欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

「祭り」の終わりと「勝負」の始まり

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「この戦いは、過去におけるそれとはまるで別物になったな」。開催国アメリカの初優勝で幕を閉じた第4回WBCを振り返りながら、そんな思いが心に浮かんだ。もしかしたら読者の皆さんの中にも、同じようなことを考えた方はいらっしゃるかもしれない。

 今回のWBCは、グラウンドの内外を問わず文字通りの大成功だったといっていい。優勝したアメリカ代表は、主砲ノーラン・アレナド(ロッキーズ)が初戦のコロンビア戦で見せた気迫のヘッドスライディングに象徴されるように、過去3大会にもまして気持ちの入ったプレーを最後まで展開。前回覇者であるドミニカ共和国代表の本気度にも触発されたのか、まるで3月の時点からポストシーズンの戦いに身を投じているかのようだった。スタンドからの迫力満点のUSAコールも、強く印象に残っている。

 それ以外のチームも、それぞれ国を背負っているというプライドを前面に押し出してプレー。一次リーグで敗退したオーストラリア代表選手たちの涙、どれだけ投手陣が火だるまになっても点を取り返すイタリア打線の破壊力など、それぞれなりのプライドが真正面からぶつかり合う戦いが、非常に印象的だった。日本代表についても当てはまるが、お互い打ち合っての接戦を展開し終盤に逆転して勝利、というパターンがかなり目立ったように思う。これまで強豪国の一角と目されてきた韓国や台湾、キューバといった国々が残念な結果に終わった一方で、初参戦のイスラエルがいきなり二次リーグまで進出するなど、新しい勢力の台頭があったことも見逃せない。

 そうした熱い展開は、ビジネス的な側面からも大きな成功をもたらした。大会全体の観客動員数は、史上初の大台越えとなる108万6,720人。前回大会からは実に23%増で、もちろん過去最高の数字だ。中でも決勝のアメリカ―プエルトリコ戦では51,565人もの観客がドジャースタジアムを埋め尽くし、これは今大会最多で歴史上でも2番目に多い数字となっている。東京で開催された1次ラウンドB組及び2次ラウンドE組は、揃ってラウンド全体で20万人以上を動員することに成功した。テレビやネットでの中継視聴者数、グッズ売り上げについても大幅に前回大会を上回っている(http://www.mister-baseball.com/2017-world-baseball-classic-sets-highs/)。

 実を言えば、よく云々されるアメリカの本気度については、デレク・ジーター(ヤンキース)やロジャー・クレメンス(同、所属はいずれも当時)といったスーパースターを集めた第1回大会の時点から、少なくとも招集した顔ぶれに関してはかなりのものと言ってよかった。不幸だったのは、そんなドリームチームを結成したにもかかわらず決勝にも進めず敗退したことに関して、「本気ではなかった」という趣旨の照れ隠しのための言い訳をしてしまったことが、アメリカという野球の母国が持つ重みゆえに必要以上にインパクトを持って捉えられすぎてしまったことかもしれない。

 それはさておくとして、WBCという大会が曲がりなりにも11年という歴史を重ねたことで、よりシリアスな存在となったことは間違いないだろう。第1回と第2回は招待される国が16か国のみで予選ラウンドもなく、まだ大会全体が手探りな状態だった。この新しいトーナメントにどのようなモチベーションを持って臨めばよいのか、おそらく各国ともしっかり定まってはいなかっただろう。その2度のトーナメントで王者となった日本に対しては、各国は表面上はその快挙を祝福しつつも、内心はどこか違う思いを抱いていた部分もあったかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
ヨーロッパ野球
国際大会
タグ:
ヨーロッパ野球
MLB
国際大会

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

小久保監督の功罪【スポーツ身勝手解説ブログ】

WBCの「世界大会」としての可能性。メジャーリーガーが見せた魂のベースボール。【Walk On With Sports!!】

重なった風景【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:49
  • 累計のページビュー:1568769

(11月12日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
11
10
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss