極上の“T-1二見激情”見参

相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦、隠蔽しようとした八角理事長

このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ やっぱり“T-1”は悪球打ちby23は、はてなブログに引っ越し  http://t-1.hatenablog.jp/

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)

悪球打ちブログの記事を紹介。

引く手あまただと思いきや、未だに声がかからない村田修一 その理由は? このままだと引退の可能性も

極上の二見激情ブログ(当ブログ)の引っ越しは、投稿終了(1/15)ギリギリの予定。

2018年最初の更新!

店に来ない人たちには関係のない話になるが、今年はチケット&トラベルT-1開業23周年イヤーに突入する。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

23周年イヤーについては時間がある時にでも更新するとして、2ヶ月近く一連の大相撲問題について取り上げているが、ホント角界は腐っている。

相撲協会は、嘘、暴力にまみれた組織だということが改めて分かった。

こんなことが許されていいのか?貴乃花親方に報告義務違反を指摘するなら、暴行現場にいた白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦は?横野レイコ、池坊保子、高野利雄を追放してほしい

評議委員会の池坊保子議長は、貴乃花親方の理事解任について「著しく礼を欠いた」と理由を述べたが、そもそも相撲協会と池坊が指す礼って何だ?

一番礼を欠いていたのは、日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦を始めとする加害者と、隠蔽しようとした相撲協会と八角理事長じゃないのか?

八角理事長、池坊保子、高野利雄が指している礼というのは、横綱からの八百長にも応じて、暴行を受けても内々で済ませってことなんじゃないかと思ってきた。

だから、隠蔽できなかった恨みを貴乃花親方にぶつけているとしか思えない。 やり方が汚すぎる。

大体池坊は、メディアに出まくってやりたい放題だった。 実際、相撲協会、白鵬、日馬富士は擁護しまくり、被害者側の貴乃花親方と貴ノ岩を連日連夜批判。

例えば、白鵬の万歳三唱についても、「貴乃花が改革、改革と言うなら、白鵬の万歳三唱も別の意味で改革」と、支離滅裂な言動を繰り返していた。 こんな人が、まともに評議できるわけがない。

本日、TBSのNスタに出演した会友の大隅潔氏は「池坊保子さんとは2回ほどTV番組で一緒になりまして、現役横綱の日馬富士や白鵬に対しては優しいんですが、貴乃花親方に対しては非常に厳しい意見でした。被害者側と加害者側の差が激し過ぎると感じます」とコメント。

大隅氏は昨年の12月中旬までは協会寄りの発言が目立っていたが、その後は一転貴乃花親方寄りとなり、年が明けても貴乃花を擁護している。

話を戻して、池坊は評議委員の議長という立場でありながら、貴乃花親方憎しの私情を持ち込んだ時点で議長失格だ。

池坊がテレビで発言してきたことは、越権行為と言っていいだろう。 もはや、協会を評議するとか監督する立場ではない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲&プロ野球&他
タグ:
大相撲
貴ノ岩
高野利雄
八角理事長
石浦
照ノ富士
白鵬
日馬富士
相撲協会
貴乃花親方
池坊保子

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦、隠蔽しようとした八角理事長

ノストラ・アダムスさん
過去は過去でしょう。
今の時代はそれが通用しなくなった。

懐が広いとか、自分が指摘している部分とズレています。
今回は傷害事件なのに、メディアが貴乃花親方と協会の対立と煽り、被害者側を非難したことで、拗らせた部分があるので、それを問題視しているわけです。
迫力満点の相撲を提供すればいいとかの問題ではないです。

相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦、隠蔽しようとした八角理事長

八百長や暴力はいつの時代にもありました。いかに協会がウソ、謀略、欺瞞のてんこ盛り組織であっても、迫力満点の相撲を提供すれば、それでいいんですよ。協会はもっと自信を持つべきです。オドオドしたり、右往左往することはない。その意味では百戦錬磨のプロレス団体のほうが「ふところが広い」のでしょうね。

相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦、隠蔽しようとした八角理事長

bonobonoさん
木村太郎氏はグッディのゲストの中では、数少ない正論を言える方です。
相撲協会が潰れてもいい意見には同感です。
こんな腐った体制なら一度解体して、新たな体制の下再生してもらいたいです。
それができるのは貴乃花親方しかいません。

自分はこうしてブログで取り上げて、貴乃花親方支持者を少しでも増やすことしかできませんが、このタイミングでスポーツナビブログが無くなるのは、あまりにもタイミングが悪すぎと感じます。

「相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦、隠蔽しようとした八角理事長」へのコメント

コメント失礼します。
呆れた相撲協会ですね。日馬富士の暴行とは関係なく、貴乃花親方の礼を失する行為が処分に値するとは。おまけに今度の選挙に勝っても認めないと、暗に匂わせるとはね。
私も同じ番組を見てましたが、木村太郎の「処分の根拠が分からない」「学生でいえば先生を敬わないから退学」はその通りと思いました。
ここまできたら貴乃花親方にはとことんやってもらいたいです、そのために相撲協会が潰れてもいいと思います。『相撲』という存在があれば、そして相撲を心から愛する人がいれば再建は可能です。

こんな記事も読みたい

観戦記1381 WBCライトフライ級王座戦 拳四朗vsヒルベルト・ペドロサ【人生マイペンライ】

ハロー グッバイ 【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

【最終回】「幕下相撲の知られざる世界」を移転します。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icont-1gp23

ブログの引っ越しは1月下旬にホームページ、ツイッターなどで発表。
二見 社長
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップの名物社長)
プロ野球・プロレスのチケットを中心に“T-1ルール”を導入。
チケット界の異端児として名を馳せ、多くのプロレスラーのサイン会を開催。
05年8月23日・創業10周年記念、業界初の第3者主催・女子プロオールスター戦「T-1グランプリ」を開催。前川久美子との金網越しの口論で“T-1伝説”が開幕。その後は、レスラー顔負けの大乱闘を展開し、強烈なインパクトを残して影響力を増した。
07年6月・レスラーデビュー。同年10月8日に因縁の堀田祐美子と初対決し、水沼美加に勝利。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活。ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組から勝利を収める。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破る。現在無傷の13連勝中。
平成23年2月3日二見記念日 T-1スペシャル~一期一会~新木場大会で、サスケとマット界随一のお騒がせコンビを結成。
普段は東京・水道橋で絶賛ブチキレ(?)接客中!?
ライフワークはアンチ・巨人と楽天&アンチ女子プロレス。
吉川晃司と阪神タイガースのファン。
  • 昨日のページビュー:805
  • 累計のページビュー:5429893

(01月20日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もう見るに堪えない 相撲協会は何時までモンゴル互助会による星の回し合いを黙認するつもりなのか?
  2. 三沢光晴氏の死から何も学んでいない DDTの責任は重大 事故の原因、改善策が棚上げ、都合の悪いところには一切触れていない 高山善廣の募金の目的が不透明
  3. 同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?
  4. 高山善廣が事故を起こした時、やってはいけないことやってしまった松井レフェリー 未だに説明せず、改善策を提示しない高木三四郎 09年の安全講習会は何のために行われたのか?
  5. 1試合も総合の試合をしないで総合格闘技の4冠王者と名乗り、大会の8日前に開催の中止を発表した久保田武蔵は、一体何をしたかったのか?
  6. 両国国技館で開催したことが愛川ゆず季の最大の功績!GAMIと紫雷美央のロッシー小川批判はただの負け惜しみ
  7. 新総合格闘技イベント「RIZIN」 12・29(火)31(木)さいたまスーパーアリーナ大会 話題のチケット問題について考察
  8. モンゴル互助会に大相撲が舐められている 白鵬に厳重注意しかできない相撲協会 未だに謝罪会見をしない日馬富士 被害者側を批判するマスコミ 協会、マスコミは腐っている
  9. プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)
  10. 山本勇気の傷害事件は起こるべくして起こった事件なのに、「格闘技は関係ない」と無責任な発言ばかりの格闘家、関係者たち

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
05
04
03
02
01
2013
12
11
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss