極上の“T-1二見激情”見参

月別アーカイブ :2006年07月

T-1的“見出し”を考える!パート1

7/26発売した週刊ゴングNo.1136にT-1記事掲載 P.59 女子プロ界追放中の篠原『T-1SP』に初参戦! P.87 T-1興行第5弾は8.26西調布大会 篠原光の参戦決定!対戦相手を公募中 これでゴングは、ここ11週間のうち、10週は何らかのT-1記事を掲載。 こうやって小出しでも毎週掲載してもらえると、助かるのが正直なところ。 まだまだ知名度が足りないT-1興行は、少しでも露出出来......続きを読む»

8.26T-1SP T-1会見再録シリーズ☆エピソード14(06.7.21)

おまっとさんで! 7.21に執り行われた記者会見の実況再録を、Kamipro Hand&モバイルゴングを参考にUP! T-1を知りたければ、今すぐ Hand&モバゴンに加入するべし! ここでは発信しない情報も知る事が出来るのでお勧め! 会見実況再録に関しての注意事項は http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/daily/20060620 過......続きを読む»

伝説のT-1興行第5弾決定!力道山を○○た男の娘!篠原光参戦!!

       伝説のT-1興行第5弾         T-1スペシャル      ~トラブルシューター二見×篠原~ 日時:2006年8月26日(土)  開場:18:00 開始:18:39 ※イッパイ・サンキュー  会場:東京・西調布アリーナ(調布市上石原2-40-6 地下1階) TEL:0424-80-3731  交通:京王線「西調布」駅徒歩2分 ◇参戦決定選手:篠原 光  ◇二見社長vsXのト......続きを読む»

伝説の第1回「T-1GP」DVD

 まもなく第2回大会「T-1GP」のDVD発売の概要が決定するが、その前に第1回大会DVDの宣伝! 第2回が本編なら、第1回は予告編!? 良くも悪くもこの第1回の前川との舌戦がなければ、第2回は開催していなかった。 このDVDを観ずに「T-1興行」は語れない! とくとご覧あれ!! 2005・8・23(火) 東京・後楽園ホール  T-1創立10周年記念興行  女子プロレスオールスター戦 「T-......続きを読む»

T-1グランプリを検証!Vol.5バックステージで大放談!二見マシンガントーク!?マスコミ批判

ターザン山本氏&正嗣氏との話が終わり、バックステージでの囲み取材を始めようとしたが、何だかあまりこの件で興味のないマスコミが多かった。 本来なら広報も兼ねている今井が仕切って「こちらで取材をお願いします」とうまく誘導しないといけない立場にも関わらず、案の定何もやらない。 仕方がないので自ら「ここでやりましょうか?」と提案したが、「だいたいここはT-1の大会じゃないんだ!全女が主催なのになんで自分......続きを読む»

T-1グランプリを検証!Vol.4 ターザン山本氏、松永正嗣氏が大絶賛!

全試合終了後、2名の意外な人物からお礼のお言葉をいただいた。 ひとりはターザン山本氏だ。 2004年の年末に水道橋でばったりお会いした際「1.3の全女があるんですが、何かが起こるのでお時間がありましたら是非来て下さい」と伝えたら本当に来てくれた。 ちなみにターザンさんと自分は、親しい仲とかそういうレベルではない。 ただ単に、T-1に新幹線のチケットを買いに来るお客さんなのだ。 1月3日まで......続きを読む»

遂にレディゴン取材解禁!?

 たまには息抜きの話し☆ 今日はレディースゴングの取材で上野動物園にレッツゴー! (自分も中島選手も“初上野動物園”) オイオイ“二見”が動物園かよ!? という声が一斉に聞こえそうですが…。 6.24のT-1SPに参戦した中島選手と対談してほしいと要望があり、中島選手が“トラ”と一緒に撮りたいと!! それで、絵てきに面白いということで実現しました。 今日は熱かったけど、たまにはリフレ......続きを読む»

T-1グランプリを検証!Vol.3 Hikaruが参戦をアピール!!

そのまま本部席で、オールパシフィック選手権 チャンピオン Hikaru vs チャレンジャー 前村早紀戦を観戦。 余談になるが、本部席の向かい側に、スポンサーとして紹介された武田氏が座っていた。 そこに元JWP女子プロレスのヤマモこと、山本氏が武田氏へかなり長い時間インタビューをしていた。 おそらくこの時は、サムライの仕事で来ていたと思うので、それでインタビューをしていたと思う。 しかし試合そ......続きを読む»

T-1グランプリを検証!Vol.2 運命のT-1GP開催発表!!

2005年1月3日全日本女子プロレス(以下、全女)のリングで、T-1主催の女子プロレスオールスター戦を、二見社長の口から発表! インフォメーションコーナーで、私より先に今後、全女のスポンサーとなる武田氏が紹介された。 武田氏はこの時「全団体統一」とアピールしたのはいいが、失礼ながらプロレスのことを全然分かっていない。 まるで何処かの某オーナーのように威勢だけはいい感じだった。 このあと、何の進......続きを読む»

T-1グランプリを検証!Vol.1 “伝説の大会”はこうして始まった!!

04年6月、全日本女子プロレス(以下・全女)の名物会長であり、女子プロレスの神様的な存在である松永高司会長に、「来年の8月23日に弊社の10周年記念イベントとして、女子プロレスに還元する興行を開催し、現状の女子プロレスラーのトップどころが集まる大会にしたいので是非協力を」といち早く話しをもちかけた。 何故こんなに早く相談したのか? これは開催場所の後楽園ホールに関係がある。 後楽園ホールは御存知......続きを読む»

何があろうともブチ切れ続けなければならない

自分が訴えたいことはただひとつ! 女子プロレスラーとしての誇りあるのか? しかし、いくら真実を発信し、悲痛な叫びも、なにを勘違いしているのか? ビビってたじろいだか! 何ひとつ反論出来ない。 今までの経緯を簡単に書くとこうだ! 二見がブチ切れ三昧! 断罪、断罪また断罪。   ↓    ↓   ↓ 堀田以外の女子プロレスラーもどき学芸会連合軍は、黙殺、黙殺また黙殺。 もう女子プロレスは......続きを読む»

伝説のT-1興行が終わったが・・・

 伝説のT-1興行第4弾 T-1スペシャル ~ワンマッチ興行~ 06年6月24日(土)埼玉・バトルスフィア  観衆118人(満員) 今回もオンタイムで始められず(これで1勝3敗)、18:49場内暗転  二見登場 二見フリークから大声援と花束や“二見ボード”をもらい、阪神タイガースばりのジェット風船が飛び、マイクを握る。 いきなり、「いま切れないで、いつブチキレるのか?」と“二見節”全開の爆弾......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icont-1gp23

ブログの引っ越しは1月下旬にホームページ、ツイッターなどで発表。
二見 社長
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップの名物社長)
プロ野球・プロレスのチケットを中心に“T-1ルール”を導入。
チケット界の異端児として名を馳せ、多くのプロレスラーのサイン会を開催。
05年8月23日・創業10周年記念、業界初の第3者主催・女子プロオールスター戦「T-1グランプリ」を開催。前川久美子との金網越しの口論で“T-1伝説”が開幕。その後は、レスラー顔負けの大乱闘を展開し、強烈なインパクトを残して影響力を増した。
07年6月・レスラーデビュー。同年10月8日に因縁の堀田祐美子と初対決し、水沼美加に勝利。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活。ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組から勝利を収める。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破る。現在無傷の13連勝中。
平成23年2月3日二見記念日 T-1スペシャル~一期一会~新木場大会で、サスケとマット界随一のお騒がせコンビを結成。
普段は東京・水道橋で絶賛ブチキレ(?)接客中!?
ライフワークはアンチ・巨人と楽天&アンチ女子プロレス。
吉川晃司と阪神タイガースのファン。
  • 昨日のページビュー:805
  • 累計のページビュー:5429893

(01月20日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もう見るに堪えない 相撲協会は何時までモンゴル互助会による星の回し合いを黙認するつもりなのか?
  2. 三沢光晴氏の死から何も学んでいない DDTの責任は重大 事故の原因、改善策が棚上げ、都合の悪いところには一切触れていない 高山善廣の募金の目的が不透明
  3. 同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?
  4. 高山善廣が事故を起こした時、やってはいけないことやってしまった松井レフェリー 未だに説明せず、改善策を提示しない高木三四郎 09年の安全講習会は何のために行われたのか?
  5. 1試合も総合の試合をしないで総合格闘技の4冠王者と名乗り、大会の8日前に開催の中止を発表した久保田武蔵は、一体何をしたかったのか?
  6. 両国国技館で開催したことが愛川ゆず季の最大の功績!GAMIと紫雷美央のロッシー小川批判はただの負け惜しみ
  7. 新総合格闘技イベント「RIZIN」 12・29(火)31(木)さいたまスーパーアリーナ大会 話題のチケット問題について考察
  8. モンゴル互助会に大相撲が舐められている 白鵬に厳重注意しかできない相撲協会 未だに謝罪会見をしない日馬富士 被害者側を批判するマスコミ 協会、マスコミは腐っている
  9. プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)
  10. 山本勇気の傷害事件は起こるべくして起こった事件なのに、「格闘技は関係ない」と無責任な発言ばかりの格闘家、関係者たち

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
05
04
03
02
01
2013
12
11
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss