夢をもう一度、Re:Get the flag!

レギュラーシーズン:17/04/21、対中日ドラゴンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベイスターズ2-2ドラゴンズ

 いい試合でした。特に、両チームの投手陣は非常に 素晴らしいパフォーマンスを見せてくれていました。 ベイスターズとしては、ほとんど、平田選手一人によって 引き分けに持ち込まれた、「負けなかった」ではなく「勝てなかった」と 言ってしまっても過言ではない内容でしたが、筒香選手がようやく勝負所で 一時勝ち越しとなるタイムリーを放ってくれていますから、 そういう意味でも収穫がないわけではありません。

投手: ・ウィーランド選手  素晴らしい、本当に素晴らしいピッチングを見せてくれました。 唯一の失投といえるのは、平田選手に打たれた同点タイムリーの一球だけ、 あの高く浮いたカーブだけです。 今日はこれ以上言葉は必要ないと思います。野暮というものです。 今後も、ローテーションの軸を担っていってくれることを 確信しています。  本当に、勝ち星がつかないのは不運、としか言いようがないのですが、 彼自身に何か問題があるわけでは全くありません。

・パットン選手  今日はあの一球、平田選手に投じた一球だけです。そこまでは文句なしでした。 外角に構えたストレートが真ん中高めに入ってしまいました。あの一球だけです。  勿論、逃さず捉えた平田選手を褒めるべきなのですが、追い込んでいましたから、 悔やまれる一球です。回転のいいストレートは、芯を捉えるとよく飛びます。 リリーフであれば、あるいはここで失点しても何とかなる可能性はありますが、 クローザーとしては、それが命取りになりかねません。ああいった逆球のストレートは サヨナラ負けを喫したカープ戦でもありましたが、球威で押せる投手ではないですから、 今後もクローザーを務める投手としては、そこに、もう少しだけ慎重さがあれば より良くなるのではないかな、と思います。

・三上選手  状態はかなり良かったと思います。 一四球こそ出しましたが、ほとんど芯を捉えさせていませんでした。 クセ球が機能していれば、あとは相手が打ちに来てくれる限り問題は生じませんね。

・田中選手  ストレートがそこまで武器にならない中、変化球主体の 投球に活路を見出しているように見受けられました。 大島選手に打たれた当たりもほぼ打ち取っていましたし、 そろそろ今年の抑え方を見つけてくれたかな、と感じます。

・須田選手  一球のみでしたが、構え通りの完璧な直球でしたね。 コースさえ間違えなければ、バッテリーが読み負けない限り そうそう打たれることはありません。

野手: ・石川選手  8回、110球を超えた又吉選手の変化球を捉え、 左中間へ見事なツーベースを放ってくれました。 ああいった打撃は、昨年ほとんど見ていないような気がします。 もしかしたら、ずっと痛めている肘の状態が、今は良いのかもしれません。  それも含めて三出塁ですから、上位打線として申し分のない働きです。

・梶谷選手  又吉選手に素晴らしい投球をされた、ということもありますが、 今日はかなり苦戦していました。それでも最終打席、0-2から粘りに粘っての 進塁打となるファーストゴロは、間違いなく今日の殊勲打です。 するべきことをしっかりと理解する、そしてそれをしっかりと実行する。 言葉で言うことは簡単ですが、それを当たり前にこなせる打者というのは 非常に貴重な存在です。

・筒香選手  全体的に、狙いとしては悪くなかったと思います。 チャンスで迎えた第一打席は、ちょっと長打への意識が 強かったように感じますが、基本的に又吉選手に 非常にいいピッチングをされていましたから、 その中では内容的に可能性を感じる打席が多かったです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レギュラーシーズン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

レギュラーシーズン:17/04/21、対中日ドラゴンズ

>若狭の浜っ子さん
 コメント、ありがとうございます!
返信が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

 仰るとおりだと思います。又吉選手が唯一不安定だったのは初回でしたから、
あそこで打てたかどうか、ということが試合の展開を分けた、立ち直るきっかけを
与えてしまったということでしょう。

 桑原選手は、非常にシャープなスイングが魅力的で、ストレートにも振り負ける
ということがない反面、落ちる球に手が出てしまう傾向があるように感じます。
一度落ちるボールに手が出てしまうと、同じ投手との対戦では少し迷いが生じて
しまうのではないかな、という印象です。

>今永とウィーランドがダブって見えます

 昨季の今永選手はこんな感じでしたね…一つ勝てれば、投球内容はいいですから
順調に勝ち星を増やしていけると思いますが、カードの頭で投げていると、相手投手も
いい投手と当たる確率が高いですから、しばらくは苦労するかも知れません。


 コメント、ありがとうございました。
改めて、返信が遅れてしまい申し訳ありません。
今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

 失礼します。

「レギュラーシーズン:17/04/21、対中日ドラゴンズ」へのコメント

コメント失礼します。

やはり、1点差ゲームは難しいですね。

いわゆる、安全度の問題です。

終盤、1点差なら相手も死に物狂いに追いかけるでしょう。

しかし、2点差、3点差ならどうか?

パットンクラスのピッチャーが相手ならそう簡単には追い付けないでしょう。

平田の一発は残念でしたが、勝てなかった理由は寧ろ打線にあると見ます。

初回、あれだけ追い詰めて1点もとれなかった。

あと、桑原もキレを欠いてますね。

力強いスイングが持ち味ですが、活きていません。

倉本、白崎が2割切ってるのも問題です。

しかし、去年は今永とウィーランドがダブって見えます。

野手陣に奮起を期待するしかありませんね~(^_^;)

長文、失礼しました。

レギュラーシーズン:17/04/21、対中日ドラゴンズ

>DBスタヌキさん
 
 コメント、ありがとうございます。

 そうですね、ドローはドローですが、ホームですからね。出来れば勝ちたい試合でした。
パットン選手は、投げているボールもいいですし、自信も恐らく失っていないと
思いますから、投球そのものが何かおかしくならない限りはクローザーとしての
働きを期待できると思います。

>そもそももっと点取ってりゃ良かったわけで
 噛み砕いて言うと、そういうことになりますね。特に今日は、セーフティリードといわず、
恐らく2点のリードがあれば、問題なく逃げ切れるだけの投球をしていましたから…
仰るとおり、ちょっと桑原選手が状態が良くない(加えて、又吉選手、田島選手と
サイドハンドの投手に合っていませんでしたね)ことが大きいです。
今の打線では、二番に田中選手、石川選手と、繋ぐ、進めるということにかけて
一級のベテランがいますから、出塁してくれれば、初回のようにチャンスが作れるのですが…

>「7番サード宮崎」が出来ていれば
 これは同感です。下位に確かな技術をもった選手がいることは大きいですし、
打線に厚みも出てきます。中軸の負担も、ある程度軽減されるはずです。
二番田中/石川選手が現状、まずまず機能していますから、
宮﨑選手が復帰してきたら、そのようなオーダーが見られる可能性はあると思います。

 打線の現状は厳しいですが、今日に限って言えば又吉選手がかなり良かったですね。
やや不安定だったのは初回だけですから、打ち崩せる可能性があったならそこでしょう。
筒香選手の打席にはもう甘い球がほぼ来ませんでしたから、梶谷選手が高めの球を
捉えてくれていれば、あるいは…まあ、もしもの話になってしまいますが。

 コメント、ありがとうございました。
今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

 失礼します。

レギュラーシーズン:17/04/21、対中日ドラゴンズ

ホームでの引き分けは負けに等しいかな、と思います(逆にナゴドのドローはまあ良いかと思っていたのですが)
中日打線全体は不調気味ながら、ウィーランドがここまでやれるというのは嬉しい収穫ですが、その好投もまた報われませんでした、チームはケアとかしているのでしょうか?
日曜がクラインなんですよね、間違いなくリリーフを注ぎ込まなくてはならないので、石田には明日は7回は投げて貰わないと苦しいです
大島平田は怖い怖い、カープの打者とはまた違った嫌な相手です、ビシエドもいつ覚醒するか分かったもんじゃないですし嫌なクリンナップです

ヤス&パットンのクローザーでこれで4試合も落とした事になってしまい、由々しき事態ですがまたクローザー交代というのも・・・・・・
そもそももっと点取ってりゃ良かったわけで、石川や田中が結構やってくれているのに対し桑原の状態が悪いのが痛いです
梶谷も進塁打は良いのですが初めから内野ゴロを打ちに行く姿勢は3番としてはどうなのか、結局6タコでは貢献していたとは言えないですよ
筒香は不調が続く中懸命に仕事を果たしていますが、あのレフトフライは去年なら中段にぶち込んでいましたね
そしてそろそろロペスにこの打線の悪影響が及び始めた様で、明日は下位が打ってくれると良いんですがねえ
5番としてはともかく、「7番サード宮崎」が出来ていればもう少しマシな打線になりましょうに

こんな記事も読みたい

【2017-17】石川の神宮力で連敗ストップ【ツバメの舞い上がる夢日記】

VS中日 2-2 △【鹿浜応援blog】

引き分け・・・ あの「2球」だけが。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

一番信じていなかったのはむしろ私だった、まずは謝罪を。【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

セリーグはどこも厳しいのね【ベイスターズを徒然に】

レギュラーシーズン:17/04/20、対広島東洋カープ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

熱戦を制する。敵地での3連戦勝ち越し。【ベイスターズファンの慟哭】

上向いてきたか!?【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ブロガープロフィール

profile-iconszk7_337

 1995年頃からのベイスターズファン。鈴木尚典選手に注目して試合を見始め、そこから本格的にこのチームの試合を追い始める。
長いこと試合を見てきたが、基本的にあんまり深いことを考えない。
チームがどんなときも、基本的に良いところを見る。見つからなかったら不貞寝する。そんな感じ。
  • 昨日のページビュー:5759
  • 累計のページビュー:1191828

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ドラフト会議2016(1):ファーストインプレッション
  2. 二軍成績(1):先発投手編
  3. 番外:石田選手離脱&ファームの成績を見る
  4. オープン戦:総合成績、投手編
  5. オープン戦:総合成績、野手編
  6. オフシーズンの話-人的補償選手獲得:平良 拳太郎選手
  7. オープン戦:今週の成績(打者)、17/03/08-17/03/12までのオープン戦まとめ
  8. レギュラーシーズンを振り返って(3):中継ぎ投手
  9. オフシーズンの話-外国人補強(3)フィル・クライン選手
  10. オフシーズンの話-ドラフト(1):ベイスターズのポジションニーズ・その一(投手編)

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss