欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

月別アーカイブ :2013年11月

U-18W杯の視聴世帯数、1億4000万を突破

 世界最大のメディアエージェンシーであるMP&シルヴァが行った調査で、今年9月上旬に台湾・台中で開催されたU-18ワールドカップにおいて、テレビでの視聴世帯数が1億4405万世帯、モバイルでの視聴者数が2200万人に達したことが分かりました。  今大会では開催された45試合のうち、28試合がテレビ中継されました。その中には、アメリカ代表が日本代表を3‐2で振り切って優勝した、決勝戦もも......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)マレク・ミナジークがパイレーツと契約  WBCチェコ代表右腕のマレク・ミナジーク投手(20)が、パイレーツとマイナー契約を結んだことが明らかになりました。正式なアナウンスはビザ取得後に改めて行われる予定です。  ミナジークは2011年から2シーズン、フィリーズ傘下のルーキー級GCLフィリーズでプレーし、通算15試合登板で防御率3.15を記録。WBC予選ドイツラウンド(レーゲンスブルグ)......続きを読む»

ヨーロッパビッグリーグツアー後半戦、パリでも大盛況

 2010年から始まったヨーロッパビッグリーグツアー(EBLT)は今年、初めてフランス・パリに上陸しました。第1回目にアイントホーフェン、ハーレム(ともにオランダ)、アントワープ(ベルギー)の3都市を訪れたのを皮切りに、2011年にはユトレヒト、ハーグ(ともにオランダ)、プラハ(チェコ)、パルマ(イタリア)の4都市、2012年にはロンドン(イギリス)を訪問。そして2010年、2012年に続いて今年ロ......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)フーフトクラッセが来季から前後期制を導入  オランダ王立野球・ソフトボール協会(KBSB)は、国内トップリーグのフーフトクラッセの開催レギュレーションを、来シーズンから変更することを発表しました。8チームによる全42試合のレギュラーシーズンという大枠は変わりませんが、開催方式は今季から大きく様変わりします。  まず表題にもある通り、来季からはそれぞれ21試合ずつで争われる前後期制を導入......続きを読む»

ヨーロッパ選手権2014の開催概要(完全版)が決定

 欧州野球連盟(CEB)、およびチェコ野球連盟(CBA9のヨーロッパ選手権実行委員会は、来年9月に行われる第33回ヨーロッパ選手権本大会の開催概要を発表しました。  今回のユーロは、9月14日から21日までの日程で2か国4都市で開催されます。1次ラウンドはオストラヴァとレーゲンスブルグ(ドイツ)にて、12日から16日まで行われる予定です。レーゲンスブルグでのA組にはドイツ、ベルギー、フランス、......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ルーアン・ハスキーズが新外国人右腕を獲得  フランス・ディビジョン1の今季王者であるルーアン・ハスキーズが、来季に向けた補強選手の第1号としてジェイソン・ダニエルズ投手を獲得したことを発表しました。  ホセ・ロドリゲス投手に代わる新入団となるダニエルズは、チェコ・エキストラリーガのコトラーカ・プラハからの移籍となります。既に新天地でチームメイトとなる予定の面々とは繋がりがあり、オースト......続きを読む»

国際球界関連情報

(1)オーストラリア代表がドジャース、ダイヤモンドバックスと対戦へ  先日のアジアシリーズをはじめて制した豪州球界から、更なるビッグニュースが届きました。オーストラリア野球連盟(ABF)が、来年3月22日と23日にシドニー・クリケット・グラウンド(SCG)で行われるMLB開幕戦に先駆け、オーストラリア代表がこのシリーズで対戦するドジャースとダイヤモンドバックスを相手に、エキシビションマッチを戦うこ......続きを読む»

BSUKが選手強化用の予算を獲得

 イギリスにおける野球とソフトボールの発展を目指す団体「BaseballSofballUK(BSUK)」が、イングランド地方におけるスポーツスポーツ振興を担う政府の外郭団体「スポーツ・イングランド」から、史上初めて選手強化用予算を獲得したことが分かりました。  今回2013年から2017年までの5年間にわたって獲得したのは、代表チームの強化やセレクションのための費用として用いられる予定の10万......続きを読む»

大リーガー7名が世界各国で普及活動に尽力

 来週、フランス・パリで第2週が行われる予定の、リック・バンデンハーク(三星ライオンズ)主催のヨーロッパビッグリーグツアー(EBLT)。現役大リーガーがヨーロッパの野球少年・少女たちに対して、直接指導を行うという催しとして定着しましたが、実はMLBの選手たちによる海外での直接指導は、このイベントだけにとどまりません。今オフは計7名の選手たちが、世界各国でクリニックなどを実施する予定になっているのです......続きを読む»

ヨーロッパビッグリーグツアー2013、「前半戦」が終了

 11月16日、ロッテルダムは濃い霧に包まれた1日となりましたが、街中のスポーツコンプレックス「トップスポーツ・セントラム」の中では、大勢の子供たちやその保護者たちが「日の光」を感じることになりました。この日、同地ではリック・バンデンハーク投手(三星ライオンズ)率いるトップ選手たちが、第4回ヨーロッパビッグリーグツアーを開催していたのです。  アメリカ出身のカーティス・グランダーソン外野手(F......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)アレックス・リッディがホワイトソックスとマイナー契約  イタリア代表の主砲であるアレックス・リッディ内野手(25)が、ホワイトソックスとマイナー契約を結んだことが明らかになりました。来春のスプリングトレーニングでは、招待選手として開幕一軍を争うものとみられています。  サンレモ出身のリッディは、今シーズンはマリナーズとオリオールズの2チームに所属したものの、いずれのチームからもウェーバ......続きを読む»

スペインとフランスから独立リーガーが誕生!!

 四国からビッグニュースが届きました。四国アイランドリーグのトライアウトに参加していた、スペイン代表のホルヘ・バルボア投手(27、ベースボール・バルセロナ)と、フランス代表のフレデリック・アンヴィ外野手(24、セナート・テンプライアーズ)の両名が、来季から高知ファイティングドッグスでプレーすることが決まったのです。  バルボアとアンヴィは、それぞれスペイン・フランス両国の代表チームにおける常連......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)パオリーノ・アンブロシーノがボローニャに移籍?  現時点ではまだ来シーズンにおけるレギュレーションが未確定であることから、他国と比較するとまだ熱を帯びてきてはいないイタリアでの選手市場。しかしそんな中でも、早くもトランスファーについての噂が浮上してきました。ネットゥーノBCに所属するパオリーノ・アンブロシーノ外野手が、UGFフォルティチュード・ボローニャ1953に移籍する可能性が出てきたので......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

いたりあ(1)FFBSがパリでコーチングシンポジウムを開催  フランス野球・ソフトボール連盟(FFBS)が、今月16日からの2日間にわたってパリでコーチングをテーマとしたシンポジウムを行うことが分かりました。  フランスの国立スポーツ科学センター(INSEP)で開催される今回のシンポジウムでは、アメリカはテキサス州を拠点に投手への指導を長年行っているロン・ウォルフォース氏(テキサス・ベースボ......続きを読む»

たまには欧州ソフトボールの話もしようじゃないか

 日本では協会自体が完全に別組織になっていることもあり、まったく別個の存在として認識されがちな野球とソフトボール。このブログはタイトルからして「欧州野球狂の詩」と名乗っていますし、当然今までも野球関係の記事ばかりアップロードしてきたので、ソフトボールという競技にはそこまで重きをおいていないと認識されている読者の方々は圧倒的に多いんじゃないでしょうか(もちろん、今までの自分の積み重ねがそう思わせてきた......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ブラッド・オースマス氏がタイガースの監督に就任  昨秋のWBCでイスラエル代表の指揮を執ったブラッド・オースマス氏(44)が、このたび今季限りで退任するジム・リーランド監督の後任として、MLB・タイガースの監督に就任することが決まりました。  ユダヤ系アメリカ人ということで、WBCにおけるイスラエル代表の初代監督という大役を任されたオースマス新監督は、予選のジュピターラウンド決勝でスペ......続きを読む»

ヨーロッパ各国リーグの2013年を振り返る pt.2

オランダリーグ 年間順位 1.DOORネプチューンズ(34勝8敗) 2.コレンドン・キンヘイム(31勝11敗) 3.ヴァッセン・パイオニアーズ(29勝12敗1分) 4.L&Dアムステルダム・パイレーツ(28勝13敗1分) 5.UVV(17勝25敗) 6.Mr.Cocker HCAW(14勝27敗1分) 7.ドルドレクト・ホークス(11勝30敗) 8.ADOレイカーズ(2......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)オーストリア野球連盟に28歳の専務理事が誕生  オーストリア野球連盟(ABF)は、このたび連盟の新しい専務理事として、スマージョ・パサリッチ氏(28)を12月1日付で登用することを明らかにしました。  マーケティング・PR部門での働きが評価されてきた同氏は、大学では国際マネジメントを専攻。ドイツ語、英語、ロシア語、フランス語、ボスニア語の5か国語を操るマルチリンガルでもあります。ABF......続きを読む»

ブルガリアリーグに新王者が誕生

 過去20シーズンにわたって、南西部の都市を本拠におくチームが王座を占め続けてきたブルガリアリーグ。今年、その流れについに終止符が打たれました。首都ソフィアに本拠地を置くソフィア・ブルースが、今季のリーグファイナル(5戦先勝制)でデュプニツァ・デビルズを3勝0敗で下し、球団史上初のリーグ優勝を果たしたのです。  首都にチャンピオンチームが誕生するのは、リーグの黎明期である1990年からの3シー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:37
  • 累計のページビュー:1564786

(05月16日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss