やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

月別アーカイブ :2012年10月

07年巨人優勝ポストカード、06年原、上原、小久保&李、二岡&清水のフィギュア、03年工藤と真田のフィギュア、08年阿部ステッカー

ツイッターとフェイスブックには日本シリーズの予想を書いたが、まだブログには書いてなかったので書く(同じ内容になるが)。 巨人にとっては、日本ハムがパ・リーグの球団の中で一番やりづらい相手だったから、日本ハム有利だと思った(正直、西武とソフトバンクが相手なら巨人の4勝1敗と予想した)。 しかし気になるのが、日本ハムはあっさりと3連勝でファイナルステージを突破したこと。 反対に巨人は、崖っ......続きを読む»

今季初の視聴率20%超え、約26万人の動員とCS史上最多の人数を記録!CS効果は絶大も、巨人がファイナルステージに進出したから

結局、クライマックスシリーズ・ ファイナルステージ セは 巨人が3連敗の崖っぷちから3連勝で リーグ優勝による1勝のアドバンテージを加えて4勝3敗とし、3年ぶり33度目の日本シリーズ進出を決めた。 そもそも、10月20日に巨人への叱咤激励の意味で辛口の記事を更新すると、 翌日から巨人が3連勝! しかも、その時のアクセス数が23387とフタミ! 次に10月22日の高木守道監督と権......続きを読む»

中日ファンからみたら理解不能な高木守道と権藤の関係!投手交代でブチキレる監督を初めて見た

クライマックスシリーズ ファイナルステージ セは 巨人が連勝し、 3勝3敗のタイとなり、 いよいよ本日最終決戦となった。 一昨日、巨人への叱咤激励の意味で辛口の記事を更新したら 23387のアクセス数を記録。 2万3千、まさにフタミで縁起の良い数字! ラッキーナンバーを叩きだしたことにより、巨人が連勝した(笑)。 昨日は、そのクライマックスシリーズを観戦した。 第1戦から......続きを読む»

読売巨人よ、このままCSを敗退していいのか?2位に10・5ゲーム差を離して日本シリーズに進出できないなんて有り得ない

グッズ情報を休みにして、 読売ジャイアンツについて書く。 その前に、 昨日の(というか今日)深夜に起こった丸ノ内線の本郷三丁目の事故で帰れず、 タクシーの相乗りで帰宅できた。 後楽園駅のひとつ前の駅なんで、一歩間違えれば事件に巻き込まれた可能性もあった。 事件性はなかったみたいだけど、疲れが倍増。 さて、クライマックスシリーズ ファイナルステージで巨人が中日にまさかの3連敗......続きを読む»

09年プレーヤーズベースボールカード 阿部慎之助、小笠原道大、内海哲也&マーク・クルーン、原辰徳、李スンヨプ

クライマックスシリーズファイナルステージはセ・パの予想が逆の展開になってきた。 パは北海道日本ハムで決まりそうだが、セは巨人がまさかの連敗。 いちプロ野球ファンからみた意見を書くと、もし中日対日本ハムの日本シリーズになったら、プロ野球界存亡の危機と言っても、決して大袈裟な話しではない。 根底を覆す大事件。 第3戦は、何が何でも巨人が勝たないと大変な事になるな。 もっとも商売も加味しているのは否定......続きを読む»

王貞治 永久欠番シリーズカード2種類、08年プレーヤーズカード 上原浩治、高橋尚成、西村健太朗

本日からクライマックスシリーズファイナルステージが始まる。 ファーストステージの予想がすばり当たったので、調子に乗ってファイナルも予想する。 セは、巨人の4勝1敗、 パは、ソフトバンクが4勝3敗で下克上を果たすのではないかと。 セの巨人は鉄板。 パは普通なら日本ハムが優位だけど、SBが奇跡を起こしそうな予感がする。 SBは何としても初戦を取ること。 引き続き、巨人のグッズ情報を更新。 チ......続きを読む»

08年プレーヤーズデーの阿部、小笠原、二岡、ラミレス、李、谷のカードと09年巨人優勝カレンダー

クライマックスシリーズの1stステージは、中日が東京ヤクルトを、福岡ソフトバンクは埼玉西武を破り、中日とソフトバンクがファイナルステージに進出。 日本シリーズ出場権を賭けて、10月17日(水)から巨人対中日が東京ドームで、北海道日本ハム対福岡ソフトバンクが札幌ドームで戦う。 10月17日からは多数の巨人ファンが来店してくれると思うので、しばらくの間巨人のグッズ情報を更新していく。 まず、200......続きを読む»

やっと金本が去り、来年は普通に阪神戦が観れる喜び!あの弾丸ライナーの03年日本シリーズ第4戦を観戦しているのが誇り

金本のことを取り上げるのもこれで最後。 やっと やっと 金本知憲の引退試合が終わってくれた。 9月12日に引退の記者会見をやってから約1ヶ月間は 金本の引退ロードだった。 まさに、プロレスの引退ツアーと一緒。 プロ野球でこのような形式は前例がないんじゃないかな? 当初は金本の古巣である対広島戦の最終戦の9月29日か、甲子園最終戦の10月5日のヤクルト戦、どちらかが金本......続きを読む»

城島健司は球史に残る名捕手!潔く引退を決めた城島を評価!でも本人が固辞したとはいえ二軍で引退とはやりきれない…

まず報告。 当ブログの累計アクセス数が、いつのまにか 230万を突破していた。 10月6日現在、2322200。 6月15日に200万を超えたとき、次の目標は230万と定めていたからな(23だけに)。 次は300万超えが目標。 4ヶ月かからないで30万増えたので、あと1年かからない内に300万を超えると思うが。 さて、ここからが本題。 阪神の城島健司捕手が、9月28日......続きを読む»

今年はQVCマリンでの千葉ロッテ戦の売れ行きは悪かったが、ビジター開催では変わらず売れ行き好調!

何回か書いていることだが、巨人戦のチケットが売れるのは本拠地の東京ドームが当店の近隣にあるのでこれは当たり前の話になる。 しかし巨人戦以上に、広島、中日、千葉ロッテ戦のチケットが売れる。 いかにT-1が変わった店になるというか。 面白い話だ(笑)。 この3球団のファンは熱心な方が多い。 関東でやる試合は全部観戦するとか。 それで、少しでも安く売っている店を探した結果、この3球団の試合は、他の球......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7315273

(07月29日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  4. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss