欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

ヨーロッパリーグ結果速報(4月29~5月7日) pt.3

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストリアリーグ(第1~3節)   第1節 21日 ウィーン・ワンダラーズ5-1ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス   22日 トライスキルヒェン・グラスホッパーズ9-14ストックシティ・カブス トライスキルヒェン・グラスホッパーズ4-5ストックシティ・カブス ハード・ブルズ16-3フェルドカーシュ・カージナルス ハード・ブルズ8-3フェルドカーシュ・カージナルス アタナン=プッシュハイム・アスレチックス8-4カフシュタイン・バイキングス アタナン=プッシュハイム・アスレチックス12-1カフシュタイン・バイキングス ウィーン・ワンダラーズ0-6ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス   第2節 29日 トライスキルヒェン・グラスホッパーズ3-13ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス トライスキルヒェン・グラスホッパーズ5-4ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス ウィーン・メトロスターズ9-10ウィーン・ワンダラーズ ウィーン・メトロスターズ3-2ウィーン・ワンダラーズ フェルドカーシュ・カージナルス1-10アタナン=プッシュハイム・アスレチックス フェルドカーシュ・カージナルス0-10アタナン=プッシュハイム・アスレチックス   30日 ドーンビーン・インディアンス4-6カフシュタイン・バイキングス ドーンビーン・インディアンス20-0カフシュタイン・バイキングス   第3節 6日 フェルドカーシュ・カージナルス7-6ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス フェルドカーシュ・カージナルス1-22ウィーン・ノイシュタット・ダイビングダックス ウィーン・メトロスターズ6-5ハード・ブルズ ウィーン・メトロスターズ13-5ハード・ブルズ ストックシティ・カブス13-0カフシュタイン・バイキングス ストックシティ・カブス19-0カフシュタイン・バイキングス   7日 ウィーン・ワンダラーズ1-10アタナン=プッシュハイム・アスレチックス ウィーン・ワンダラーズ5-8アタナン=プッシュハイム・アスレチックス   ※ドーンビーン・インディアンス‐トライスキルヒェン・グラスホッパーズ2連戦は雨天中止    今年からリーグ名称が「ベースボールリーグ・オーストリア」に変更され、レギュレーションも東西2地区に分かれての10球団体制となったオーストリアリーグ。レギュラーシーズンでは、各チームが同一地区のチームと各4試合、反対側の地区のチームと各2試合の計26試合を戦います。    第3節までを終えて、東地区の首位に立っているのはカブス。アウェーで戦った第1節ではグラスホッパーズを接戦の末スイープ、ホームにバイキングスを迎えた第3節は、2試合連続零封&2桁得点で圧勝しました。1勝差で2位につけているのはメトロスターズ。第2節で実現したウィーンダービーでは、1回戦でメトロスターズが7回に一挙7得点を挙げて逆転するも、その直後にワンダラーズがアンドリュー・オーバーセラーの2点適時打で再逆転するなど、同郷対決にふさわしい熱戦が展開されました。    西地区の首位は、ここまで6連勝と絶好調のアスレチックス。カージナルスとマッチアップした第2節では、2試合続けて10得点を挙げるなど打線が好調です。この2連戦では、1回戦で先発ライアン・ラップが7回1失点の好投。2回戦では先発スティーブン・ジョンソンが6回無失点と快投し2勝目をマークする一方、打っても3番打者として3打数2安打4打点の大活躍を見せています。   ソース一覧 http://www.mister-baseball.com/results-baseball-league-austria-april-21-22-2017/ http://www.mister-baseball.com/results-baseball-league-austria-april-29-30-2017/ http://www.mister-baseball.com/results-baseball-league-austria-6-7-2017/   スイスリーグ(第2~3節)   第2節 ウィル・デビルズ7-13シザック・フロッグス ウィル・デビルズ6-10シザック・フロッグス ルツェルン・イーグルス5-2チューリッヒ・バラクーダーズ ルツェルン・イーグルス1-11チューリッヒ・バラクーダーズ ベルン・カージナルス1-12サーウィル・フライヤーズ ベルン・カージナルス2-8サーウィル・フライヤーズ   第3節 シザック・フロッグス6-9チューリッヒ・チャレンジャーズ シザック・フロッグス7-6チューリッヒ・チャレンジャーズ ウィル・デビルズ9-16チューリッヒ・バラクーダーズ   ※ベルン・カージナルス-ルツェルン・イーグルス2連戦、ウィル・デビルズ‐チューリッヒ・バラクーダーズ2回戦は雨天中止    スイスリーグは第3節までを終え、チャレンジャーズとフライヤーズがともに3勝1敗で首位に立っています。チャレンジャーズは第3節でフロッグスと対戦。1回戦では初回にブラディミール・デラロサの2点適時二塁打などで一挙5得点を挙げるなど、相手先発ダニエル・トライナを8回9失点と攻略したものの、2回戦では2番手ロバート・セディンが4回5失点と大誤算。打線も中盤から終盤にかけての打ち合いをものにできず、今節試合のなかったフライヤーズに並ばれる結果となりました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ヨーロッパ野球
タグ:
イギリス
スイス
オーストリア
ヨーロッパ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2017』先行入手ご希望の方はお急ぎください【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

【2017年1部リーグ第1節・松山大会④:織機v.s.伊予銀行 ~ 伊予銀行、外野の守備で自滅】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

プロと東大、どっちが魅力?【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:1564750

(05月15日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss