やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

T-1の2017年セ・リーグ順位予想→1ヤクルト、2巨人、3阪神、4広島、5DeNA、6中日 巨人だけは優勝させてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

本題の前に、3・26に行われた「ガチトークフタミ塾」の重大発表は、チケット&トラベルT-1移転だった。

現店舗は4/15(土)15時で閉店、4/18(火)より新店舗に移転となる。 新店舗についてはこれから随時更新していく。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

パ・リーグに続いて、セ・リーグの2017年プロ野球順位予想について更新。

昨年(2016年)は1位 東京ヤクルト、2位 中日、3位 横浜DeNA、4位 阪神、5位 巨人、6位 広島と予想。

T-1のセ・リーグ順位予想→1ヤクルト2中日3DeNA4阪神5巨人6広島 昨年は散々広島だ、カープだと騒いで、今年は阪神を持ち上げる解説者、評論家(呆)

実際の順位は、1位 広島、2位 巨人、3位 横浜DeNA、4位 阪神、5位 東京ヤクルト、6位 中日。

Bクラス予想の多かったDeNAを3位、優勝候補の阪神を4位と的中したが、最下位予想の広島が優勝、5位予想の巨人が2位と、これは惨敗と言っていい。

一昨年(2015年)はセパともに当たりまくったので、調子に乗ったのか?

4位 広島、5位 オリックスの順位予想を的中!オリックスの5位を当てた解説者、評論家はゼロ!T-1だけ

ヤクルト対阪神

何を書いても言い訳になる。 今年のT-1二見の予想は以下の通り。

2017年 セ・リーグ順位予想

1位 東京ヤクルトスワローズ 2位 読売ジャイアンツ 3位 阪神タイガース

4位 広島東洋カープ 5位 横浜DeNAベイスターズ 6位 中日ドラゴンズ

2年連続ヤクルトを優勝予想。 昨年5位だからと言って掌は返さない。

昨年は怪我人が多すぎたが、今年は川端を除いて戻ってきた。 怪我人が戻れば、一番投打のバランスが取れているヤクルトが優勝に近いとみた。

巨人の補強について色々と言われているが、弱体化した先発投手には山口、吉川。 山口鉄と戸根しかいない左の中継ぎに森福。 村田が活躍できる保証もないのでマギー。 立岡、橋本、大田など日替わりだったセンターには陽岱鋼。

という感じで補強のポイントと一致している。 外野が補強のポイントではないのに、糸井に4年18億円で獲得した阪神よりは巨人の方が上手い補強と言える。

ただ高橋由伸がこの戦力を上手く使いこなせるのかどうか? 前監督の原氏だったら、上手くやりくりできたと思う。

阪神

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球を語る
タグ:
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
広島東洋カープ
阪神タイガース
読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ
セ・リーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

T-1の2017年セ・リーグ順位予想→1ヤクルト、2巨人、3阪神、4広島、5DeNA、6中日 巨人だけは優勝させてはいけない

プロ野球機構(NPB)が下した福田、笠原、松本の3人は無期の失格処分に対して、高木の1年間は処分が甘すぎ。
その当時から「1年が過ぎたら巨人に復帰するのではないか?」と指摘していたらその通りになった。
実績ある選手には甘く、しかも巨人だから許される風潮が許せないので、この球団だけは優勝させてはいけないと思った次第。

T-1の2017年セ・リーグ順位予想→1ヤクルト、2巨人、3阪神、4広島、5DeNA、6中日 巨人だけは優勝させてはいけない

タイトルを見て「巨人に優勝されたら、セ・リーグの灯が消える」って論調かと思いましたが、、、高木京投手の件でしたか、、、。
失格期間を経過して、申請をしてOKになったのに、何が問題なのか理解出来ません。
寧ろ、巨人としてはこの話題を風化させたいのだろうから「もう少し待て」と言いたかったハズで、それをしなかったのは意外ですらありました。

多分、今シーズン中に1軍の戦力にはならないでしょうし、もし、間に合ったとしても、暖かく迎えてあげるのも、プロ野球ファンの心意気、、、な、気がします。

T-1の2017年セ・リーグ順位予想→1ヤクルト、2巨人、3阪神、4広島、5DeNA、6中日 巨人だけは優勝させてはいけない

確かに巨人に優勝させてはいけない。

しかし、ヤクルトが優勝を目指すには、あまりにも横浜3連戦の内容が悪かった。

特に頼みの新外国人が良くないのが痛い。

もう少しフロント、首脳陣、選手共にモチベーション高く臨んでほしいものだ。

T-1の2017年セ・リーグ順位予想→1ヤクルト、2巨人、3阪神、4広島、5DeNA、6中日 巨人だけは優勝させてはいけない

まあ高木京介への1年間の資格停止処分それ自体が甘いかどうかという話をするなら、それは1年前に遡ってすればよかっただけの話で、そう決まってしまった以上いまさらどうにもならないことです。

高木京介は、あくまで1年間の資格停止処分に過ぎないので、保有権は巨人にまだ帰属しており、巨人が一旦契約しない限り、世界中のどこの球団とも契約できません。
よって、巨人が育成契約をするのは仕方がないことだと思います・・・これ以上の落としどころは、現実的に正直言って見つかりません。

なぜなら、法治国家である日本ですから、資格停止処分が終了した今、たとえ犯罪者であろうと高木京介が復帰申請する権利を有しているのは当然の話で、それすらを認めないのは法治国家ではありませんし、保有権を有する巨人が契約解除することもできないでしょう・・・契約したらしたで巨人は叩かれもするでしょうが、高木の首を切れば切ったで、殺人のような大罪を犯したわけでもない1人の20代の若者の更生に協力すらしないのかと、これまた巨人が叩かれるのは目に見えてます。

まあ幼女わいせつで同じく資格停止処分になった元大洋の中山裕章氏が1年後中日で復帰し、その後活躍してオールスターゲームにも出たことがあるわけで、あくまで「野球賭博」(言うまでもないが八百長とは別)は野球界では大罪でも、社会的に明らかにイメージが悪いのは、賭博<<<幼女わいせつでしょうから・・・

そして、写真を見ても明らかに筋力が落ち、一部報道によれば10キロも体重が落ちてしまった高木京介は、育成枠で今年1年間は身体づくりに専念せざるを得ないでしょう・・・来年以降はパリーグの他球団にトレードされるのではないでしょうか。

それが「大人の落としどころ」だと思います。

こんな記事も読みたい

秋山翔吾と辻発彦【ライオンズのあの人とこの人に興味あり!】

2017年開幕カードを終えて【札幌ドームが見える部屋から】

明日からの阪神戦【燕軍団〜目を覚ませ!~】

小川泰弘【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

感謝に感謝で応えられることの喜び。鵜久森淳志が一振りで運命を変えた日【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

4/2VS横 鵜久森のサヨナラ満塁弾で開幕カード勝ち越し!【雄平よ大志を抱け!】

鵜久森の気合のホームランで見事な勝利!【正岡の(主に)スワローズブログ】

鵜久森のための試合!(2017 GAME-3)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:1103
  • 累計のページビュー:7481032

(10月23日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  4. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss