田端到のヤクルト・スワローズ&五輪研究所

アジアカップ開幕! こんなインド卓球はイヤだ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 卓球のアジアカップが、9月15日から17日までインドのアーメダバードで開催される。  日本からは男子の水谷隼と丹羽孝希、女子の石川佳純と平野美宇が出場。男女それぞれ16人による少数精鋭の大会だ。中国からは男子が樊振東と林高遠、女子は劉詩文と朱雨玲が出場する。

 15日の1次リーグ、日本女子のスケジュールは以下の通り。時刻は日本時間。 ●平野美宇 15日13時半 ユ・モンユ 15日18時半 朱雨玲 ジュ・ユリン 15日21時半 杜凱栞 ドゥ・ホイケム

●石川佳純 15日14時 ソ・ヒョウォン 15日19時 フォン・ティエンウェイ 馮天薇 15日22時 陳思羽 チェン・ズーユ

 と、こんな調べればわかる日程を書いてもしょうがない。自分用のメモを挙げてみた。  あとはくだらないネタで埋めよう。開催地にちなみ、こんなインド卓球はイヤだ!

「こんなインド卓球はイヤだ」

・優勝賞品は地元カレーと水谷隼カレーの二択。

・ピンポン玉はベンガルトラの睾丸を使用。

・ラケットのラバーはゾウの皮。ごわごわしてストップがよく効く。

・審判がガンジー。争いをやめるように諭される。

・会場では常にインド映画が上映され、いつ見ても全員が踊っている。

・試合中、ときどき牛がゆっくり横切る。このときだけはみんな静かに見つめる。

・タオルタイムは、頭に巻いたターバンで汗を拭く。生水を飲んではいけない。

・負けた選手はガンジス川で身体を清めるのが決まり。

・エキジビションはゾウに乗ってロビング合戦。

・温泉卓球は、焼きたてのナンがおかわり自由。

・得点計算は全部、インド式の暗算。そのため得点が表示されない。

・ゼロは神聖な数字なので、11-0が許される。

・ダブルスのサインはヨガのポーズで出し合う。

・30年絶食中のヨガの達人が出てきて、鶴のポーズでスマッシュ。

・するとタイガー・ジェットシンが乱入してきて、サーベルで卓球を始める。さらにアントニオ猪木も出てきて、闘魂のこぶしで打ち返し、シンの腕を折る。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドイツハンドボールでプレーする 佐藤元紀選手インタビュー【J-UNITED BLOG】

卓球9/15アジアカップ2017が開幕 日本からは石川佳純、平野美宇、水谷隼、丹羽孝希が出場!【0 to zeroのhorizon】

おめでとう、LS北見! 本橋麻里、藤澤五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花が日本代表に!【0 to zeroのhorizon】

2017年8月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

壁が壊れた今こそチャンス! 流れに乗らなきゃ【Armar know Jack Bigwild】

LS北見が平昌五輪の日本代表に決定、中部電力を破る、吉田知那美が藤澤五月にうまくつなげた!(女子カーリング)【0 to zeroのhorizon】

卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 対日大、埼玉工大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

女子卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 前半戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-icontabata2890

若松勉に魅せられて以来、40年以上のキャリアを持つヤクルト・スワローズ幸福党。著書に『なぜスワローズは最下位から優勝できたのか』など多数。
ヤクルトの話題を中心に、卓球、体操、陸上などを扱う。最近は卓球に偏り気味で、天才・伊藤美誠、秀才・平野美宇、大器・早田ひなの黄金世代の追っかけ。
  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:332566

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「走者一塁時の打率4割5分」の川端慎吾をなぜ代打起用しなかったのか
  2. ピート・ローズが日本の野球をバカにする理由と,1978年の真実
  3. ダントツの併殺獲得数を牽引した大引啓次の守備スキル
  4. 平野美宇の初優勝を生んだ、ライバルの誕生日プレゼント
  5. 2015年の優勝は新生スワローズ2年目の飛躍である
  6. セ・リーグ遊撃手のレンジファクターと大引啓次の課題
  7. セ・リーグの開幕ローテとスワローズ包囲網
  8. ヤクルト優勝の裏ファクターと守備三冠
  9. Gグラブ4度、グッチー・ロビンソン坂口智隆が再起を懸ける!
  10. 打点王・畠山和洋の真骨頂。記録に出ない勝利打点バッティング

月別アーカイブ

2017
09
06
05
04
03
01
2016
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss