欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

月別アーカイブ :2014年10月

ヨーロッパ球界関連情報

(1)サンチェス、レイトン、メズガーがアリゲーターズに残留  今年のドイツ・ブンデスリーガを制したゾーリンゲン・アリゲーターズが、2015年シーズンに向けての所属選手との契約更新情報について明らかにしました。  今シーズン助っ人として参戦したダニエル・サンチェス内野手、タナー・レイトン外野手、クリス・メズガー投手の3選手は、全員が来季も残留することが決定。レイトンとメズガーはそれぞれ北地区の今季最......続きを読む»

ノースウッドリーグにヨーロッパ人6選手を受け入れ

 アメリカの大学でプレーするトップ選手たちが、学校の垣根を超えて同じチームでプレーする機会を提供する場である大学サマーリーグ。その代表的な存在であるノースウッドリーグ(NWL)が、この度ヨーロッパで展開している「コレジエイト・ベースボール・リーグ・ヨーロッパ(CBLE)」とのアグリーメントをもとに、計6名のCBLE出身選手を受け入れることになりました。  NWLのディック・ラダッツJr.代表は、今......続きを読む»

U21ワールドカップのチェコ代表メンバーが決定

 チェコ野球連盟(CBA)が、来月台湾・台中で開幕するU21ワールドカップに出場する、U21チェコ代表メンバー24名の顔ぶれを発表しました。  国内リーグのエキストラリーガに所属する選手を中心に、世界レベルの大会を戦うことが多いチェコですが、今回もその方針には変わりなし。24名中20人が国内リーグ(うち19人がエキストラリーガ)所属となっています。マレク・ミナジーク(パイレーツ)、ヤン・ノヴァック......続きを読む»

U21ワールドカップのオランダ代表メンバーが決定

 オランダ王立野球・ソフトボール協会(KNBSB)が、来月台湾・台中で開幕する第1回U21ワールドカップに参戦する、U21オランダ代表メンバー24名の顔ぶれを発表しました。  今回のチームは、投手10人・捕手2人・内野手6人・外野手6人という内訳。オランダ本国とキュラソー、そしてアメリカの大学リーグでプレーするオランダ人選手で構成されるという点は、事前にお伝えした予備ロースターとは変わりません。今......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)フランス人スラッガーコンビが阪神の入団テスト受験へ!!  今年のヨーロッパ選手権でフランス代表の躍進に貢献した、2人のスラッガーが阪神の入団テストを受験することになりました。  今回来日が決まったのは、フレデリック・アンヴィ外野手とレネ・レベレット内野手のコンビ。アンヴィはBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスと四国ILの高知ファイティングドッグス、レベレットはCanAmリーグのケベック・キャ......続きを読む»

ヨーロッパカップのレギュレーションが来季から変更へ

 欧州野球連盟(CEB)の技術委員会が、2015年シーズンよりヨーロッパカップのレギュレーションを下記のとおり大きく変更すると発表しました。  今季まではヨーロッパ選手権と同じく、12チームが2グループに分かれて戦う形式を採っていたヨーロッパカップですが、来季からはこれが8チーム1グループ制に縮小。チェコ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ロシア、スペイン、ウクライナの8リーグの前年度チャンピ......続きを読む»

U21ワールドカップのイタリア代表候補メンバーが発表

 イタリア野球・ソフトボール連盟(FIBS)が、来月台湾で行われるU21ワールドカップに参戦するU21イタリア代表の候補メンバー26名の顔ぶれを発表しました。  今回選ばれたのは、IBLでプレーする国内組にイタリア人マイナーリーガーを加えた面々。ユーロやWBCで見られるような、イタリア系アメリカ人プレーヤーが一切選ばれていないのが特徴となっています。メンバーの中にはヨメル・リベラやアルベルト・ミネ......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)サム・デンプスター氏がイギリス代表監督を退任  今年のヨーロッパ選手権でイギリス代表を率いて9位に終わったサム・デンプスター氏が、代表監督としての職を辞したことが分かりました。  カナダ出身のデンプスター氏は、オンタリオにあるダーラム大で指揮官としての実績を積んだ後、MLBエンボイプログラムの一員としてケニアなど世界中での野球指導に尽力。その後イギリス代表監督に就任し、2011年と2013年......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)デビッド・バーグマンがオランダ代表から引退  フーフトクラッセのコレンドン・キンヘイムに所属するデビッド・バーグマン投手(33)が、オランダ代表からの引退を自身のFacebookで発表しました。  オランダの野球どころの1つである北ホラント州・ハーレム出身のバーグマンは、オランダ代表で長らく主力級の1人として活躍。計3度のWBCに全て出場を果たしたほか、2011年のIBAFワールドカップや2......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ルッツとケプラーが今年も武者修行へ  ともにそれぞれの所属球団で40人ロースター入りを果たしている、レッズのドナルド・ルッツ内野手とツインズのマックス・ケプラー=ロシツキー外野手が、昨シーズンに引き続き今オフもウィンターリーグなどにに参戦することになりました。  ルッツはメキシカンパシフィックリーグのヤキス・デ・オブレゴンで、昨年に引き続きプレーすることが決定。母国ドイツでの短い休暇を経て、......続きを読む»

指揮官は語る(レーゲンスブルグ・レギオネーレ監督:イバン・ロドリゲス)

 先月21日に前任のマルティン・ヘルミグ氏との契約を解除し、新たに指揮官としてイバン・ロドリゲス氏を迎えたドイツ・ブンデスリーガ元王者のレーゲンスブルグ・レギオネーレ。今年逃してしまった国内での覇権を取り戻すため、オランダのMr.Cocker HCAWで経験を積んだ同氏の下で心機一転を図ろうとしています。計4か国語を操るというマルチリンガルなベネズエラ人に、今回ミスターベースボールがインタビューを行......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ウィルヘルムとラブ=ハントがボン・キャピタルズと契約延長  先日、B.J.ロッペル=ヒューバート選手兼任監督との契約延長をアナウンスした、ドイツ・ブンデスリーガ北地区のボン・キャピタルズが、ドイツ代表のモーリス・ウィルヘルム投手兼外野手と、ニュージーランド代表のダニエル・ラブ=ハント内野手との契約を2016年まで延長したことを発表しました。  先日のユーロにもドイツ代表の一員として出場したウ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:1567005

(08月17日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss