やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

今年の日本シリーズは札幌、広島地区だけでなく関東、関西でも高視聴率!巨人の時代は終わり、プロ野球界は新時代到来

このエントリーをはてなブックマークに追加

本題の前に極上の二見激情ブログで、UWFオフィシャルルールブックについて更新した。

第二次UWFオフィシャルルールブック 1989年5月4日 新格闘技伝説

UWFオフィシャルルールブック

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

今年の日本シリーズは、北海道日本ハムファイターズが広島東洋カープを下し、2006年以来10年ぶり3回目の日本一(東映フライヤーズ時代の1回を含む)となった。

前にブログに書いた通り、日本ハムの4勝2敗と予想していたので見事的中したが、大谷翔平が2勝するという条件付きの4勝2敗だったので、大谷が未勝利で日本一になるとは思わなかった。

しかも2連敗した時は、ここから4勝するのは厳しいと思っていたので、予想外の展開。 それにしてもこれだけエラー、ミスが多い日本一も珍しい。 普通は流れが広島に行くんだが。

北海道日本ハム優勝

ところで、今年の日本シリーズは久々に視聴率が高かった。

2016年 日本シリーズ 北海道日本ハム対広島 視聴率 関東  第1戦 18・5%、第2戦 13・8%、第3戦 17・5%、第4戦 15・9%、第5戦 17・4%、第6戦 25・1%、平均 18%

関西  第1戦 22・2%、第2戦 17・8%、第3戦 20・9%、第4戦 20・2%、第5戦 19・6%、第6戦 26・7%、平均 21・2%

札幌  第1戦 40・4%、第2戦 33・2%、第3戦 37・7%、第4戦 35・1%、第5戦 34・8% 第6戦 50・8%、平均 38・6%

広島  第1戦 53・8%、第2戦 53・8%、第3戦 59・6%、第4戦 48・6%、第5戦 44・4%、第6戦 54・9%、平均 52・5%

今年は広島が25年ぶりに優勝プラス黒田博樹の引退、さらに大谷翔平の効果もあり、近年稀に見る高視聴率を獲得。

注目は札幌、広島地区だけでなく、関東、関西地区でも高視聴率だった点。 関東の第6戦25・1%は10月の月間全局トップで、人気ドラマの「ドクターX」を超えた。

2014年、2015年の視聴率と比較して見ると、今年がどれくらい高いのか分かる。

日本シリーズの視聴率格差!関東は2年連続低調も福岡ソフトバンクの地元・北部九州は関東の約3倍

2014年 日本シリーズ 福岡ソフトバンク対阪神 視聴率 関東  第1戦 11・8%、第2戦 10・2%、第3戦 8・3%、第4戦 8・4%、第5戦 10%、平均 9・7%

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
北海道日本ハム
タグ:
黒田博樹
大谷翔平
カープ
広島
広島東洋カープ
ファイターズ
北海道日本ハム
北海道日本ハムファイターズ
日本シリーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今年の日本シリーズは札幌、広島地区だけでなく関東、関西でも高視聴率!巨人の時代は終わり、プロ野球界は新時代到来

ワゴンRさん
達川氏の解説は、カープ贔屓が多過ぎるのであまり好きではないですね。
岩本氏は北海道の局の解説が多いので、あまり聞いたことがありませんがファイターズ贔屓なんじゃないかと思います。

taka tanakaさん
確かに地上波の放送が少なくなった影響はあります。
でも生え抜きのスター選手が坂本以降、育っていないのが一番大きいと思います。
ご指摘の通り、ダルビッシュ、田中、大谷、山田などのスター選手が、巨人以外から出て来たのも大きいですし。
巨人の人気が下がると商売に響いている件は、何度かブログでも取り上げました。
巨人側があまり売れずに、ビジター側は売れ行き好調と、今までなかった事が起こっています。

自分も、巨人一点集中から脱皮しつつある状況は歓迎です。
これからは巨人側は安く、ビジター側(中日戦は除く)は高くという売り方が、当たり前になるかもしれません。

今年の日本シリーズは札幌、広島地区だけでなく関東、関西でも高視聴率!巨人の時代は終わり、プロ野球界は新時代到来

巨人のレギュラーシーズンの全試合が、地上波で放送されていた時代(その頃はBSもCSもありませんでしたが)が普通じゃなかったように思います。それも、全国ネットだったはずです。巨人が優勝争いをしていなくてもテレビでは巨人戦の中継があり、その時の首位攻防戦はラジオでもやらない、というのは一種の洗脳と言ったら大袈裟かもしれませんが、「野球と言えば巨人」になります。テレビ(地上波)で常に巨人の試合が見られなくなったのが、人気凋落の大きな原因でしょう。
地上波ではなくBSですが、巨人戦以外の試合が増えて、巨人の観客動員が下がりプロ野球全体の観客動員は増えていることからも、巨人に人気が集中していたいびつな構造が、ようやく崩れて来た実感がします。ダルビッシュ、田中、大谷、山田といったスター選手が、巨人以外から出て来たのも大きいです。

水道橋に店舗を構えるT-1さんとしては、巨人の人気が下がると商売に響いて困るかもしれませんが、他チームファンとしてはこの"巨人に一点集中から脱皮しつつある状況"は、大いに歓迎です。ようやく、日本のプロ野球も色々な点で変わりつつあります。

「今年の日本シリーズは札幌、広島地区だけでなく関東、関西でも高視聴率!巨人の時代は終わり、プロ野球界は新時代到来」へのコメント

コメントありがとうございます。
セ出身解説陣で納得いく人選は、古田と達川ぐらいだと思います。
古田は日本シリーズで西武、旧オリックス、今はなき近鉄と対戦経験があり、達川は引退後に旧ダイエーでコーチとしてパ・リーグを経験しています。
また、日本ハムOBの名に第1戦で解説をしていた岩本勉が抜けています。
(引退表明で、本拠地移転後でも活躍できなかったことが心残りと語る程です)

今年の日本シリーズは札幌、広島地区だけでなく関東、関西でも高視聴率!巨人の時代は終わり、プロ野球界は新時代到来

ワゴンRさん
ホント巨人、阪神は人気にあぐらをかいてます。
今年の阪神は若手を育ててきましたが、またFA補強を繰り返そうとしていますからね。
確かにソフトバンクはFA補強に頼ってはいますが、併用して若手を抜擢しています。

日本シリーズの民放の解説陣で気になったのは、広島OBとセ・リーグOBに偏り過ぎた点です。
第6戦を解説した山本浩二氏と野村氏は広島OB、山本昌氏はセ・リーグ出身と、3人ともセ出身。
他の局も衣笠氏、達川氏、前田氏は広島OB、中畑氏、佐々木氏、古田氏、大矢氏とセ・リーグ出身、江本氏はパ出身ですが、阪神時代の方が印象が強いので、セ・リーグの試合を中心に解説。
現役選手も三浦、阿部はセ出身。
日本ハムOBは稲葉氏のみでした。

こんな記事も読みたい

山口を無断欠席と断じた理由について【いろいろ所持雑感】

山口騒動の違和感【素人目線のベイスターズ考察】

2016年オリックス惜別球人その2【オリックス愛時々闘球】

ドラマティックな戦いをありがとう。【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

ストーブリーグ開幕【FF】

誰も間違ってはいなかった。けれど・・・【徒然日記】

あらためて第6戦に思いをはせる【Fの日常】

ターニングポイントはやはり第三戦か?【no title】

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7017281

(02月22日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  4. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss