やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

月別アーカイブ :2008年12月

2008年・プロ野球ベスト10を二見式に発表!1位は阪神の歴史的なV逸!

今年のプロ野球で印象に残った私的ベスト10を発表! 1位:阪神が歴史的なV逸に岡田監督辞任! 2位:星野ジャパン、北京五輪でメダルなし 3位:前年Bクラスの西武が巨人を破り日本一に 4位:日本シリーズでの岸孝之の熱投! 5位:岩隈久志が23年ぶりの21勝に楽天から初のMVP 6位:田沢純一、メジャーに挑戦&レッドソックスと契約! 7位:巨人の原監督がWBCの監督に就任! 8位:二......続きを読む»

田沢純一が先発、抑えにフル回転で新日本石油ENEOSが優勝!!第79回都市対抗野球大会決勝戦(08年9月9日・東京ドーム)

引き続き、印象に残ったプロ野球の試合を振り返るシリーズを更新。 今回はプロではなく、9月9日東京ドームで行なわれた第79回都市対抗野球大会決勝戦・新日本石油ENEOS対王子製紙戦を取り上げる。 球界初の日本プロ野球(NPB)を経由せずにアマチュアからメジャー契約した選手となり、いまや時の人となった田沢純一投手。 正式にボストン・レッドソックスとメジャー契約で入団することになった。 その田......続きを読む»

“生王監督”最後の観戦!西武vsソフトバンク(08年8月21日・西武ドーム)

早いもので2008年も今日含めてあと5日か。 今年観戦したプロ野球の試合の中で、印象に残った試合を更新する。 今日は、8月21日(木)埼玉西武対福岡ソフトバンク戦(西武ドーム)。 この試合は急遽観戦することになった。 というのも、この時期は北京五輪の野球一色の時。 しかし、予選が前日の20日終了し、翌22日に準決勝ということで、丁度21日は試合がなかった。 それと、王貞治監督が今年で......続きを読む»

WBC日本代表のスタメンオーダーを対右、対左と考えてみた

今回で3回連続WBCネタ。 一昨日ドジャースの黒田博樹投手が辞退を発表した。 チーム事情を考えればある程度予測できたこと。 年明けに追加選手をどうするか含めて選考があるとのことなので、投手はまたその時に考える。 で、今日は野手のスタメンオーダーを考えてみた。 とにかく、左バッターが多いんだよね。 かといって左の大砲がいない。 だから松中待望論となるのも理解できる。 だが、私の中で......続きを読む»

独断と偏見でWBC28人のメンバーを考えた結果、「頼むから栗原を選んで松中を外してくれ!」という心境

先日WBCの日本代表1次候補34選手が発表された。 そこで、最終28人のメンバーを独断と偏見になるが、投手13名、野手15名のパターンで選んでみた。 【投手】 岸孝之(西武)、涌井秀章(西武)、小松聖(オリックス)、ダルビッシュ有(日本ハム)、渡辺俊介(ロッテ)、田中将大(楽天)、岩隈久志(楽天)、杉内俊哉(ソフトバンク)、内海哲也(巨人)、山口鉄也(巨人)、藤川球児(阪神)、松坂大輔(レ......続きを読む»

まさかの西岡落選に、まさかの亀井選出!!WBC第1次候補34選手発表!

本日、来年3月に開催される第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表第1次候補34選手が発表された。 注目の大リーグ所属選手は、マリナーズのイチロー外野手と城島健司捕手、レッドソックスの松坂大輔投手、ドジャースの黒田博樹投手、レイズの岩村明憲内野手、カブスの福留孝介外野手の6人と、ドジャースからフリーエージェントになった斎藤隆投手が選出された。 WBCの日本代表1次候補34選手......続きを読む»

日本シリーズ第3戦 西武vs巨人(08年11月4日・西武ドーム)パート2

前回の続きで9回の裏、西武の攻撃からです。 日本シリーズ第3戦 西武vs巨人(08年11月4日・西武ドーム)パート1 【クルーンが日本シリーズ初登板】 九回一死ランナーなしの場面で、佐藤のファウルが捕手鶴岡のミットに当たってフェアゾーンに戻りましたが、有隅球審はフェアと判定し、佐藤は捕ゴロとなりました。 七回に続きこの日二回目の誤審とあって、渡辺監督は猛抗議をしました。 【渡辺監......続きを読む»

日本シリーズ第3戦 西武vs巨人(08年11月4日・西武ドーム)パート1

今さらかもしれませんが、何回かに分けて今年観戦したプロ野球の試合を更新します。 観戦記ではなく、ざっと画像を中心にダラダラとアップしたいと思います。 今日は、11月4日に西武ドームで行なわれた日本シリーズ第3戦・西武vs巨人戦です。 【1塁側入場ゲートです】 私が到着した時には、6回の表が終わって巨人が5-0でリードしていました。 しかし、6回裏に西武ライオンズの怒涛の攻撃が始まり、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7315273

(07月29日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  4. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss