Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~

オーストラリアオープン準々決勝 日本代表VSヨーロッパの猛者

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアオープン準々決勝

松平健太1-4ブラディミル・サムソノフ 8-11,9-11,11-8,8-11,9-11,

サムソノフでかい! サムソノフ側から試合を見るとサムソノフが進撃の巨人の5メートル級巨人に見える(笑) マツケンがサーブで仕掛け、早い展開に持っていこうとするが、サムソノフがパワーとリーチでねじ伏せる展開が続く。サムソノフはパワーだけでなく、時々放つ遅いボールも有効に使う。大きな体だけでなく、試合の流れに応じた対応力もさすがだった。 マツケンも悪いプレーではなかったが、世界のトップレベルと比較すると突き抜けた武器がなく、平均点でまとまっている印象を受ける。マツケンも卓球人生考えると正念場を迎えているようだ。

大島祐哉2-4ポール・ドリンコール 8-11,11-7,8-11,11-7,4-11,8-11

ドリンコール久しぶりに見たけど、頭髪が後退したな~ 欧州期待の若手選手として名をはせたドリンコールも27歳月日が経つのは早いものです。 試合はフットワーク以外のすべての面でドリンコールが大島を上回っていました。 大島得意の速いボールの打ち合いにも打ち勝っていたので、大島は実力で完全にねじ伏せられた感が強い。ただ、大島はあのフットワークと強気のメンタリティーがあるからなのか、他の日本代表選手より伸び代があるように見える。フォアハンド攻撃以外の部分の技術を磨いて更に成長した大島も個人的に見てみたい。

吉田雅己0-4ゴジ=シモン 5-11,9-11,9-11,4-11

同じフランス人のフロールがトリッキーな選手だったからか、シモンが物凄い正統派プレーヤーに見える(笑)試合を通じてシモンのバックハンドは最後まで吉田の脅威になっていた。直前までストレートかクロスか打つコースは分からないし、横回転つけたトリッキーなバックハンドもある。サーブも良く、卓球選手らしい相手を騙すプレーも随所に見せる。顔はイケメンだが、卓球は曲者。フロール同様フランス人らしい個性派プレーヤーだ。

シモンのようなバックハンドを身につけられたら、多くの選手は飛躍的に強くなりそう。吉田もバックハンドとフットワークは良いものがあっただけに、シモンのようなバックハンドを身につけていってほしい。

3試合見て思ったのはヨーロッパの選手は個性的かつ確かな実力もあるということ。 日本に住んでいると卓球は中国を中心とした東アジアと帰化中国人のスポーツのイメージが強い。 ヨーロッパ生まれの選手の活躍は卓球の国際的な広がりを感じ、何より五輪競技として維持するためには多くの国籍の選手の活躍は欠かせない。日本代表にとってはやっかいなライバルが増えて苦労することも多くなるが、卓球を五輪競技に留めることを考えるとヨーロッパ勢の活躍は喜ばしいことです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
オーストラリアオープン
卓球
大島祐哉
吉田雅己
ドリンコール
松平健太
サムソノフ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オーストラリアオープン 準々決勝 水谷VSCHO ~韓国選手も侮れない~【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会 3日目【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

オーストラリアオープン 男子シングルス1回戦 ~中国勢がいなくても勝つのは難しい~【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

ブロガープロフィール

profile-icontabletenniswatching

卓球日本代表の試合を中心に書いていこうと思っています。

~筆者の卓球歴~
中学1年で見ていて楽そうな競技だという邪な思いで卓球を始める。(実際はしんどかった・・)卓球経験のほとんどない顧問の勧めでペンホルダーになる。
チームのレギュラーになりかけたが、中学2年の夏に全国大会ベスト8の強豪中学に転校。一気にチームで一番弱い選手に転落する。
ちなみにその時の顧問の先生は後に島地中学を全国制覇に導いた岡本勝則先生。今にして思うと凄い人に教えてもらったんだな~と思っています。

高校は野田学園高校に進学。今でこそ野田学園は卓球の強豪校だが、当時は存在があるかどうかも分からない程の弱小部。中学時代で卓球は飽きてしまい、高校時代は帰宅部として過ごす。

大学・社会人と卓球に縁のない生活を送ったが、卓球日本代表がテレビで放送されることが多くなり、近くのスポーツジムで時々ペンホルダーを握ってプレーするようになる。

応援している選手=福原愛、石川佳純、許昕 、吉村真晴、野田学園出身選手
  • 昨日のページビュー:68
  • 累計のページビュー:53477

(09月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 新卓球大会 T2 APAC開幕
  2. 中国オープン 張本・木造ペア ~13歳と17歳が金メダルペアに勝ってしまった~
  3. 中国オープン 張本VSボル ~新鋭の勢いVS皇帝の経験値~
  4. 中国男子代表集団ボイコットについて ~前回早とちりな記事を書いてしまって申し訳ありません~
  5. チェコオープン決勝 伊藤美誠VS石川佳純 ~美誠ちゃん魔法のサーブを手に入れる~
  6. 萩村杯男子予選トーナメント ~予選なのに張本の相手が強すぎる~
  7. 中国オープン 木原VS孫穎莎 ~真剣勝負する気にもならないレベル差~
  8. チェコオープン 張本史上最年少ツアー優勝 ~張本の進化が止まらない~
  9. 中国オープン 丹羽VS張本 ~丹羽の立場が危ない~
  10. 萩村杯女子トーナメント ~日本代表VS平野のコピー選手~

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss