欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

「看板頼り」に感じた危機感

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「スポーツの代表戦に、『看板』なんてものは必ずしも必要ないんだな」。昨晩行われた、埼玉スタジアム2002で開催されたサッカーロシアW杯アジア最終予選、日本-サウジアラビア戦を今夜録画で見直してみて、そう感じさせられた。

 負ければヴァヒッド・ハリルホジッチ監督の進退も取りざたされていたであろう日本代表は、この試合ではこれまでチームのけん引役を務めていた本田圭佑(ACミラン)、香川真司(ボルシア・ドルトムント)、岡崎慎司(レスターシティFC)の3人をベンチスタートに。彼らに代わって先発出場を果たしたのは、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、大迫勇也(1FCケルン)、久保裕也(ヤングボーイズ)という、彼らと比べるとこれまで実績はあまり豊富とは言えない面々だった。だが一方で、この試合で活躍を見せたのは紛れもなく後者の3名だったのも事実だ。

 原口にせよ大迫にせよ久保にせよ、普段の所属クラブは(もちろんそれぞれ独自の歴史を築き上げてきているとはいえ)欧州サッカー界の中では失礼ながら、決して序列的に上位にクラブとは言い難い。そういった事情もあって、日本メディアの間でもこの3名は日本代表における「主役」という扱われ方はおそらくされていなかったのではないか。あくまでも柱となるのはビッグクラブでプレーする本田や香川や岡崎であって、この試合で輝いた3人はどちらかといえば「名脇役」のような取り上げられ方だったはずだ。そんな彼らが主役の座を実力で奪ってみせたことは、代表チームはもちろん日本のサッカーコミュニティの中でも大きな意義のあるものだったのではないだろうか。

 ヨーロッパをはじめとする国際野球が主題であるはずのブログで、唐突に日本サッカーの話をし始めたのはなぜか。それはこうした視点が、最近の野球日本代表の戦いとそれを取り巻くファンやメディアの目線にも何となく通じるものがあると感じたからだ。いうまでもなく、メキシコ・オランダの両代表と相まみえた去る10日から13日までの4連戦のことである。

 このシリーズ、日本代表は結果的に見れば3勝1敗と勝ち越すことには成功した。しかし、強化試合である以上勝ち星そのものは大きな問題ではない(もちろん成功体験を積み重ねることは重要ではあるけれど)。問題はその勝ち方の中身だ。その点でいうと、周知のとおり今回の日本代表にははっきり言って不安しか感じなかった。大きな強みであったはずの投手陣は4試合で計29失点。先発と第2先発要員全員が失点を喫した。元々打高な傾向で知られるメキシコだけでなく、フーフトクラッセでプレーするオランダの国内組の打者にも難なく対応されたばかりか、鋭い当たりを連発されたのは多くの日本人にとってショックであったはずだ。

 打線についても不安な点は残る。第1戦では9投手をつぎ込んだメキシコの目まぐるしい継投策の前に不発に終わり、3-7で黒星を喫した。オランダとの2試合ではともにビッグイニングを作って追いつくシーンがあったとはいえ、それはいずれも大谷翔平の一打がきっかけとなったもの。東京ドームの天井裏に打球を叩き込むという、ある意味ホームランを打つよりも難しい芸当を披露してみせた彼の怪物ぶりは今回も相変わらずだったとはいえ、彼が口火を切らなければ打線がずっと沈黙したままだった可能性は拭い去れない。

 国際試合では、一次リーグでの各国との対戦は一か国につき1度しかないのが普通。大会が進んでいっても、再戦の機会はせいぜい1度残されているかいないかといったところだ。言い換えれば、目の前の1試合できっちり白星を手繰り寄せられるか否かが大きな勝負の分かれ目であるということ。対メキシコ第1戦で見せたような「初物」への対応力の乏しさは、国際試合においては致命傷とすら言ってもいいのだ。しかも、ここ最近新設された国際大会は一次リーグでの対戦成績がそのまま二次リーグ以降にも持ち越されることが多く、なおのこと「目の前の試合をいかに取りこぼさないか」というテーマの重要性は増している。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本プロ野球
MLB
ヨーロッパ野球
国際大会
タグ:
日本プロ野球
MLB
ヨーロッパ野球
国際大会

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

WBC2017 組み合わせ・日程の発表を受けてのざっくりとした展望・概要など ver.3【世界の野球】

侍ジャパンについて 「投手陣、使用球、大谷の起用法、監督など」【ふわっとにわか野球論】

WBC2017メンバー考察2~強化試合を受けて。【巨人 蹴球 Deportes】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:37
  • 累計のページビュー:1564786

(05月16日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss