欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

「野球移民」の立ち位置

このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然ながら、もしも誰かと政治談議をしようという時は、自分は基本的に右寄りであるのだろうと思う。外国人参政権や安直な移民導入には反対だし、自衛隊は一刻も早く国防軍へと発展的解消を果たすべきだと思っている。グローバリズムや国際協調の重要性は十二分に理解をしつつも、自国の国益を損ねてまでそれにまい進することには疑問を抱く立場だ(その意味では、もしかしたら自分の考え方はトランプ大統領にも近いのかもしれない)。そういう意味では自分は「保守」であるのだろうけれど、こと野球に関してだけは全く正反対であり「むしろ自分はリベラルであるのかもしれない」と最近思うようになってきた。

 去る10月31日から11月6日にかけて、フィンランド代表のアンドレス・メナ内野手(30)のBCリーグトライアウト挑戦をサポートした。メナは出生した国と代表国が異なる、いわゆる「野球移民」の典型だ。しかも、(少なくとも一時は間違いなく強豪国と呼ぶにふさわしい存在であった)野球大国キューバから、野球というスポーツ自体がマイナー競技にすぎず欧州全体でも下位に位置するフィンランドに移り住んだという、一部ネット住民からはある意味一番嫌われるパターンと言えるかもしれない。

 もちろん誰もがそう言う見方をするわけではないけれど、この手の選手はどうしても目の敵にされがちだ。「どうせ自分の生まれた国ではシニアの代表選手になれないから、もっとレベルの低い国に行くんだろう」なんて声を、残念ながらネットの言論では目にすることが少なくない(これは日本特有の現象かと思っていたら、どうもアメリカにもそういうものの見方をする人はいるらしい)。彼らを受け入れる側の国も「自国生まれの選手を育てる努力をしてない」「移民に頼らなきゃ代表チームすら組めないなんて」と言われたい放題だ。

 実際、国によっては確かにメナのような「野球移民」が主力の一角をなすケースは、どうしても存在する。例えばサッカーのように代表戦の文化が発達した競技をよく見ている人からすれば、違和感がぬぐえないのは実際仕方のない事なのかもしれない。メナにしても、本来は一般的には白人の国と思われているフィンランドの代表チームに黒人がいて、しかもその選手がフィンランド語ではなくスペイン語系の名前を名乗っていると見れば、なんとなく場違いに見えてしまうのはやむを得ない事なのであろうと思う。

 ただ、目を向けねばならないのは何故彼がフィンランド代表のユニフォームを身に纏い、そこに立っているのかという経緯だ。彼が今「キューバ系フィンランド人」としてヘルシンキで暮らし、そしてフィンランドを背負って国際舞台で戦っているのは、彼が実際に「もっとレベルの低い国なら自分も代表選手になれる」と安直に考えたからなのか?それともいわば助っ人としてフィンランド野球連盟に金で買われたからなのか?いくらこれまで、国際試合が一大ビジネスになるまでに時間を要した競技とはいえ、野球の国家代表チームとはそんな安直な存在なんだろうか?俺は全くそうは思わないし、実際彼がフィンランド代表選手になるまでに紡いできた物語に触れなければ、彼がその両肩に背負うものの大きさは分からないだろう。

 キューバ・ビジャクララ出身の彼は、キューバ時代には世代別の国内リーグで地元チームの一員として戦い、ジュニア代表のメンバーにも選ばれたことのある経歴の持ち主だ。そんな彼が自国の在り方に疑問を感じフィンランドに移住したのは、彼が24歳だった2011年。常夏の島キューバから寒いフィンランドへと移り住むことを決めたのは、当時付き合っていたガールフレンドがフィンランド人だったためらしい。そしてこの時、彼は亡命という手段を使ってキューバから出国している。そのリスクがいかに大きいかは、MLBファンの皆さんならご存知かもしれない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨーロッパ野球
国際大会
タグ:
キューバ
フィンランド
ラテンアメリカ野球
ヨーロッパ野球

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

メキシカンリーグ2018年シーズンの概要【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

もうひとつのメキシコウィンターリーグ、リガ・ベラクルサナ【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

「プロになること」と「プロで生きて行くこと」の違い【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1570768

(01月18日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
11
10
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss