欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

月別アーカイブ :2012年12月

ヨーロッパ球界関連情報

(1)フランス・ディビジョン1の来季日程が発表される  フランス野球・ソフトボール連盟(FIBS)は、2013年度における国内1部リーグ、ディビジョン1のリーグラインナップと日程を発表しました。  来シーズンは3月24日から7月7日までの期間において、レギュラーシーズンが開催されます。参加するのは今季王者のルーアン・ハスキーズ以下、パリ大学クラブ、サヴィニー・ライオンズ、セナート・テンプライ......続きを読む»

野球と政治~WBCでアメリカ-キューバ戦が実現しない理由~

 先日、コラムとしてはずいぶん久々に書かせてもらった、「WBCの『オープン戦』報道、フェアじゃない」の記事。一国際野球ファンとして、この国におけるWBC関連報道をこれまで見てきて、ずっと思っていたことを吐露することになったわけだけど、Twitterでも結構リツイートされたりして、同意してくれた方々もそれなりにいたみたいだ。自分の主張に賛同してくれた人たちに感謝するとともに、こういった批判的な記事を書......続きを読む»

ブランドUSAとデルタ航空がWBC2013の公式スポンサーに

 ワールドベースボールクラシック(以下WBC)の運営元であるワールドベースボールクラシック・インク(以下WBCI)は、アメリカを代表する航空会社であるデルタ航空、及びツーリズムマーケティング会社であるブランドUSAの両者と、グローバルパートナーシップ契約を交わしたことを発表しました。  ブランドUSAは公式スポンサーとして、大会の国際テレビ放送、アナログ・デジタル広告をはじめとする各種メディア......続きを読む»

第2回MLBアフリカアカデミーが開催される

 MLBにおける海外普及プロジェクトを担うMLBインターナショナルは、今月5日から14日までの日程で、南アフリカ・ケープタウンにて第2回MLBアフリカアカデミーを開催しました。  大手野球用具メーカーである、マジェスティックを公式スポンサーとして開催された今回のアカデミーには、南アフリカ・ガーナ・ナイジェリア・ウガンダの4か国から、計36名の若手有望株が参加。1998年にヤンキースの一員として......続きを読む»

国際球界関連情報

(1)ドミニカ共和国で初の「ユーロカリビアンクラシック」開催へ  ドミニカ共和国に本拠を置くラヤラ野球アカデミーが、WBC期間中となる来年3月11日から17日までのあいだ、同国においてヨーロッパのチームを招いてトーナメント戦を行うことになりました。  「ユーロカリビアンクラシック」と名付けられたこのイベントは、ヨーロッパ野球とドミニカ野球がクラブレベルで接点を持つ、おそらく史上初めての機会。......続きを読む»

イギリスでの野球とソフトボールの強化費が増大へ

 イギリス・イングランドにおける、スポーツ振興を担当する政府系団体であるスポーツ・イングランドは、2013年から2017年までの4年間に各競技団体に分配する、総額4億9300万ポンド(約673億3600万円)の強化費の内訳を発表。このうち、野球とソフトボールには2008年から2012年までの4年間までよりも多い、総額300万ポンド(約4億1000万円)が支給されることになりました。  他のメジ......続きを読む»

フィンランド球界、ペサパッロとの「共闘」体制へ

 フィンランド野球・ソフトボール連盟(FBSF)は、同国における国技であるペサパッロを管轄する、フィンランドペサパッロ連盟(FPF)の傘下に入り、今後の活動を継続していくことを決定しました。  今回の決定は、フィンランド国内におけるバットアンドボールスポーツを、将来にわたってより発展させていくためのもの。アメリカ生まれの野球を改良する形で生まれ、今や国技にまでなったペサパッロに対し、その原型と......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)IBAFとISFの統合団体、名称が決定  国際野球連盟(IBAF)のリカルド・フラッカリ会長と、国際ソフトボール連盟(ISF)のドン・ポーター会長は、来年度から始動する野球とソフトボールの両競技の統括連盟の名称を発表しました。  今回発表された名称は、「世界野球・ソフトボール機構(World Baseball Softball Confederation、 WBSC)」。フラッカリ氏と......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)アンディ・パズがセナート・テンプライアーズに移籍  オークランド・アスレチックス傘下でプレーしている、フランス代表のアンディ・パズ捕手(19)が、自身のフランスでの所属チームを変更したことが分かりました。  所属するルーキー級DSLアスレチックスでのシーズン終了後、フランスリーグでプレーするスタイルを採っているパズは、今季まで所属したステード・トゥールーズから、今季リーグ2位の強豪セナ......続きを読む»

第4回ミーティングを行いました

 ベースボールブリッジでは、去る12月15日に都内某所にて、第4回定期ミーティングを行いました。今回は初の試みとして、Skypeも併用した遠距離会議という形式で実施。また、普段は四国で活動するメンバーや、外部からのゲスト2名もお迎えし、これまでとはまた一味違った形での集まりとなりました。  今回お呼びしたゲストは、このブログでももうすっかりおなじみとなった、フランス1部リーグのサヴィニー・ライ......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)イタリア・IBL、来季からのエクスパンションが正式決定  イタリア野球・ソフトボール連盟(FIBS)は、パルマで行われた今シーズンの選手表彰に先立って実施された会合で、トップリーグのIBLを今季から2球団増やし、10球団に拡張することを正式に決定しました。  リカルド・フラッカリ会長が事前に記者会見で明かしていた通り、来季からベースボール・グロッセートがリーグを離れる代わり、新たにAS......続きを読む»

イギリスU-23代表、来季から「GBライオンズ」として活動へ

 今年、フル代表とジュニア代表をつなぐための組織として新たに創設された、イギリスU-23代表チーム。そのチームが来年から、新たに「グレートブリテン・ライオンズ(GBライオンズ)」という名称とともに、生まれ変わることになりました。  これまでのU-23代表チームが、「23歳以下のイギリス人選手による代表チーム」だったのに対し、GBライオンズは19歳以上の選手が対象。ジュニア年代からトップ年代への......続きを読む»

WBCの「オープン戦」報道、フェアじゃない

 いよいよ来年3月2日の開幕が迫ってきた、第3回WBC。今回は、日本の参加問題を巡る一連の騒ぎや、日本人大リーガーの全員辞退など残念な出来事もあったけれど、各国のロースターや大会日程などが、詳細に報じられるようになってきている今、なんだかんだでやはり楽しみにされているという方は、決して少なくないんじゃないだろうか。もちろん俺自身も、早く開幕してもらいたいという気持ちでいっぱいだ。  しかし今回......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)2013年度IBLの球団数、一転して再び2ケタに到達  来季からの2リーグ12球団制を打ち出したかと思えば、財政難により既存球団に離脱者が出て7球団に。さらに、新規参戦を表明する球団が突然出現し、8球団制が維持される可能性が再び浮上するなど、このところ来季のレギュレーションについての報道が、二転三転している感のあるイタリアのIBL。2013年度における体制を巡る議論に、どうやらようやく終止符......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)マインツ・アスレチックスが主力引き留めに失敗  ドイツ・ブンデスリーガに所属するマインツ・アスレチックスが、来シーズンに向けて大規模な補強を強いられることとなりました。  火曜日に行われた球団の発表によると、デニス・ケリー内野手とパット・ホーゲン投手の両アメリカ人選手については、来シーズンはチームに残留しないことが決定。ホーゲンは肘に故障を抱えており、また家族と共に過ごすことを優先した......続きを読む»

WBC2013の大会スケジュール(完全版)が発表される

 ワールドベースボールクラシック(以下WBC)の主催者であるWBC Inc.は、来年3月2日に福岡と台中(台湾)で開幕する、第3回WBCの詳細な大会スケジュールを発表しました。  我らが日本代表が参加するA組は、既報の通り3月2日から6日までの期間で、日本・キューバ・中国・ブラジルの4か国で開催。日本は2日の開幕戦をブラジルと戦った後、翌3日には中国と、6日には先日の親善試合でも相まみえたキュ......続きを読む»

国際球界関連情報

(1)ダネッシカフェ・ネットゥーノが2捕手の獲得に興味  イタリア・IBLのダネッシカフェ・ネットゥーノが、カリパルマ・パルマのオスマン・マーヴァルと、米独立系ウィチータ・ウィングナッツのエドウィン・べローリンの両捕手の獲得に、意欲を見せているようです。  マーヴァルは今季41試合に出場し、打率.384、出塁率.450、長打率.597、8本塁打、1三塁打、8二塁打、33得点、40打点という成......続きを読む»

WBC2013一次ラウンドの組み合わせが決定

 ワールドベースボールクラシック(以下WBC)の主催者であるWBC Inc.は、去る先週土曜日にテネシー州ナッシュビルで行われた会合において決定された、第3回WBCの一次ラウンドにおける組み合わせを下記の通り発表しました(各組の一番下は、予選からの勝ちあがり国)。 A組(福岡) ・日本 ・キューバ ・中国 ・ブラジル B組(台中) ・オランダ ・韓国 ・オーストラリア ・......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1567016

(08月19日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss