やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月22日セ・リーグは巨人が2年連続35回目(1リーグ時代を含め44回)の優勝を決めた。

アンチ巨人なので巨人の優勝を祝福できないが、商売上は巨人が優勝した方が良いので複雑な心境と言ったところか。

ただいくらアンチ巨人でも、昨年までは筋の通らないアンチ巨人による巨人への誹謗中傷には憤慨していた。

例えば、巨人が勝つと、巨人の選手の(特に多いのが、阿部、菅野、内海、長野、小笠原)の誹謗中傷を書いたと思ったら、今度は巨人に負けたチームの批判をしたりする阪神ファンやアンチ巨人に対しては、阪神ファンと名乗らないでほしいとツイッターで書いてきた。 こういう人達は、巨人が憎いだけで、同じ阪神ファンとして恥ずかしい限りだ。

また、今年のオールスター第2戦(神宮球場)で原監督の勝利インタビューの際、ブーイングが聞こえたが、ブーイングを飛ばした人達はオールスター戦の存在意義を理解していないので、プロ野球を見る資格はないと思う。

という感じで、アンチ巨人でも自分なりに巨人のことを擁護したりしてきた。

ところが今年の巨人のやり方が、あまりにも酷いと感じるので、前以上に巨人のことが嫌いになってきた。 はっきり言って、擁護する気もなくなってきた。

酷いというか、巨人さえよければそれで良いのかと感じたのは、WBCの時もそうだし。

WBC・侍ジャパン総括!国内の選手だけでも世界に通用したことが一番の収穫!次は巨人を重視しない監督を選ぶべき

長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞受賞もしかり。

あれだけ長嶋、松井と騒いで、国民栄誉賞の特別番組の視聴率はたったの12・9%しかなかったことを読売巨人のフロントはどう受け止めるのか?

極めつけが、8月29日、日本テレビの開局記念ナイターで発表された「プロ野球 ベストナイン国民投票」。 この投票が、情報操作と思ってしまうほどの呆れた結果だった。

ベストナインの結果は以下の通り。

先発 ダルビッシュ有、中継ぎ・抑え 佐々木主浩、捕手 阿部慎之助 一塁手 王貞治、二塁手 篠塚和典、三塁手 長嶋茂雄、遊撃手 坂本勇人 外野手 イチロー、松井秀喜、福本豊、DH 門田博光

これが過去10年なら話は分かる。 でも歴代のベストナインじゃないのか?

特に、ダルビッシュ、阿部、篠塚、坂本が選ばれるのはあり得ない。 歴代なら、ダルビッシュよりも金田正一、阿部よりも野村克也または古田敦也、篠塚よりも落合博満、坂本よりも吉田義男または松井稼頭央が選ばれないとおかしい。 これでは、カラクリ投票と言われても仕方ない。

そもそも、歴代と現役の選手と一緒にベストナインを選ぶこと自体無理がある。 国民投票と謳っているのであれば、12球団の本拠地で投票を実施し、もっと大々的に行うのが当たり前のことではないのか? 巨人のための投票を実施するなら、最初から巨人の歴代ベストナインにすれば良かった話。

しかも、プロ野球ベストナイン国民投票を発表した開局記念ナイターの視聴率は8・9%。

仮にもこの日は巨人対阪神戦の天王山があったわけで、ゴールデンタイムに特番を組んでも視聴率が二桁にも届かないということは、巨人さえ良ければという巨人と日本テレビの姿勢に白けている証拠だ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人(ジャイアンツ)
タグ:
巨人
読売ジャイアンツ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある

管理人さんや色んな方のコメントを拝見しましたが、人それぞれ考え方があるので誹謗中傷はしません。
ただ、アンチ〜と表現する方にはいささか寂しさを感じます。プロ野球全体の事を考えろという管理人さんがアンチ巨人では矛盾してることになるのでは?
私は田舎に住んでいるのでTVは巨人戦しか放送がありませんでした。王、長島の時代ですので自然と巨人ファンになりました。確かに大人になるに連れ、巨人の傲慢なところに嫌気が差すこともありましたが、それはそれも含めて日本のプロ野球だと思っています。それが良い悪いと何を持って決めるというのでしょうか?
管理人さんが阪神を愛するがゆえに批判もしているのならば、アンチ〜という言葉は使って欲しくありません。
生意気言って申し訳ありませんが、今後も記事を楽しみにしております。
上手く表現出来なくて失礼しました。

巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある


日テレの思惑→巨人の選手を大勢ランキングに入れたい

だから、ベストナイン投票については日テレの野球中継しか流さない。

だから巨人の選手(しかも現役に)集まりやすい。


つまり、日テレに平等に選ぶ気なんてなかったんですよ?

頭のいい人なら最初から気づくし、それにランキングが発表された時点で察するべきです。

ああ、そういうことね(苦笑い)みたいな感じに。

それなのに平等に選ぶべきだ!

というのは違うと思いますよ。


もうひとつ。個人の意見です。

みなさんわかってます?時代は変わったんですよ?

王、長嶋、掛布その他大勢はもう昔の人です。

私なんて映像でしか知りません。私のような人は大勢いますよ?
そういう人にとっては、ダルビッシュ、田中、坂本、阿部の方が凄く感じます。

だって、目でそのプレーを見れるんだもの。

私は王、長嶋の凄さなんて、数字でしか知りません。

投票していたとしても、王、長嶋になんて投票しませんでしたね。


以上つたないコメントでした。


巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある

こんにちは。
当方、関西在住の巨人ファンです。
私も少し思うところを。

(1)WBCについて
 これは、選手の選考および使い方なんでしょうか。
 それなら、山本監督はじめスタッフの方が悪いのでは。。。
 巨人が無理矢理そうさせた、ということなんでしょうか?

(2)国民栄誉賞について
 GW中でしたね。せっかくのGWなんですから、私は家族と遊びに行ってました。
 だって、家族の方が大事ですから。
 巨人ファンなら家族を捨てて、TVを見るべきだと仰るのなら別ですが。。。
 私は長嶋さんや松井くんより、家族を選びます。
 他の球団のファンなら、家族を捨ててまでテレビを見るのでしょうか?

(3)プロ野球ベストナインについて
 まあ、これは企画自体に無理がありましたよね。
 管理人さんの仰る「12球団の球場で投票」はいいかと思うのですが、日本テレビの企画を、フジテレビの息がかかる神宮球場では、させてもらえないんじゃないでしょうか?
 そこで、いい提案を!ここまで管理人さんが仰るのなら、
管理人さんが12球団の球場で投票する国民投票として、プロモーターとして提案されたらいかがでしょうか?
 管理人さんのオフィシャルブログで、プロモーターの話を見て、納得させていただいたんで。

 あと、調子にのってる巨人ファンについては、私も納得です。
 東京でアンチ巨人ファンであれば、そう思われるのも納得です。
 なので、関西に住む私は、管理人さんが思われるのと同じように、関西の阪神ファンに対してそう思っています。
 もう、彼らは2003年の優勝以来、ずーーーーっと完全に調子こいてます。
 まあ、もう慣れっこになりましたが。
 お互い、地元球団のファンでなければ、いろいろ思うことはあるもんですね。

 あと、「よく野球に携わる仕事をされてますね。」さんの意見には、きちんと返信された方がいいと思われるのですが。他の方とは意見が少し違うので、重複しているという返信はおかしいのではないでしょうか?
アンチ巨人ファンの方なんで、返信しにくいように思われてしまいますよ。

失礼しました。

巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある

こんにちは。
当方、関西在住の巨人ファンです。

読ませていただきますたが、巨人ファンから見ても納得できるところも多いですね。
私は、先日、東京ドームへ巨人戦の試合を観に行ったんですが、やはり調子こいたファンも多いですよね。
同じファンでも「なんだ、こいつ?」って思い、こんな奴にはなりたくない、と身につまされる思いでした。
管理人さんは、巨人ファンではないとのことですので、余計に思われることでしょうね。
でも、その球団の地元のファンって、周りが同じファンの人が多いんで、こうなる傾向が強いんじゃないですかねぇ。
管理人さんが長年関東にお住まいで(出身が神奈川県で、かなり前から水道橋でお仕事されているとのことですから)、巨人ファンに対して思われていることを、長年関西に住んでいる私は阪神ファンに対して、管理人さんと全く同じ思いをしています。
本当に、関西の阪神ファンは巨人ファンを見下していますし、調子にのっています。
それは、2003年に阪神は優勝してからずーっとです。まあ、もう慣れっこにはなりましたが。
もしかしたら、巨人、阪神に限らず、他球団のファンの方で同じ思いをしてる人は多いかもしれないですね。
まあ、いろんな人がいるもんですよ。

あと、「よく野球に携わる仕事をされてますね。」さんには、きちんと返信された方がよろしいのではないでしょうか?
書かれている内容が、他の方と違うところがありますので、重複しているとは言えないと思うのですが。。。
アンチ巨人ファンの方なんで、コメントするのを逃げているように思われてしまいますよ。

失礼しました。

こんな記事も読みたい

【プロ野球公示情報】9月26日の公示【プロ野球 データスタジアム】

CSで寺内選手とともにセカンドを守るのはどの選手?【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

9月26日の『見どころ』【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

優勝タイムトラベル・その2~10.8決戦からミレニアムVへ【Lock-on Giants】

橋本到の本気【I WILL CHANGE THE GAME】

ジャイアンツ日報【9月25日】 今季3度目の1番でリベンジ!【Lock-on Giants】

橋本到よ、今度こそ1番を獲ってくれ【NO NAME】

【ヤクルトvs巨人第19戦】神宮で勝てない...。収穫は橋本到だけ。 【孤独のプロ野球】

ブロガープロフィール

profile-icont-1tk23

T-1・23(ティーワン・フタミ)
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップ社長)
プロ野球、プロレス、格闘技のチケットを中心に販売している異色のチケットショップ。
95年8月23日 水道橋で開業。
05年8月23日 業界初の第3者による女子プロレスオールスター戦『T-1グランプリ』を開催。
その後は回を重ねるごとに影響力が増し、07年6月にプロレスデビュー。浦井百合から勝利を収めデビュー戦を飾る。
07年10月には、因縁の堀田祐美子と初対決。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活、ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組を破る。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破り、無傷の13連勝中!
巨人、楽天、女子プロレスのアンチ。
T-1のTは“タイガースのT” 阪神タイガースと吉川晃司を敬愛。
【おことわり】
コメントは承認制。
コメントは、読者同士で挑発しあいないようお願いします。
コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7512482

(12月12日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴
  2. 采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない
  3. 巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット
  4. 金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった
  5. 勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一
  6. 今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない
  7. 巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある
  8. 2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列
  9. 阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない
  10. 金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss