欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

月別アーカイブ :2012年07月

ヨーロッパリーグ結果速報(7月21~22日) Part.2

オーストリアリーグ(第14節) 21日 ウィーン・メトロスターズ12-0シュワッツ・タイガース ウィーン・メトロスターズ13-2シュワッツ・タイガース ユニオン・カフスタイン・バイキングス9-2ストックシティ・カブス ユニオン・カフスタイン・バイキングス0-3ストックシティ・カブス 22日 ドーンビーン・インディアンス1-4ダイビング・ダックス ドーンビーン・インディアンス3......続きを読む»

WBC本大会のアメリカでの開催地が決定

 現在、日本プロ野球選手会が大会への不参加を決議した件で、まだ揺れが収まっていない感がある、2013年WBC。依然として、未確定要素が残っている中で、アメリカでの1次・2次リーグと決勝トーナメント(準決勝および決勝)を実施する会場が、このたび正式にアナウンスされました。  今大会の会場となるのは、1次リーグがアリゾナ州フェニックスのチェースフィールドと、同州スコッツデールのソルトリバーフィール......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報(7月21~22日) Part.1

スペインリーグ(第18節) バレンシア・アストロズ12-2ベースボール・ナヴァーラ バレンシア・アストロズ7-5ベースボール・ナヴァーラ ベースボール・バルセロナ11-1C.D.パンプローナ ベースボール・バルセロナ16-1C.D.パンプローナ プエルトクルーズ・マーリンズ8-2ヴィーゴ・ファルコンズ プエルトクルーズ・マーリンズ17-0ヴィーゴ・ファルコンズ C.B.ビラデカンス......続きを読む»

「どちらか1つ」では先行きは暗い

 先日執筆した、「信頼を裏切った罪は重い」と「ちょっと冷静になって考えてみた」という2本の記事。アメブロ版、スポナビ版を問わず、どちらにも物凄く多くのコメントを頂いた。あまりにも量が多すぎて、いまだにコメント返しが追い付かないほどだ。その中身には賛否両論あったけれど、たとえ反応がどうであれ、自分の書いた文章にこれだけ多くの人がレスポンスをくれるというのは、非常に光栄なことだと思うし、物書き冥利に尽き......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報(7月14~15日) Part.2

イタリアリーグ(第14節) 12日 ノースイースト・ナイツ1-2ダネッシカフェ・ネットゥーノ テレマーケット・リミニ・パイレーツ1-2カリパルマ・パルマ T&Aサンマリノ・タイタンズ7-5UGFフォルティチュード・ボローニャ 13日 UGFフォルティチュード・ボローニャ2-1T&Aサンマリノ・タイタンズ ベースボール・グロッセート4-3ノヴァーラ・ユナイテッド ......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ヨーロッパカップファイナル4、ネットゥーノ開催が決定  欧州野球連盟(CEB)の技術委員会は、日程が決まらなかったことを理由に当初キャンセルしていた、今年度のヨーロッパカップファイナル4を、8月29と30日の2日間にわたって、イタリア・ネットゥーノで開催することを発表しました。  今回の決定は、まだ手続き上は正式なものでこそないものの、同大会に出場するルーアン・ハスキーズ'76(フラン......続きを読む»

「オランダ野球の立役者」にインタビュー

 昨年秋、パナマで行われたIBAFワールドカップで、見事初優勝を果たしたオランダ代表。その陰には、代表チームのテクニカルディレクター(以下TD)である、ロバート・エーンホーン氏の存在があったことを忘れてはいけません。かつて、ロッテルダム・ネプチューンズ(現DOORネプチューンズ)、ハーレム・ニコルズ、ニューヨーク・ヤンキース、アナハイム・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)、ニ......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報(7月14~15日) part.1

スペインリーグ(第17節) バレンシア・アストロズ7-1ベースボール・バルセロナ バレンシア・アストロズ15-8ベースボール・バルセロナ サンイナジオ・ビルバオ8-5ベースボール・ナヴァーラ サンイナジオ・ビルバオ10-1ベースボール・ナヴァーラ C.B.サンボイ3-4C.B.ビラデカンス C.B.サンボイ5-2C.Bビラデカンス ヴィーゴ・ファルコンズ15-14エル・イラーノ ......続きを読む»

ちょっと冷静になって考えてみた

 昨日書いた「信頼を裏切った罪は重い」の記事、書いたとたんに物凄い反響があったようで、自分でも正直驚いている。いつものように過激な論調で書いたことで、ある程度は覚悟していたけれど、まさか1つの記事にコメントが30件以上つく(アメブロ版で48件、スポナビ版で32件。ベースボールジャーナルの転載記事のツイート数は、既に50件を超えている)事態になるとは思わなかった。今年初めに設定した「1日3000アクセ......続きを読む»

信頼を裏切った罪は重い

 日本プロ野球選手会は、どうやら自ら地雷を踏むことを選択したらしい。つい先ほど、Twitterにて「プロ野球選手会が、2013年WBCへの不参加を決議した」というニュースを見て、愕然としたばかりだ。そのショックがまだ完全には収まらないうちに、この記事を書いているので、正直言い回しがきつかったり、乱暴だったりするかもしれない。ただ、俺が怒りに任せて、過激な文章を書くのはいつものこと。今回もそういうもの......続きを読む»

そこはゴールか、スタートか

 昨日は俺にとって、非常に長くタフな一日となった。なぜなら、3連勤の最終日となる17時間勤務を終えた後、普段は直行する自宅には戻らずに、そのまま東京ドームに向かっていたからだ。現在の東京ドームといえば、言わずと知れた都市対抗野球の開催期間。今日から2連休とはいえ、なぜわざわざ夜勤明けでの観戦に行っていたのかというと、昨日の第2試合である東芝-Honda戦を、スリランカ人審判のスジーワ・ウィジジャヤナ......続きを読む»

U-23イギリス代表、米国遠征を終了

 今年新設されたU-23イギリス代表が、つい先日米国東海岸への遠征を終えました。アメリカの独立記念日にちなんで「レボリューションツアー」と名付けられたこの遠征では、同チームは米国北西部で展開される「ニューイングランド・コレジエイト・ベースボールリーグ(以下NECBL)」に所属する4チームと、強化試合を戦いました。今回は、NECBLのメディアディレクターであるドン・レイポルド氏が綴った、アメリカ側から......続きを読む»

ハーレムベースボールウィークを巡る、4つのストーリー

 現在、オランダ・ハーレムを舞台として、6チームで争われている、ハーレムベースボールウィーク2012。一昨日の夜には、開幕戦の日本-台湾戦が行われ、その様子は大会ウェブサイトを通じて、ライブストリームで日本の国際野球ファンの目にも届きました。今回は、この大会を巡る4つのストーリーについて、綴ってみようと思います。  まずは、この大会のディフェンディングチャンピオンである、オランダ代表について。......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報(7月7~8日) Part.2

オランダリーグ(第14節) UVV11-1スパルタ・フェイエノールト(8回コールド) UVV9-0スパルタ・フェイエノールト UVV17-0スパルタ・フェイエノールト(7回コールド) ADOレイカーズ2-4ヴァッセン・パイオニアーズ ADOレイカーズ0-15ヴァッセン・パイオニアーズ(7回コールド) ADOレイカーズ4-7ヴァッセン・パイオニアーズ コレンドン・キンヘイム3-1L&......続きを読む»

ハーレムベースボールウィーク、いよいよ今日開幕

 毎年、オランダ王立野球・ソフトボール協会(KNBSB)の主催により行われている、ハーレムベースボールウィーク(以下HBW)。奇数年に開催される、ワールドポートトーナメント(同じくWPT)とともに、この季節のオランダにおける一大行事として知られています。そのHBWが開催国オランダ以下、キューバ、アメリカ、プエルトリコ、日本、台湾の6チームの参加で、現地時間の今日開幕します。  参加チームのうち......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報(7月7~8日) Part.1

スペインリーグ(第16節) バレンシア・アストロズ2-1サンイナジオ・ビルバオ バレンシア・アストロズ15-5サンイナジオ・ビルバオ ベースボール・ナヴァーラ6-4C.B.サンボイ ベースボール・ナヴァーラ4-6C.B.サンボイ C.B.ビラデカンス26-0ヴィーゴ・ファルコンズ C.B.ビラデカンス17-6ヴィーゴ・ファルコンズ エル・イラーノ1-4C.D.パンプローナ エル・......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ヨーロッパカップファイナル4、8月末開催でまとまる見込み  今年、いったんは開催中止が発表された、ヨーロッパカップファイナル4の開催時期が、8月末という方向でまとまる見込みになりました。  関係者の証言によると、今年の本大会を勝ち抜いた、UGFフォルティチュード・ボローニャ1953、ダネッシカフェ・ネットゥーノ(ともにイタリア)、ルーアン・ハスキーズ'76(フランス)の3球団が、8月2......続きを読む»

「オラニエ」の切符を掴むのは誰?

 2009年WBCで、ドミニカ代表を2度倒して以降、日本でもその存在が知られることになったオランダ代表。昨年のW杯決勝で、フルメンバーを揃えたキューバを破って初優勝するなど、この4年間の間に凄まじい勢いで、その実力を伸ばしているのは周知の通りだ。元々、ヨーロッパ球界においては圧倒的な地位を保持していた彼らは、今やヨーロッパの枠すら飛び越え、世界標準の代表チームになろうとしている。  オランダが......続きを読む»

アンドレルトン・シモンズが月間最優秀新人に

 キュラソー出身で、現在はアトランタ・ブレーブスでプレーする、アンドレルトン・シモンズ内野手(22)が、6月のナ・リーグ月間最優秀新人に選ばれました。ブレーブスの選手が同賞を受賞するのは、これで5年連続。キュラソー出身選手としては、2008年のジャイアー・ジャージェンス投手以来の快挙となります。  6月2日にメジャーデビューを果たし、25試合に出場したシモンズは、打率.333(90打数30安打......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報6月30~7月1日) Part.2

オランダリーグ(第13節) 30日 UVV3-1Mr.Cocker HCAW コレンドン・キンヘイム7-0ADOレイカーズ ヴァッセン・パイオニアーズ3-4DOORネプチューンズ スパルタ・フェイエノールト2-10L&Dアムステルダム・パイレーツ 1日 ADOレイカーズ2-4コレンドン・キンヘイム DOORネプチューンズ1-5ヴァッセン・パイオニアーズ UVV12-......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ケンコーがドイツ・ケルンでユースの対抗戦を開催  日本の大手ボールメーカーであるケンコーが、現地時間明日から8日までの3日間にわたり、ドイツ・ケルンにてユース世代の親善大会を開催することになりました。  今大会に参加するのは、U-15フランス代表、ニューサウスウェールズ選抜(オーストラリア)、DBAヤングガンズ、ケルン・ベースボールスクール・オールスターズ(ともにドイツ)の4チーム。1......続きを読む»

ヨーロッパリーグ結果速報(6月30~7月1日) Part.1

スペインリーグ(第15節) ベースボール・バルセロナ1-2サンイナジオ・ビルバオ ベースボール・バルセロナ6-1サンイナジオ・ビルバオ バレンシア・アストロズ4-1C.B.サンボイ バレンシア・アストロズ5-7C.B.サンボイ ヴィーゴ・ファルコンズ0-13ベースボール・ナヴァーラ ヴィーゴ・ファルコンズ4-14ベースボール・ナヴァーラ C.D.パンプローナ0-4C.B.ビラデカン......続きを読む»

ヨーロッパカップファイナル4、復活の可能性が浮上

 先日、大会日程が決まらなかったという理由で、CEBが今季の開催中止を決定した、ヨーロッパカップファイナル4。しかし、一度は完全に消滅するものと思われていたこの大会が、復活する可能性が浮上してきました。  きっかけとなったのは、フランス勢として初めて本大会を突破した、ルーアン・ハスキーズ'76。現地時間の今朝、ハスキーズは同球団の公式ホームページ上において、CEBに対して大会中止の決定を再考す......続きを読む»

「マイナー海外組」が見せる、海外挑戦の覚悟

 ここ最近、MLBでは日本人選手の苦闘が続いている。かつて、日本人大リーガーの両巨頭と言われた、イチロー(マリナーズ)と松井秀喜(レイズ)は、ともに高齢化もあってかつてほどの勢いは見られない。同じく怪物と言われた松坂大輔(レッドソックス)は、トミージョン手術から復帰後もまだ本調子とは言えず。西岡剛(ツインズ)は怪我の影響で、今もマイナー暮らし。和田毅(オリオールズ)もMLB公式戦で1球も投げることな......続きを読む»

イタリア代表右腕、ついにNPB入りか?

 2006年と2009年のWBCに、ともにイタリア代表として出場したアレッサンドロ・マエストリ投手(27)が、四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズから、オリックス・バファローズへ移籍する見込みであることが分かりました。  イタリア・チェゼーナ出身で、リミニ育ちのマエストリは、2006年にシカゴ・カブスとマイナー契約。カブス傘下では、主にA級デイトナで守護神としてプレーし、その後......続きを読む»

ブンデスリーガ球宴のメンバーが発表される

 ドイツ野球・ソフトボール連盟(DBV)は、今月8日にパダーボーンのアーホーン・シュポルトパークで開催される、ブンデスリーガ1部のオールスターゲームに出場する42人(うち2人は代替出場)を発表しました。  今回選ばれたメンバーは、北部選抜がシュテファン・フェシュティグ監督(パダーボーン・アンタッチャブルズ)、南部選抜がウリ・ウェルマス監督(マインツ・アスレチックス)によって選考された面々。全1......続きを読む»

ヨーロッパカップファイナル4、中止が決定

 今回は、非常に残念な知らせが届きました。今季のヨーロッパクラブNo.1を決める大会である、ヨーロッパカップファイナル4の今年度大会が、大会日程が固まらなかったことにより中止となったのです。  ダネッシカフェ・ネットゥーノ、UGFフォルティチュード・ボローニャ1953(ともにイタリア)、ルーアン・ハスキーズ'76(フランス)、L&Dアムステルダム・パイレーツ(オランダ)の4クラブが、出......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:1564750

(05月15日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss