欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

Numberの記事に抗議の意を表します

このエントリーをはてなブックマークに追加

 正直言ってこういうことは俺としてもやりたくないのですが、これについては思わず言わずにはいられなかったということでご理解いただければ幸いです。

 昨日、Number誌がこのような記事を彼らのWebサイト上で公開しました。

侍ジャパンは「日の丸」の無駄遣い!?興業ありきの試合に発展の道はない http://number.bunshun.jp/articles/-/822791

 これに対して、下記の通り抗議するとともに内容の即時撤回を要求する内容の文章を送ったので、読者の皆さんにも公開しようと思います。

 (引用ここから)  貴社の鷲田康氏が執筆された「侍ジャパンは日の丸の無駄遣い!?興業ありきの試合に発展の道はない」を拝読しました。率直に申し上げて、この記事に書かれている内容には一切同意できません。

 私は2010年より、「欧州野球狂の詩」というブログを通じて欧州球界にまつわるあらゆる情報(リーグ戦の結果速報、選手移籍情報、新球場建設などの各種大規模プロジェクト、独自視点でのコラムなど)を発信し、おかげさまで6年間多くの野球ファンの方々に欧州野球関連の情報発信基地としてご利用いただいてきました。2012年にはNPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジを立ち上げるとともにその代表に就任し、自ら国際的な野球発展のための活動にも携わってまいりました。今回の日欧野球絡みでも、NPBさんや博報堂さんなどから直々に依頼され、侍ジャパン公式サイトでも記事を書かせていただいております。

 文章中では、「欧州代表の選手たちは目玉となる大リーガーがいるわけでもなく、普段は大工をやっているようなセミプロばかリ。魅力にも本気度にも欠ける」とありましたが、そもそも今回の試合は「普段マイナースポーツとして欧州諸国でプレーしている選手たちに、自分たちの世界の中での立ち位置と野球大国の空気を肌で感じてもらう」ことを目的に行う物であり、最初から大リーガーの招集を日本側としても想定してなどいません。この目的に照らして考えるならば、大リーガーの招集はむしろ意味がないものであるからです。

 今の世界の野球界(それは日本とMLB以外の世界も含めての話です)が目指しているのはズバリ国際化であり、これまでは列強として見なされてこなかった欧州やアフリカ、中東などの新しいマーケットの発掘です。今回の試合もその大きなビジョンの下に開催されるのであって、決して無意味なものでも日の丸の無駄遣いなどでもありません。「世界との戦い=大リーガーを擁するチームとの対戦」という時代はとっくに終わっているのです。むしろ、仮にも日本を代表するスポーツ専門紙である貴社のような媒体が、そうした時流を読む能力に全く欠けていること、マクロ的な視点に立った記事を執筆し発信できないことに心底危機感を覚えます。

 私は記事中で「普段は大工をやっているような」と触れられている、欧州リーグの選手たちとも直接繋がりがあり、今回の試合開催にあたっても本人たちに対して取材を行っていますが、この試合を取るに足らない単なる親善試合や興業と捉えている者などただの1人もいません。彼らにとっては、ずっと世界屈指の野球大国として君臨しながらも代表戦の文化が定着しなかった日本とやっと対戦できることは、彼らにとってメジャースポーツとしてのブレークスルーを果たす絶好の機会であり、叶わないはずだった夢だからです。そうした思いを黙殺するばかりか、MLB傘下の選手ではないという肩書だけを理由として、ろくなものではないと片づけてしまう論調には激しい憤りを覚えます。

 私は過去6年間、ブロガーとしての活動を通しては一切の収入を得ることなしに現地との人的ネットワークを築き上げてきました。残念ながら、資金的な問題からいまだに現地取材に行くことは叶いませんが、それでも非常に多くの関係者に信頼頂きこのたびのNPBさん他からの仕事も請け負うまでになっております。しかし、鷲田氏をはじめ貴社のライター諸氏は皆れっきとしたプロではないのですか。サッカー関連の記事を担当されている方など、実際に現地にも渡航されているケースも少なからずあるはずです。であれば、何故鷲田氏は欧州の選手たちの話を直接現地まで聞きに行かれなかったのか。プロのスポーツライターにとっては通常業務の範疇ではないですか。それを怠ったまま、一方的に日本側の都合だけを書きつづっただけの記事を配信されることを私は看過できません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球のお仕事
タグ:
日本プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Numberの記事に抗議の意を表します

私もこのNumberのコラムを読み、残念な気持ちになっていた1人です。
代表的なスポーツ誌であるNumberがこのような内容のコラムを掲載したのは非常に残念に思いました。

侍ジャパンの存在意義であったり、侍ジャパンと欧州代表のグローバルマッチの開催意義は、単に日本チームの強化だけを目的としたものではないと思っていますし、「興行ありき」のものでもないと思います。

この試合は世界51か国で生中継されるそうですが、野球の国際化、世界的な発展のために、大切な試合ではないでしょうか。

野球先進国の1つである日本が、発展途上にある欧州各国の選手たちと試合をすることは、野球を世界に普及していく大きな役割を果たすことになると思いますし、そのような役割を侍ジャパンは担っていると思います。

コラムには”2つの国際大会”とありましたが、野球がオリンピック種目へ復活するためにも、WBCの大会価値を更に高めていくためにも、野球界を世界的に底上げしていくことが重要だと思います。

Numberのコラムには、欧州代表に対する理解もリスペクトも感じられない記述も見られますが、まだまだ野球が世界的なスポーツと言えない現状のなかで、日本の野球と侍ジャパンの利益のみを考える訳にはいけないと思いますし、侍ジャパンは野球の発展を見据えた活動を続けていって欲しいと思います。

「Numberの記事に抗議の意を表します」へのコメント

初めまして。

野球という素晴らしいスポーツを愛するものとして管理人様の姿勢には敬意を表します。
言論の自由?
イスラム国とフランスの問題の時にも感じましたが言論の自由の名の元に個人や特定の団体を批判、中傷することが許されるなんて民主主義の弱点ですよね。
何を書くのも何を言っても人を傷つけても見下しても自由で許されるなんて受け入れられませんね。
管理人様はファッションではなくずっと欧州の野球を見ておられます。そして野球の国際化には欧州での発展は不可避です。
サッカーと比較する必要などないと思います。サッカーは魅力的なスポーツでありFIFAはなんだかんだで完成度の高い組織です。 が、野球には野球の発展を望みます。 世界の野球をプレーする選手たちがより高いステージでプレーすることを応援し、より多くの人に野球を知ってもらうことに意義があり、そのきっかけとしては今回の取り組みは大きな意味があると私は感じます。 そこに我が国のプロ野球が関わるのであれば諸手を挙げて支持します。
ナンバーは好きな雑誌ですがそういったスポーツ発展の視点で記事を書いてもらいたいと私も思います。

これからも野球の布教に尽力を続けて下さい。 陰ながら応援させていただきます。
未来の野球に幸あれ。

Numberの記事に抗議の意を表します

初めまして、いつも拝見しています。
アテネ五輪でのギリシャ代表の活躍をきっかけに独立リーグや海外の野球に興味を持ち、今回の欧州選抜戦を受けて感慨深いなあ、なんて思っています。

思っていたのですが…この記事。
仮にもプロのトッププレーヤーがシーズン前の大切な時期に試合をするというのに、選手に対するリスペクトがあまりにも欠けています。
それを楽しみにしているファンに対しても失礼だし、「水を差すな」という気持ちです。
また、天下のNumberさんがこのレベルの見識というのは甚だ残念です。
僕も管理人さんの抗議を支持します。

Numberの記事に抗議の意を表します

>まろうどさん
野球の国際大会が代表ごっこにしか見えないというのは、まぁ確かにある側面から見ればその通りなんでしょうね。野球界とサッカー界はそもそも成り立ちからして異なっており、サッカー界が代表とクラブを両立する形で発展してきたのに対し、野球はこれまで国内リーグありきでやってきましたから。実際に現場でプレーしている選手たちが、「代表ごっこ」という表現を受け入れるかどうかは全く別の話ですがね。

「サッカーのようなまともな代表システムを~」と仰いますが、それについては野球界全体として導入していく方向で既に何年も前から動いています。そもそも今回の試合自体も、ヨーロッパ勢にメジャースポーツとしてのブレークスルーを果たし、将来的に列強国の一員として国際大会でも一大勢力となることを促すためのきっかけとして行われるものです。なので、自分の批判に対してそのような指摘をされるのは順番が全く逆です。明快な根拠も抜きに100%無理と決めつけるのもどうかと思いますしね。

それと、自分が批判しているのは鷲田氏の記事執筆に対する姿勢です。たとえ個人的に興味があろうがなかろうが、そんなことははっきり言ってどうでもいい。彼はプロのライターとしてこれで飯を食っているのですよ。そのうえで対戦相手の「ガチ感」なるものに記事中で云々するというのであれば、その裏付けのためにも少なくとも日本でプレーする欧州代表選手に対しての取材はするのが当たり前でしょう。その最低限の仕事すらできないからこそ看過できないと書いたのです。あなたは自分が興味のない仕事なら手を抜いてもいいとでも仰るつもりですか?

こんな記事も読みたい

福岡ソフトバンクホークスの親善試合対戦相手 サムソンライオンズはどんなチームだったのか【韓国スポーツ考察(旧「データから見る韓国野球(2013年度版)」)】

背番号27、上村和裕【深紅に燃えるスクワット】

当ブログ式安仁屋算【カープについて書いてみようと思いまして】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:1566911

(08月13日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss