずか1ポイント差での辛くも勝利を得ている。

試合は1ゲーム目は張本、2ゲーム目はボルがサーブから相手を崩し、互いに楽にゲームをモノにする。

1-1で迎えた3ゲーム目一進一退の攻防でポイントは5-5.ここでボルにサーブ権が回る。ここで張本がレシーブから連続ポイントでスコアは7-5。張本がこのセット主導権を握るかと思われた。 しかしボルが張本のサーブからの展開は1本目は自分から仕掛ける攻撃で、2本目は横回転をかけたレシーブで、逆に連続ポイントを決める。 7-7からのボルのサーブはボールが浮いたところを確実に連続ポイント。このゲームはそのままボルが11-8でモノにする。

4ゲーム目競った展開でポイントはボルの6-5でサーブ権は張本。ここで張本がタイムアウトを取る。私はタイムアウトを取るのは早すぎると思ったが、タイムアウト明けで、いきなりのブツ切りサーブ。ボルがレシーブしたボールがネットに引っ掛かった瞬間に、特大ボイスのチョレイ!張本はここが最大の勝負ところととらえている。 ただ、ボルもさすがに百戦錬磨。そう簡単には引き下がらない。突き放されることなく付いていき、スコアは8-8でサーブ権はボル。張本は1本目は速い逆チキータでレシーブ。2本目はツッツキでレシーブし、ともにポイントを取る。 10-8で張本のサーブ。1本目はこの試合多用しているフォア前のショートサーブを出すが、ボルが対応し、ボルがポイントを取る。これでスコアは10-9. 1点差になった後、私は張本がどうするかと思って見ていると、ここでこの試合で一度も出していないバックへの速いサーブを繰り出す。意表を突かれたボルがラケットを振るが空振り。張本が勝負をかけた4ゲーム目をモノにし、ゲームカウントをタイにする。

5ゲーム目4ゲーム目を取った勢いそのままに張本が5連続ポイントを取るが、ボルも粘り、スコアは6-6。サーブ権は張本。1本目はバック側への短いYGサーブ、2本目はフォア側への長いサーブを出し、3球目を自分から仕掛けて、連続ポイント。次のボルのサーブも一本目はフォアのチキータ。2本目はツッツキで返し、ボルのサーブも2本とも張本がレシーブでモノにする。 このゲームはそのまま11-6で張本が取り、ゲームカウントを3-2と逆転する。

迎えた6ゲーム目ボルが8-6とリードし、張本にサーブ権が回る。張本はサーブを出した後の3球目を1本目はナックルのツッツキ、2本目は回転をかけたカットで返し、ともにボルのミスを誘発させる。スコアが8-8のタイ。 次のボルのサーブ権はお互い1点ずつとり、スコアは9-9、張本にサーブ権は移る。張本が3球目で返したツッツキが浮き、チャンスボールを献上するが、ボルのスマッシュを逆にフォアのカウンターではじき返し、11-9でこのゲームを取り、見事史上最年少でのツアー優勝を決めた。

この試合を通じて私が思ったのは、張本の試合における駆け引きがうまくなっており、14歳とは思えない老獪な試合運びができる張本の進化の速さだ。 特に速いボールを打つときと遅いボールを打つときの使い分けがうまくなっており、強打を打つと見せかけて、当てるだけのスイングでタイミングをずらすなど、相手にとってよりタイミングが取りずらいプレーヤーになっていた。

これはトッププレーヤーと対戦する中で張本は打球スピードだけでは勝てないと気づき、駆け引きやタイミングでポイントを取るスタイルも意図的に身に着けようとしてる証だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
チョレイ
チェコオープン
ティモ・ボル
張本智和

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

卓球 決勝に石川佳純、伊藤美誠、張本智和、吉村真晴らが進出、優勝に王手!(チェコ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

卓球女子・決勝カードは石川佳純VS伊藤美誠、男女・単複すべてで日本選手が優勝の可能性!(ブルガリア・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

卓球女子 日本勢16人全員が1回戦突破 ベスト16以降、すべて日本人対決!(ブルガリア・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-icontabletenniswatching

卓球日本代表の試合を中心に書いていこうと思っています。

~筆者の卓球歴~
中学1年で見ていて楽そうな競技だという邪な思いで卓球を始める。(実際はしんどかった・・)卓球経験のほとんどない顧問の勧めでペンホルダーになる。
チームのレギュラーになりかけたが、中学2年の夏に全国大会ベスト8の強豪中学に転校。一気にチームで一番弱い選手に転落する。
ちなみにその時の顧問の先生は後に島地中学を全国制覇に導いた岡本勝則先生。今にして思うと凄い人に教えてもらったんだな~と思っています。

高校は野田学園高校に進学。今でこそ野田学園は卓球の強豪校だが、当時は存在があるかどうかも分からない程の弱小部。中学時代で卓球は飽きてしまい、高校時代は帰宅部として過ごす。

大学・社会人と卓球に縁のない生活を送ったが、卓球日本代表がテレビで放送されることが多くなり、近くのスポーツジムで時々ペンホルダーを握ってプレーするようになる。

応援している選手=福原愛、石川佳純、許昕 、吉村真晴、野田学園出身選手
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:53360

(09月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 新卓球大会 T2 APAC開幕
  2. 中国オープン 張本・木造ペア ~13歳と17歳が金メダルペアに勝ってしまった~
  3. 中国オープン 張本VSボル ~新鋭の勢いVS皇帝の経験値~
  4. 中国男子代表集団ボイコットについて ~前回早とちりな記事を書いてしまって申し訳ありません~
  5. チェコオープン決勝 伊藤美誠VS石川佳純 ~美誠ちゃん魔法のサーブを手に入れる~
  6. 萩村杯男子予選トーナメント ~予選なのに張本の相手が強すぎる~
  7. 中国オープン 木原VS孫穎莎 ~真剣勝負する気にもならないレベル差~
  8. チェコオープン 張本史上最年少ツアー優勝 ~張本の進化が止まらない~
  9. 中国オープン 丹羽VS張本 ~丹羽の立場が危ない~
  10. 萩村杯女子トーナメント ~日本代表VS平野のコピー選手~

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss