欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

月別アーカイブ :2012年02月

経験を積むことの大切さ

 2009年WBCでの2度のドミニカ撃破と、2011年W杯でのキューバを破っての初優勝。ここ数年、オランダが相次いで成し遂げてきた大物食いは、ヨーロッパ野球の成長ぶりを見せつけたことももちろんだけど、それ以上に大きなこととして、俺たちファンが漠然と抱いていた「錯覚」を解いてくれた、ということも挙げられる気がする。  WBCの前、おそらくほとんどの野球ファンが「MLBのスタープレーヤーを集めたチ......続きを読む»

【Wahoo!スポーツ】イベリアの侍、静かに牙を研ぐ

【管理人注】  この記事は、管理人自身の頭の中にあるものをそのまま文章にした、完全な創作です。急になんだか書きたくなったので、文章を書く練習も兼ねて、SLUGGERあたりで執筆している、スポーツライターになったつもりでやってみました。実在の人物や団体などとは、一切関係ありません。あらかじめご了承ください。以下のような設定や世界観を前提に、読んでいただければ幸いです。 ・主人公は、ポルトガル代......続きを読む»

ハーツ・ファルコンズが2選手の新入団を発表

 イギリス・NBLに所属するハーツ・ファルコンズが、今季からの新入団選手として、新たにクリストバル・ヒッケ内野手と、ジェイク・マイケルズ投手の獲得を発表しました。先日獲得がアナウンスされた、アメリカ人のロビー・アンセル投手に続く新入団選手となります。  ヒッケは一塁と外野を主戦場として、アメリカで高校、大学、セミプロのリーグでキャリアを積んだ他、チリ代表の一員としてもU-12、U-16の各チー......続きを読む»

スペインリーグ、栄冠の行方は…?

 毎年、ヨーロッパ各国の先陣を切って開幕する、スペインのディビシオン・デ・オナー。今年は、昨季王者のFCバルセロナが、バルサ傘下から離れて「ベースボール・バルセロナ」として再出発する他、上位2チームによるチャンピオンシップシリーズ(5回戦制)が復活するなど、昨年からは若干の変更が施されています。現地時間の一昨日から、既に国内リーグの試合は始まってしまっているのですが、今回はこのスペインリーグの移籍市......続きを読む»

G.G.佐藤は都落ちなのか?

 このタイトルを一瞥しただけで、盛大に吹いたあなた。きっと、管理人とはいい友達になれます。関東圏在住なら、いつか機会があれば飯でも食いに行きましょう(もちろん、「なんのこっちゃ???」な方が友達になれない、というわけではありません)。  日本時間の昨日、イタリアのUGFフォルティチュード・ボローニャ1953入りが報じられた、前西武のG.G.佐藤こと、佐藤隆彦外野手。情報の発信源は、サンスポやN......続きを読む»

G.G.佐藤がイタリア・ボローニャに入団

 久しぶりに、イタリア・IBLに日本人選手が所属することになりました。UGFフォルティチュード・ボローニャ1953は24日、元西武のG.G.佐藤こと、佐藤隆彦外野手(34、以下G.G.)を獲得したことを明らかにしました。  日本ではその日本人離れした体格と、お立ち台での「キモティー!!」との絶叫パフォーマンスで人気を博したG.G.は、法政大学を卒業後にフィリーズに入団し、ルーキー級とA級で合計......続きを読む»

ハー・ディシプルズがアメリカ人右腕を獲得

 ドイツ・ブンデスリーガ南地区に所属するハー・ディシプルズが、新たにアメリカ人右腕のニック・レナート投手(32)と契約したことを発表しました。前任のパコ・ガルシア投手に代わる契約で、今季はレギュラーシーズンの第2戦での先発を任されることになります。  オレゴン州立大出身のレナートは、過去7年にわたってアメリカの様々な独立リーグで投げてきた、米国独立球界のジャーニーマン。2005年以降、通算で1......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)若手フランス人左腕がマリナーズと契約  ダニエル・ティーベン(ドイツ)、ウグエス・ウルビナJr.(スペイン)に続く3人目のヨーロッパ産投手が、マリナーズと契約することになりました。マ軍は23日、フランス人左腕のアレクサンドル・ロイ投手(16)とマイナー契約を結んだことを発表しました。フランス人マイナーリーガーとしては、ジョリス・バート(ドジャース)、フレデリック・アンヴィ(ツインズ)、アンデ......続きを読む»

野球をプレーするという「覚悟」

 「覚悟―なぜ、あなたはここにいるのか―」  昨年、NPBが掲げたこのシーズンスローガン。東日本大震災の心理的後遺症から、多くの選手が野球をプレーすることに戸惑いを隠せない中で、「何故グラウンドに立つのか」という覚悟を各人に問うたこのスローガンは、2chでは一部批判もあったみたいだけど、個人的にはよくできたものだと思っている。当時、楽天の嶋が残した「見せましょう、野球の底力を」というスピーチも......続きを読む»

こんなことをやってたら、いつまでたっても強くなれない

 最近、世間で大きな話題になったのが、オリンパスの損失隠し問題。バブル崩壊時に出た巨額の損失を、10年以上にわたって「飛ばし」と呼ばれる手法で、隠し通そうとしていたというものだ。この件を独自に調査し、会社に損害を与えたとして、会長と副社長に辞任を促したイギリス人社長が、逆に直後の取締役会議で解任されたというから、非常に悪質なものだったと言えるだろう。結局、その前社長による告発によって、オリンパスの所......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ノースイースト・ナイツが新守護神を獲得  イタリア・IBLに所属するノースイースト・ナイツが、新たに守護神候補として、ベネズエラ出身のホセ・アンヘル・メジアス投手(26)と契約を結んだことを発表しました。  同投手は2005年から2009年までの5年間、フィリーズ、メッツ、レイズの参加でプレーした経験を持っており、最高ではAA級でのプレーを経験。通算で防御率4.48という成績を残してい......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ベルン・カージナルスが新戦力2人を獲得  スイス1部リーグの昨季王者、ベルン・カージナルスが、ベンジー・ウェイトとライアン・バーンの両投手の新入団を発表しました。  ウェイトはNCAA1部、アラバマ・バーミンガム大の出身で、昨季はドイツ・ブンデスリーガの、ゴーティング・インディアンスでプレーしていました。右投左打で内野手も兼任することから、チームでは2連戦の第1戦で野手、第2戦で先発投......続きを読む»

【Wahoo!スポーツ】東欧の不死鳥

【管理人注】  この記事は、管理人自身の頭の中にあるものをそのまま文章にした、完全な創作です。急になんだか書きたくなったので、文章を書く練習も兼ねて、SLUGGERあたりで執筆している、スポーツライターになったつもりでやってみました。実在の人物や団体などとは、一切関係ありません。あらかじめご了承ください。以下のような設定や世界観を前提に、読んでいただければ幸いです。 ・舞台は2044年のロシ......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ポーランド代表がトライアウトを実施  2013年ヨーロッパ選手権予選突破を目指すポーランド代表が、今年6月27日から7月1日までチェコで開催される、プラハベースボールウィークに備えたトライアウトを実施することになりました。  ポーランドが掲げている目標は、来年のユーロ予選大会を突破し、同国史上初めて本大会に駒を進めること。今回のトライアウトも、その目標達成のための第一歩として実施されま......続きを読む»

WBC欧州ラウンド、レーゲンスブルグ開催が正式決定へ

 現在、その開催地や組み合わせが議論の的となっている、WBC予選のフォーマット。ドイツ代表のグレッグ・フレディ監督ですら、先日取り上げたインタビューでは「まだ何も知らない」と語っていたこの話題ですが、ついに彼らの元に、詳しい開催要項が知らされることとなりました。9月20日から24日までの5日間、ドイツ・レーゲンスブルグのアーミンウルフ・ベースボールアリーナで、WBC予選欧州ラウンドが開催されることが......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)グロッセート監督に日本球界経験者が就任  先日、正式にIBL加盟を承認されながら、当初監督就任を予定していたマイク・マーシャル氏が、就任することを取りやめてしまったベースボール・グロッセート。その代わりの指揮官として、このたびマイク・ハートリー新監督(50)が就任することが、正式にアナウンスされました。  1981年に、ドラフト外でカージナルスと契約した後、1989年にドジャースの一員......続きを読む»

イギリス球界最強右腕が、ハーツ・ファルコンズに移籍

 イギリス・NBLに所属するハーツ・ファルコンズは、昨シーズンまでリッチモンド・フレームスでプレーしていた、アメリカ出身のロビー・アンセル投手兼内野手(25)の新入団を発表しました。同選手は過去数シーズンにわたって、投打両面においてリーグトップクラスの成績を収めており、近年低迷が続いているファルコンズの救世主として期待されます。  アンセルが移籍を決断したのは、現地時間9日の深夜。その決め手と......続きを読む»

ポルトガル代表のセレクションが行われる

 ポルトガル・アブランテスにある野球・ソフトボールアカデミーにおいて、同国シニア代表のセレクションが、このたび実施されることになりました。去る11日にはオープニングセレモニーが行われ、ポルトガル野球・ソフトボール連盟(FPBS)のサンドラ・モンテイロ会長が、今季の国内選手権の概要と、今後数年間のアカデミー及び国家代表の目標についてスピーチを行いました。  ポルトガル代表を率いるのは、オランダ出......続きを読む»

今日からブログ更新再開します

 いつもブログ「欧州野球狂の詩」にアクセスいただき、誠にありがとうございます。ここ数日、更新が滞ってしまっていたことに対してお詫びするとともに、今日から更新再開することを宣言したいと思います。  更新ができずにいた要因は、大きく分けて2つ。1つ目は、4日から12日までの間、ずっと警備員のバイトに行っており、更新する時間がなかったこと。2つ目は、11日の夜からインフルエンザA型に感染してしまい、......続きを読む»

オランダリーグの2012年度日程が発表

 昨年秋、パナマでのラストW杯を制し、一躍注目の的となったオランダ。その劇的な勝利によって、オランダ国内では一気に野球への注目度が上昇。今年は協会創設100周年ということもあり、まさに歴史的なシーズンとなります。その2012年度シーズンのレギュレーションと日程が、オランダ王立野球・ソフトボール協会(KNBSB)から発表されました。  今季の開幕戦は、3月29日にDOORネプチューンズ‐L&am......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)グロッセート新球団にギリシャ人2人が加入?  今季から、前任のグロッセート・オリオールズに代わって、イタリア・IBLに参入するベースボール・グロッセート。その新球団に、ギリシャ人選手2人が加入する可能性が出てきました。  地元のIn Liberia Uscita紙が報じたところによると、新入団するとみられているのは、ともにギリシャ代表のパナジオティス・シカラス(32)と、セオドール・ボ......続きを読む»

指揮官は語る(ドイツ代表監督:グレッグ・フレディ) 後篇

 この記事はシリーズものです。まだ前篇をお読みになっていない方は、こちらの記事からどうぞ。http://ameblo.jp/systemr1851/entry-11157780638.html ―:2012年のドイツは、ヨーロッパ選手権(以下ユーロ)とWBC予選という、2つのメジャーな国際大会を迎えることになります。おそらく、この両者は連続して開催されることになるかと思われますが、ドイツはこの......続きを読む»

指揮官は語る(ドイツ代表監督:グレッグ・フレディ) 前篇

 昨年、パナマで行われたW杯でドイツ代表を率いた、グレッグ・フレディ監督。アメリカのNCAA1部の名門、ジョージア州立大でも指揮官を務める彼は、ドイツ球界のここ数年の発展に、確かな手ごたえを感じているようです。今回は、ミスターベースボールがフレディ氏に対して行ったロングインタビューを、前後編に分けてお届けします。前篇では、W杯でのドイツ代表の戦い、そこで注目された2人の若手、そして世界王者となった隣......続きを読む»

第5回女子W杯の出場チームが発表

 国際野球連盟(IBAF)は、8月10日から19日まで、カナダ・エドモントンで開催される、第5回女子野球W杯の出場チームを発表しました。  今回出場するのは、現王者の日本と開催国カナダに加え、オーストラリア、アメリカ、ベネズエラ、台湾、オランダ、キューバの全8チーム。大会では全8チームによる総当たり戦が行われた後、上位4チームが決勝トーナメントに、下位4チームが順位決定戦に回ります。このため、......続きを読む»

【Wahoo!スポーツ】アンダードッグたちのプライド

【管理人注】  この記事は、管理人自身の頭の中にあるものをそのまま文章にした、完全な創作です。急になんだか書きたくなったので、文章を書く練習も兼ねて、SLUGGERあたりで執筆している、スポーツライターになったつもりでやってみました。実在の人物や団体などとは、一切関係ありません。あらかじめご了承ください。以下のような設定や世界観を前提に、読んでいただければ幸いです。 ・舞台は2041年のWB......続きを読む»

KNBSBがキュラソーでコーチングクリニックを開催へ

 オランダ代表を語るうえで、絶対に欠かせない存在といえるのが、カリブ海のベネズエラ沖に浮かぶ同国の海外領土・キュラソー。MLBで本塁打と打点の二冠に輝き、ゴールドグラブも常連という伝説の名外野手、アンドリュー・ジョーンズ(ヤンキース)を筆頭に、ケンリー・ヤンセン(ドジャース)、ユレンデル・デキャスター(メキシカンリーグ)、ランドール・サイモン(タイガースなど)らを輩出し、オランダ野球にとっては必要不......続きを読む»

【Wahoo!スポーツ】暗黒大陸の夜明け

【管理人注】  この記事は、管理人自身の頭の中にあるものをそのまま文章にした、完全な創作です。急になんだか書きたくなったので、文章を書く練習も兼ねて、SLUGGERあたりで執筆している、スポーツライターになったつもりでやってみました。実在の人物や団体などとは、一切関係ありません。あらかじめご了承ください。以下のような設定や世界観を前提に、読んでいただければ幸いです。 ・舞台は2045年のアフ......続きを読む»

イタリアンコーチングコンベンション、盛大に開かれる

 第26回イタリアン・ベースボール&ソフトボール・コーチングコンベンションが、同国最大の湖であるガルダ湖畔の、ゴルフリゾートにおいて開催されました。コミッショナーのジョルジオ・モレッティ氏が「26年の歴史の中で、最高の大会の1つになった」と語った今イベントには、ベルギーから委任されたメンバーも含め、436人もの指導者が参加しました。  1986年に初めて行われたこのコンベンションですが、その歴......続きを読む»

【Wahoo!スポーツ】欧州に吹かせ、アラビアの風

【管理人注】  この記事は、管理人自身の頭の中にあるものをそのまま文章にした、完全な創作です。急になんだか書きたくなったので、文章を書く練習も兼ねて、SLUGGERあたりで執筆している、スポーツライターになったつもりでやってみました。実在の人物や団体などとは、一切関係ありません。あらかじめご了承ください。以下のような設定や世界観を前提に、読んでいただければ幸いです。 ・主人公はドイツ代表の4......続きを読む»

ヨーロッパ球界関連情報

(1)ハイデンハイム・ハイデコッフェがアメリカ人右腕を獲得  昨季、ドイツ・ブンデスリーガ南地区で2位に入った、ハイデンハイム・ハイデコッフェが、アメリカ人右腕のパトリック・ローソン投手(23)を獲得したことを発表しました。  サウスカロライナ州ヒルトンヘッド出身のローソンは、NCAA1部でプレーするノースカロライナ大でプレー。2010年にデトロイト・タイガースにドラフト外で入団し、同年にプ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:1566937

(08月15日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss