夢をもう一度、Re:Get the flag!

新外国人選手獲得(1):エディソン・バリオス選手、ネフタリ・ソト選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

 DeNAベイスターズの公式HPにも広報が載りましたが、ホークスでもプレーした、 ベネズエラ出身、BC富山サンダーバーズ所属のエディソン・バリオス(Edison Barrios)投手と、 プエルトリコ出身で、昨季はナショナルズ傘下のAAA、シラキュース・チーフスでプレーしていた ネフタリ・ソト(Neftali Soto)内野手との契約合意が発表されました。これに伴って、 アウディ・シリアコ選手と来季契約を結ばないことも発表されています。

 この記事では、両選手についてスタッツ面と、実際のプレーをチェックしてみます。

エディソン・バリオス Edison Ernesto Barrios Castillo

2017、BC富山: 18試合 97.1回 ERA1.39 WHIP1.10 被安打73(本塁打1) 奪三振103 四死球34 ・被安打率:6.75 ・被本打率:0.09 ・奪三振率:9.52 ・四死球率:3.14

NPB通算(四年、ホークス) 46試合 63.0回 ERA4.43 WHIP1.68 被安打78(本塁打3) 奪三振61 四死球32 ・被安打率:11.14 ・被本打率:0.43 ・奪三振率:8.71 ・四死球率:4.57

※BCリーグでは、先発を務めていたバリオス選手。少々四死球が多いですが、被安打、 奪三振ともに非常に高い水準の成績を残しています。  NPB時代も、奪三振率についてはかなり高い水準にあり、2015年の活躍を覚えていられる 方も多いかな、と思いますが、一方で課題は四死球の多さにあります。タイプとしては、 エスコバー選手とも通じるところのあるパワーピッチャーだと思います。問題は、横浜の マウンドが、彼にとってフィットするかどうか、という点かも知れません。  ホークス時代の2015年に、交流戦で横浜で登板する機会のあったバリオス選手ですが、 このときはバッテリーエラーで失点を喫しています。それだけに、ちょっと横浜のマウンド との相性という点が気がかりなのですが、あれから二年が経ち、横浜スタジアムのマウンドも 改修され、バリオス選手のフォーム自体も、BCリーグでの映像を見る限り、やや腕の角度が 下がり、スリークォーター気味になっています。ですから、当時の彼とは違う、と考えた 方が良いのかも知れません。  BCリーグでは先発投手だったのですが、恐らくベイスターズで期待されるのはリリーフと しての役割でしょう。彼との契約が、エスコバー選手との契約に影響を及ぼすのかどうか 定かではありませんが、もしエスコバー選手が残留する場合、一軍外国人枠の最後の一枠を 競い合う立場になるのではないかな、と思います。

ネフタリ・ソト Neftali Soto

AAA(7年通算) 469試合 1964打席 .271 48 227 OBP.327 SLG.409 OPS.735 ・安打率:24.80% ・長打率:31.01% ・三振率:19.14% ・四死球:8.30%

直近三年間(2015:AAAシャーロット→2016、2017:AAAシラキュース) 53試合 231打席→29試合 119打席→68試合 286打席 .246 2 24→.270 0 7→.293 14 38 OPS.650→.625→.860 ・安打率:21.2→26.126.9 ・長打率:16.3→22.6→39.0 ・三振率:17.3→20.2→17.5 ・四死球:13.0→3.4→8.0

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オフの話
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大野がFA宣言!炭谷は?大和は?【燃えドラ】

レギュラーシーズンを振り返って(4):外野手【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

大和FA【タイガースを応援しよう】

宮崎落選は逆に凄いわw【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ゴールデングラブ、ドラフト評価、そして新外国人のこと【YOKOHAMA lover】

ウィーランド、パットン投手の来季契約とドラフト指名選手への挨拶【YOKOHAMA lover】

レギュラーシーズンを振り返って(3):捕手・内野手【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

桑原ロペスおめでとうございます! 宮崎は来年だ!【暇な時横浜ベイスターズについて書くブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconszk7_337

 1995年頃からのベイスターズファン。鈴木尚典選手に注目して試合を見始め、そこから本格的にこのチームの試合を追い始める。
長いこと試合を見てきたが、基本的にあんまり深いことを考えない。
チームがどんなときも、基本的に良いところを見る。見つからなかったら不貞寝する。そんな感じ。
  • 昨日のページビュー:1303
  • 累計のページビュー:1727782

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ドラフト会議2017(1):ファーストインプレッション
  2. ドラフト会議2016(1):ファーストインプレッション
  3. 二軍成績(1):先発投手編
  4. 番外:石田選手離脱&ファームの成績を見る
  5. オープン戦:総合成績、投手編
  6. ドラフトに向けて(1):ポジションニーズを見る(投手編)
  7. オフシーズンの話-人的補償選手獲得:平良 拳太郎選手
  8. オープン戦:総合成績、野手編
  9. オープン戦:今週の成績(打者)、17/03/08-17/03/12までのオープン戦まとめ
  10. 新外国人選手獲得(1):エディソン・バリオス選手、ネフタリ・ソト選手

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss