やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

今年も千葉ロッテがいくつかの問題点を改善!TEAM26ブース移転、ゲートの案内板・表示盤・マリンビジョンがリニューアル、入会特典のグッズを数多く作りシーズン中も確保

このエントリーをはてなブックマークに追加

本題の前にオフィシャルブログで、12・23(祝)「ガチトークフタミ塾59」について更新した。

二見社長「参加者はターザン山本!氏の駄目っぷりを反面教師にして学べ」12・23(祝)ガチトークフタミ塾59 技の品評会&予定調和のプロレス、ギャンブル依存撲滅

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

2014年に15年ぶりにQVCマリンフィールド(来シーズンからZOZOマリンスタジアム)で千葉ロッテマリーンズ戦を現地で観戦し、それから14年、15年、16年と3年連続現地で観戦。 そこで、千葉ロッテの様々な問題点が分かり、そのことを当ブログやツイッターなどで指摘。

その問題点を更新した後、ロッテ球団のフロントが当ブログを読んでくれているのかいくつか問題点が改善されてきた。

昨年までの主な改善点を箇条書きで挙げると。

マリンビジョンで頻繁にファンクラブ(TEAM26)の入会を勧めるアナウンスや宣伝をするようになった。

モニターが設置されるようになった。

モニター

係員がプラカードを持って直通バスの誘導。

マリーンズナビ(ちらし)が、分かりにくい場所からカスタマーセンターの横に変更、各ゲート出入り口付近で球場スタッフがマリーンズナビを配布。

再び千葉ロッテが2つの問題点を改善!ブログを読んで改善してくれるなら、マリーンズの臨時アドバイザーに就任させてほしい

千葉ロッテが2つの問題点を改善!マリンビジョンでファンクラブ勧誘の宣伝、係員がプラカードを持って直通バスへの誘導も、まだ改善の余地あり

T-1が千葉ロッテマリーンズとQVCマリンの問題点を指摘→マリンブルーの風の管理人さんが考察、検証!

QVCマリンの観客動員数が減ったのはチームの成績以外に原因あり?千葉ロッテマリーンズの問題点

ただマリーンズナビを設置している棚に錆びが目立つようになったので、棚を変えた方がいいかもしれない。

マリーンズナビ 棚

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
千葉ロッテ
タグ:
TEAM26
マリーンズ
千葉ロッテ
千葉ロッテマリーンズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オリックスはドS!?【猛虎復活祈願!!】

ブレイジアと年俸10傑【きたへふ おおの かわくち つた゛】

* 今年、印象に残ったこと。その10。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

《マリーンズ》ストーブリーグ雑感vol.02 背番号変更の多いオフですな【南大阪に吹くマリンの風】

「出世番号」ってなんなんだ【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

ウインターリーグの考察【飛鴎乗雲】

あの背番号を希望していた選手がもう1人いた(かもしれない)【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

* 今年、印象に残ったこと。その9。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:463
  • 累計のページビュー:7481494

(10月24日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  4. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss