やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

西武よりも阪神タイガースの短期決戦の弱さは異常 CSファーストステージに7度出場してファイナルステージ進出は1度だけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

本題の前に極上の二見激情ブログで、プロレスラー、格闘家のダラダラと長いマイクアピールについて更新した。

学芸会の延長 勝っても負けてもマイク プロレスラー、格闘家のダラダラと長いマイクアピールを聞いてしまうと、試合内容が良くても一気に興ざめ

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

10/10更新した記事の通り、埼玉西武ライオンズの不吉なジンクスが的中してしまった。

クライマックスシリーズ 埼玉西武ライオンズの不吉なジンクス 2位で本拠地開催の場合、過去3度ともファーストステージで敗戦 初戦の重要性

これで西武のクライマックスシリーズは(以下、CS)、2位で出場した4度とも全てファーストステージで敗戦、ファーストステージに5度出場のうち、ファイナルステージに進出したのは1度だけ。

ファイナルステージは2度出場して、日本シリーズに進出にしたのは優勝した2008年のみ。 アドバンテージを除いたCSの西武の成績は8勝13敗、勝率380。

西武の短期決戦の弱さは風物詩になりつつあるが、その西武よりもさらに酷いのが阪神タイガース。

ヤクルトに勝利した阪神ナイン

阪神のCSの成績を振り返る。

07年 第1ステージ 中日対阪神(ナゴヤドーム) 0勝2敗→ファーストステージ敗戦

08年 第1ステージ 阪神対中日(京セラドーム大阪) 1勝2敗→ファーストステージ敗戦

10年 ファーストステージ 阪神対巨人(阪神甲子園球場) 0勝2敗→ファーストステージ敗戦

13年 ファーストステージ 阪神対広島(阪神甲子園球場) 0勝2敗→ファーストステージ敗戦

14年 ファーストステージ 阪神対広島(阪神甲子園球場) 1勝1分→ファイナルステージ進出  ファイナルステージ 巨人対阪神(東京ドーム) 4勝1敗(アドバンテージ1敗含む)→日本シリーズ進出

15年 ファーストステージ 巨人対阪神(東京ドーム) 1勝2敗→ファーストステージ敗戦

17年 ファーストステージ 阪神対横浜DeNA(阪神甲子園球場) 1勝2敗→ファーストステージ敗戦

ファーストステージには7度出場して何と6度敗戦、ファイナルステージに進出したのは14年の1度だけ。

アドバンテージを除いたCSの阪神の成績は8勝12敗1分、勝率400と西武を上回るが、14年ファイナルステージでの対巨人4連勝を除くと、4勝12敗1分、勝率250となる。

オリックスはCSに2度出場して1勝4敗 勝率200なので、一番悪いのはオリックスになっているが、オリックスの次に勝率が悪いのが西武と阪神。 05年日本シリーズでロッテに4連敗してから、阪神の短期決戦の弱さは異常。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
阪神タイガース
タグ:
タイガース
阪神
阪神タイガース
CS
クライマックスシリーズ
ライオンズ
埼玉西武
埼玉西武ライオンズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

西武よりも阪神タイガースの短期決戦の弱さは異常 CSファーストステージに7度出場してファイナルステージ進出は1度だけ

kumamonさん
仰る通りです。
優勝ができる戦力を与えてもらっているのに優勝できない、勝負所の9月に勝てない、タニマチにちやほやされて勘違いする選手たち、様々の要素があってか12年間も優勝できていません。
そのことが短期決戦の弱さに繋がっていると感じています。

長くタイガースのことをみていると、同じ展開でやられるのを嫌というほど見てきているので絶望感しかないです。
監督が和田から金本に代わって多少は変わりましたが、根本的なことは変わっていませんね。

西武よりも阪神タイガースの短期決戦の弱さは異常 CSファーストステージに7度出場してファイナルステージ進出は1度だけ

コメント失礼します。

阪神の場合は短期決戦もそうですが、ペナントレースでも今年で12年連続で優勝を逃していますよね。私にはこのことが不思議で仕方がないと感じるのですよ。05年の優勝以来メンバーは変わっていますが、どの年も優勝を狙える戦力を有しているにも関わらずです。

実際に、08年や10年、14年に代表されるようにペナント制覇のチャンスがある状態で勝負時の9月を迎えたときに阪神は必ずといっていいほど失速して優勝を逃しています。これは首脳陣が目先の勝利にこだわり過ぎて先を見据えた選手起用ができないことが大きいように感じます。

また、阪神の場合は若手選手が少しでも活躍するとメディア・ファン等がこぞってちやほやするものだから選手が勘違いしてしまうそうですね。こういった所が大事な試合で勝てない要因を作っているように感じます。

長文になってしまいましたが、私が感じている阪神タイガースの印象を勝手に書かせていただきました。

こんな記事も読みたい

清宮選手、獲っても地獄、獲れなくても地獄、光の見えない巨人軍。【東京憂巨会】

スワローズドラフト予想 2017【神宮1番入り口】

タイガースのドラフト;個人的な意見【甲子園浜通信】

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 外野手編【ラテンアメリカの虎】

来年のコーチ人事について思う事【阪神をのんびり応援するブログ】

雨中のCS【トラコ好きの虎男】

【タイガース】鳥谷は完全復活したのか?【no title】

今季の阪神 総括 投手編【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7504275

(11月22日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  4. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss