極上の“T-1二見激情”見参

同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月1日以来、久々の更新。

4月に入ってから昨日までのブログの更新状況は、悪球打ちの野球ブログが9回、オフィシャルブログが1回、極上の二見激情ブログ(当ブログのこと)が1回と、11回中、9回が野球ブログ。

プロ野球中心になったのも、プロレス、格闘技関係を書いても反応がないから。 反応がない限り、しばらくこの状態が続く。

よって、オフィシャルブログも4月4日以来更新していないが、白石オーナーのことはあと1回オフィシャルブログで取り上げる。

最初は面白いと思ったが、ヒールに成りきれないままだと白石オーナーも久保田武蔵と同様、あっという間に過去の人になる

ところで4月14日に、4・29(祝)「スターダム STARDOM CHAMPIONS FIESTA2013 ~両国シンデレラ~」両国国技館大会のチケットが1枚入ってきた。 スターダムは、今の女子プロレスの中では一番人気がある団体で(あくまでも女子の中では)、同団体で一番人気のある愛川ゆず季がこの両国大会を以って引退する。

このチケットは一般のお客さんからの持込みだが、1階マス席Bシート 7000円を半額の3500円で販売した。

4月14日の3日後の17日に、その1枚が売れて売り切れとなったが、引退試合と言えばそれなりに売れるし、場合によっては完売してプラチナチケットとなる。 でも、自分は半額という値段を付けた。 売値で半額ということは、買取値はもっと安い(当然だが)。

そもそも、愛川ゆず季は本当に人気があるのか? 人気があったら、引退試合の1階マス席Bシートを半額の3500円で売る必要もない。

実際、チケットが売れていない話を選手、関係者から聞くし、最近になって割引券を配布する始末。 割引券を出すのは問題ないし、普段観に来ていない人たちに足を運ばす意味では否定しないが、割引券を出すということは売れていない証拠。

つまり、愛川ゆず季と言っても、ゆずぽんと騒いだマスコミが作り上げた人気者ではないのか?

そのマスコミとは、週刊プロレスとサムライTVと東京スポーツの3つ。 例えば、東スポの女子プロレス大賞に何の価値があるというのか? 愛川ゆず季のようなレスラーに与えた時点で、何の価値もない。

週刊プロレスにしても、愛川を表紙にしたり、変なイヤラシイ雑誌を販売したり、オタクを対象とした雑誌創りをしている。 その結果が、チケットは半額、割引券を配布ということになったのではないか。

自分は前から、愛川ゆず季の何処が良いのか理解できなかったし、その前に興味もない。 興味がないので、今まで取り上げていなかったが。

反対に、5・11(土)「小橋建太引退記念試合 FINAL BURNING in Budokan」日本武道館大会は、プラチナチケットとなっている。

小橋建太引退記念試合のチケットは、前売券発売日の初日に完売。 T-1も発売日前に注文してきた一部の常連さんだけには対応したが、それ以外は例え常連さんであっても断った。 それくらい、発売日以降はチケットが取れなかった(定価販売の話)。

普段はプロレスのチケットを取り扱わない金券ショップでも、小橋引退試合はかなりの高額の値段で売られていた。

そんなプラチナ化となっている小橋引退試合のチケットが、4月19日に2連番入荷してきた。 愛川ゆず季の引退試合と同様、一般のお客さんからの持込みであるが、2階スタンドS席 7000円を3000円アップの10000円で販売。 昨日の20日1枚売れて、今日も1枚売れたのであっさり完売した。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
他団体・プロレス情報
タグ:
小橋建太
スターダム
愛川ゆず季

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?

sakaetyauaiさん
概ね、今回の意見には同意します。
特に、過ぎると乱れるの部分には。
袖の下の件は、ターザン山本!氏も認めていますし、実際にはあるでしょう。
その手の話でしたら、フタミ塾に参加していただければ答えます。

ただ、中島安里紗に関しては、中島には申し訳ないですが顔じゃないです。
やはり取り上げられる選手には、それなりのオーラやスター性が必要です。
それが中島にはないです。
あと取り上げれないのは、団体のトップであるボリショイの人望も関係してくる部分もあると思います。

Re:同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?

私も、愛川は芸能人くずれにしてはよくやったとは思いますが、レスラーとしての質より上手くお色気を振りまいてミーハーなマスコミに取り入った印象が強いですね。

質問ではないですが、今のマスコミはやっぱり団体から「袖の下」が無いとちゃんと記事にしないのでしょうか?
と言うのも、二見さんが挙げたマスコミのミーハーぶりはその通りとして、ならJWPの中島なんかもっと持て囃されてもいいはず。ミーハーが好みそうなルックスだし、東スポ的にやると、一度挫折しながら舞い戻ってきた点で「女子プロ界の安○総理」、高橋奈苗が「極太あやや」なら中島は「喧嘩の強いほしのあき」とか、レスラーとしての良し悪しは別にして、愛川のレベルなら中島もミーハーなマスコミに取り上げられてもいいはず。
それが無いのは、やはり団体からの「袖の下」の差なんだと思ってしまう。マスコミも慈善事業じゃないし、「袖の下」も団体の企業努力と言えばそうかもしれないけど、それが過ぎると「乱れ」の元になる。
昔は、マスコミと団体はいい緊張感と言うか、しっかり対等な立場だったから、取り上げる団体や選手も公平感があったのですがね。政界や芸能界同様、マスコミと取材元が癒着すると真実も倫理観も無いですね。

スターダムファンは、愛川バブルの次は、浜口バブルに踊らされるのか・・・。

まとまらない長文失礼しました。

同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?

とおりすがりさん
仰る通り、スポーツナビとバトルニュースも含みます。
ただバトルニュースは、T-1興行のような小さい大会でも取り上げてくれるし、まだ平等な面もあるので良いとして、問題はスポーツナビです。
アクセス数重視で、試合内容は関係なしで愛川ゆず季を持ち上げまくりましたから。
しかも、小さい会場は載せないと言っておきながら、会場が新木場でも載せました。
矛盾していますね。

同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?

コメント失礼いたします。
自分も二見さんと同じ考えで、愛川ゆず季(スターダム)人気はマスコミによって作られた人気だと思っています。
自分の場合、二見さんが挙げたマスコミの他にスポナビ(バトルニュース)も含むのかなと考えてます。

こんな記事も読みたい

相撲部屋の稽古に予備知識ゼロの私が行ってみた part6 決意(完結編)【幕下相撲の知られざる世界】

観戦記456 日本フェザー級級王座戦 天笠尚vs横山大輔【人生マイペンライ】

相撲部屋の稽古に予備知識ゼロの私が行ってみた part5 核心【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icont-1gp23

二見 社長
チケット&トラベルT-1代表取締役社長(水道橋の金券ショップの名物社長)
プロ野球・プロレスのチケットを中心に“T-1ルール”を導入。
チケット界の異端児として名を馳せ、多くのプロレスラーのサイン会を開催。
05年8月23日・創業10周年記念、業界初の第3者主催・女子プロオールスター戦「T-1グランプリ」を開催。前川久美子との金網越しの口論で“T-1伝説”が開幕。その後は、レスラー顔負けの大乱闘を展開し、強烈なインパクトを残して影響力を増した。
07年6月・レスラーデビュー。同年10月8日に因縁の堀田祐美子と初対決し、水沼美加に勝利。
10年1月、約2年ぶりに「T-1興行」を復活。ザ・グレート・サスケ&紫雷イオ組から勝利を収める。
その後は、シャーク土屋、藪下めぐみ、サバイバル飛田、ばってん多摩川、DSL、ミクロ、佐野直、ミスター・ポーゴらを破る。現在無傷の13連勝中。
平成23年2月3日二見記念日 T-1スペシャル~一期一会~新木場大会で、サスケとマット界随一のお騒がせコンビを結成。普段は東京・水道橋で絶賛ブチキレ(?)接客中!?
ライフワークはアンチ・巨人と楽天&アンチ女子プロレス。
吉川晃司と阪神タイガースのファン。
    【おことわり】
コメントは承認制。コメント、トラックバックは、内容により予告なく削除する場合もございます。
  • 昨日のページビュー:699
  • 累計のページビュー:5059567

(03月26日現在)

関連サイト:チケット&トラベルT-1公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. もう見るに堪えない 相撲協会は何時までモンゴル互助会による星の回し合いを黙認するつもりなのか?
  2. 同じ引退試合でも小橋建太は7千円が3千円アップの1万円、愛川ゆず季は7千円が半額の3500円と雲泥の差!愛川はマスコミが作り上げた人気者か?
  3. 1試合も総合の試合をしないで総合格闘技の4冠王者と名乗り、大会の8日前に開催の中止を発表した久保田武蔵は、一体何をしたかったのか?
  4. 両国国技館で開催したことが愛川ゆず季の最大の功績!GAMIと紫雷美央のロッシー小川批判はただの負け惜しみ
  5. 新総合格闘技イベント「RIZIN」 12・29(火)31(木)さいたまスーパーアリーナ大会 話題のチケット問題について考察
  6. プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)
  7. 新日本プロレスのオーナーがツイッターで「らしい」と適当なことを書かれちゃ困る
  8. 世間に届かなかったら事実と違う報道をしてもいいのか?クラッシュギャルズは9年ぶりの再会なのに25年ぶりと放送したTBS
  9. 今のプロレス界は何でもあり!引退試合までやっておきながら復帰し、60過ぎても現役の長州力が白石オーナーのことを批判できるのか?
  10. 「女子レスラーが女を武器にしている。女子プロは腐った連中のモノじゃない」怒濤の勢いでまくし立てた46分23秒の二見独演会!T-1興行第6弾DVD

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
05
04
03
02
01
2013
12
11
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss