欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

裏切り者に夢を売る資格なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際のところ、その事実に感づいていた人間は少なからずいたかもしれない。だからと言って、隠ぺいが行われたという事実が許されるわけではない。NPBが昨日認めた、統一球の仕様変更に関する件についてだ。この知らせが列島を駆け巡るや否や、ネット界隈のプロ野球ファンたちはたちまち大騒ぎになった。今まで頑なに「やってない」と言い続けてきたことをついに「自白」したわけだから、それも当然だろう。

 NPB側の言い分は大筋でいうとこうだ-2011年から使用していた統一球は、NPBが定める反発係数の下限である0.4134(上限は0.4374)に近づけた数値で製造されていた。ところが、実際にNPBから公認され公式戦などで使用されていたボールの中には、その値をさらに下回る「飛ばなすぎる」ボールも含まれていた。シーズン中に行われるボールの検査では、複数の球場から選んだボールの平均値が0.408という数字をたたき出すことすらあった。この状態を是正するため、2013年シーズンから反発係数の是正を行った。事実を公表しなかったのは、「発表することによる無用な混乱を防ぐため(下田邦夫事務局長)」である-。

 よく考えてみれば、過去2シーズンのプロ野球では貧打の試合があまりにも目立ちすぎていた。毎年のように年間1000本を超えていたシーズン総本塁打数は、11年は939本(1試合当たり1.09本)、12年に至っては881本(同1.02本)と激減(2010年までが1試合当たり1.86本の1605本ということを考慮すれば、異常な数値と言っていい)。3割打者が激減する一方で、防御率ランキングの上位は軒並み1点台の投手で占められるようになった。

 あまりの投高打低ぶりだったこの2シーズンと比べれば、今季は341試合を消化して512本塁打、1試合当たり1.50本と改善されている。昨年はシーズン通算で24本塁打だったDeNA・ブランコ(去年までは中日所属)が、今年は既に23本塁打を記録しているのが象徴的だ。リーグ全体で見ても、今年は昨シーズンまでと比べてはるかに打撃戦が増えている。「DeNA12x-10巨人(5/10、@横浜スタジアム)」や「オリックス9-8DeNA(6/8、@横浜スタジアム)」などといったスコアは、どちらも投手陣に課題があるDeNA絡みで、しかも打者有利で有名なハマスタで開催されたゲームであることを差し引いても、昨年まではそうそう拝めなかったものだろう(無論、どちらもその馬鹿試合っぷりには賛否両論あるかもしれないが)。

 いずれにせよ、見た目にもより試合が分かりやすくなった事を考えれば、ボールの仕様が変更されたこと自体はポジティブなことであり、その決断自体には何の問題もない。むしろ俺が許せないと思うのは(俺がというより、これは日本全国のファン誰もが共通して感じていることかもしれないが)、何故その仕様変更を行った事実をNPBが素直に公表せず、逆に選手や現場に対して隠蔽したのかということだ。変えたなら変えたで最初からそう言えばいいものを、今更この時期に発表するなんてどういうつもりなのか。無用な混乱を防ぎたかったと言いながら、かえってパニックを増大させただけじゃないか。

 たとえどのような形のものであれ、ボールやバットといった用具の規格変更は、そのまま試合の内容にも直結する問題だ。ボールが飛びやすくなったり飛びにくくなったりすれば、その都度投手の打者に対する攻め方だって変わるし、フォームにだって当然影響が出る。ましてそれがプロという舞台におけるものであれば、日本プロ野球選手会の嶋会長(楽天)が指摘したように、選手の労働条件にも大きな影響が生まれることになるわけだ。前年度の成績によって、出来高契約を結んでいる選手だってたくさんいるんだからね。

 用具の規格が変わることによって、実際のプレーの上で戦略上様々な変化が生まれるのは、何も野球に限らずあらゆるスポーツにおいて共通だ。だからこそ仕様変更を行った際は、その競技の統括団体は速やかにファンや現場に対して、その旨を公表する義務がある。今回の仕様変更はNPB曰く、違反状態にあった反発係数を是正するための正規の変更であったとのこと。しかし、従来のボールを統一球に変更したのだって、同じ正規の変更であったことは事実だろう。前者はひた隠しにし、後者はきちんと公表したというのは、明らかに態度として矛盾しているしダブルスタンダードと言わざるを得ない。

 今回NPBが公表をしてこなかった理由としては、いくつかの推論が既に報じられている。シーズン開始前に変更したことを明らかにすれば、手元にある違反球が在庫として残ってしまう。過去2年間のシーズンの記録に疑義をはさむ者も出てくるかもしれない。統一球を肝いりで導入した、加藤良三コミッショナーのプライドもずたずたになるだろう。確かにそれらは現実味のある根拠とは言えるだろう。しかし、その中にファンや現場の方をきちんと向いたものはあるのか?少なくとも俺にはそうは思えない。そんな現場やファンをないがしろにするような考え方しかできないような組織に、プロスポーツという産業を担う資格なんてあるんだろうか?

 プロスポーツとは興業であり、エンターテイメント産業の1つだ。その使命は見に来た人々に非日常の空間を提供し、一時の夢を見せること。そして大事なのは、その存在は人々の生活を豊かにする潤滑油にはなっても、例えば日用品や食品などの業界とは違って「それ抜きには社会が機能しない」というくらいの必要不可欠のものではないということ。そしてその商品は売り手である背広組自身ではなく、現場にいる選手たちをはじめとする人々が生み出す無形の価値であるということだ。だからこそ、プロスポーツ産業の運営を担う者たちは、常にファンや現場に対して真摯な姿勢であり続けなければならないし、彼らとの信頼関係を壊さないような努力をし続けなければならない義務があるんだ。

 それを考えれば、NPBの隠ぺい体質は断じて許されるようなものじゃないし、今回のケースも断罪されてしかるべきものといえる。例えば、あるホテルが宿泊客に対して隠し事をしていたらどうなるだろう。その隠し事というのが、例えばカップルへの婚約祝いなどのサプライズを目的とするものであれば、それはそういう演出なのだからむしろシークレットにして然るべきだろう。しかし、それが例えば宿泊料金に関する手違いなど、よりシリアスなものだとしたら?そのミスが発覚した時、すぐにお客さんにお詫びすれば「なんだよお前、しっかりしろよ」というお叱りで済んだかもしれないものが、手違いをひた隠しにし続けたがために「こんなホテル、2度と使わないからな」に変わることだってあるんだよ。

 ホテルやプロ野球に限らず、客商売において非常に重要なのはいわゆる常連さんの存在だ。顔なじみとしていつも熱心に利用してくれて、応援もしてくれる人たちの存在は、商売している側からすれば本当に大切なものだし大事にしなければいけないものなんだよ。そしてそういう熱心なサポーターほど、いったん裏切られたと感じると敵対的な関係になってしまう。お客さんの方からしてみれば、それだけの思い入れを持って信頼していたわけだからね。だからこそ、客商売なのに客をないがしろにするなんて態度は、本来ならばありえないし言語道断なんだよ。

 でも、トップが元官僚の天下りのNPBにとっては、そんなごく当たり前の常識も常識じゃなかったらしい。まだ社会人2年目で学ばなければいけないことも多い立場であり、ビジネスの神髄に触れたとはお世辞にも言えない俺ですら、上で述べてきたようなことは当然理屈として知っている。商売人にとってのイロハのイなんだから当たり前だろう。たとえどんなに歴史と伝統があり、これまでは日本一のプロスポーツ統括団体としてずっとやってきたとは言っても、そんなビジネスの基本中の基本すら知らないような連中に、俺はこれ以上日本プロ野球を担ってもらいたくはない。

 12球団全てでボールを統一するという発想自体は、競技の公平性を考えればいいことだし続けるべきだとは思う。でも、その統一を行った結果内規違反の粗悪品がリーグ戦で使用され、しかもその是正が隠蔽されていたというのではあまりにも酷すぎる。しかもこの統一球、NPB意外にもキューバや台湾のリーグ、さらにはIBAF主催の国際大会においても使われていたというから、開いた口がふさがらない。日本国内はおろか、海外にまで迷惑をかけたのははっきり言って恥としか言いようがないし、国際野球ファンとしても黙ってはいられないよ。ジャパンブランドに大きな傷をつけたという意味でも、罪は大きい。

 考えてみれば、NPBは昔から都合の悪いことはファンに対してひた隠しにする傾向があった。2004年の近鉄とオリックスの合併騒動だって、ストライキにまで発展したのは密室で協議が進められ、現場やファンをないがしろにし続けた態度が怒りを買ったからじゃないか。9年前にあれだけの大事件があったのに、なぜその事例から学ばない?学べないのか?学びたくないのか?学ぶ度胸もないのか?今回の一件でのファンや現場の怒りは、某投手がマウンド上で爆発炎上した事例とは全く次元が違うよ。あの球史に残る大汚点を経験しておきながら、何1つ組織として成長していないとは情けないにもほどがある。

 真面目な話、こんなことばかりいつまでもやっているのなら、NPBには今すぐその看板を下ろしてもらいたい。NPBの現役員たちに対しては、総退陣を求める声が多数上がっているけれど、この組織の隠蔽体質を考えたらそれでは生ぬるいと思う。今のNPBを存続させるくらいなら、いっそメキシカンリーグのようにMLB傘下にでも入った方がよっぽどマシじゃないのか。一度ガラガラポンして、本気で0からやり直すくらいじゃないと、きっとまた俺たちは裏切られるよ。もちろん口で言うほど簡単じゃないし、暴論であることは認めよう。でも、そんな極論を吐かなければいけないくらい、NPBが組織として腐っているのも確かだと思うんだ。この一件で野球を嫌いになることはないけれど、もう俺はNPBにはいい加減愛想が尽きたよ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本プロ野球
タグ:
NPB
日本プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

裏切り者に夢を売る資格なし

一部で上がっている声として、確かに加藤氏の責任の所存は問題だけど、隠蔽とか裏切りとかは騒ぎ過ぎじゃないか?って声があります。
これには一定の理があるなとも思います。実際一般の企業体や行政の隠蔽工作と比べると、どれほどの既得権益があり、一般損益があがっていたのかというと、それほど大きなものがあったようには思えないのも事実です。例えば統一球が変更されると分かっていたら引退していなかった選手やらインセンティブが変わってくるという指摘もありますが、ボールの仕様変更の権限自体は隠蔽の有無にかかわらずコミッショナーがもともと有していた事で、統一球の是非自体は議論にもなりましたが、変更の権限に関しては選手会も従う意向を表してきました。そういう点では、隠蔽の有無に関わらず一定数仕様変更に伴い成績を落とす選手、インセンティブを獲得できない選手は必ず出ます。反対に成績を上げる選手も必ずいる。巨人の橋上戦略担当は、「12球団共通して仕様が変わっていたのだとしたら、コーチとしてやることには、何ら問題ない」と職種上限定の見解を出しています。

とはいえ、上記の事がじゃあ本当にたいしたことではないのか、という点に話を戻すと、私は上のまるさんの意見に実は興味深い点があると思います。今回の騒動がなぜ起こったのかというと、やはりコミッショナーサイドに、コンプラに対しての意識が、過去から連綿と受け継がれている興業という意識から、非常に低いんじゃないかと思うんですよね。隠蔽することで、裏でどんなアクドイ事が行われ、暴利をむさぼっているか、という事はそれほど心配していません。大した裏取引なんてないでしょう。だからこそなあなあでいいだろう。平均係数がちょこっと変わってもまあみんなが頑張ったで済むだろう、という甘い認識が体質としてある気がします。
全く別の問題なのですが、個人的には、MLBで大問題となっているドーピング問題に関しても日本は認識が甘すぎる気がしています。ミッチェル報告書にはアレックスカブレラの記載があったにもかかわらず、未だに彼はホームランの日本記録保持者であり、しかもソフトバンクはドーピング疑惑後も彼を獲得しました。この辺にコンプラ意識に今回の件が寄与するといいんですがね。

裏切り者に夢を売る資格なし

何か、回りが大袈裟に騒ぎすぎている感じがします
去年は飛ばないと言い、そして今年は飛びすぎという
しかも、普段あまり細かく伝えないマスコミはじめ各位が
こういうときだけ騒ぎ立てる
何かそっちの方がガッカリですね

裏切り者に夢を売る資格なし

>まるさん
確かに、統一球になる以前からも秘密裏での反発係数の修正はあったかもしれません。でも、まるさんご自身が「あったんでしょ」と仰ってることからも分かるように、100%明確に断言できる証拠があるわけじゃないでしょう。今回の場合は選手自身が「何も言われてないのに明らかにボールが変わってる」と証言していて、NPBが隠蔽していることがほぼ明らかになっていました。過去のケースとは事情が違います。

仮に以前から係数が修正されていたのが事実だったとしても、今回のように違反球が普通に出回っていたようなケースとは根本的に事情が違うのでは。あの悪名高きラビットボール時代でさえ、係数自体はルール上別に問題なかったそうですからね。なので、今回のケースは過去のものとは分けて考えるべきだと思います。

統一球に関しては、好き嫌いの問題ではなく導入する必要があったから導入されたのだと自分は考えています。これまでのように野球が国内完結で終わる競技であり続けるのであれば、別に球団によって規格がバラバラでもまぁ問題はなかったでしょう。しかし、WBCという国際大会ができた今は事情が違います。異なる球団の選手たちが同じチームで戦う場ができた以上、少なくともボールの規格が国内で千差万別であっては困るんですよ。野球というスポーツにとって、国際大会が全てである必要は必ずしもないと思いますが、現実にそういうものがある以上は日本球界としても対応すべきです。

だから、統一球を使い始めたこと自体は自分は支持していますよ。もっとも、そのクオリティがあまりにも低すぎて、プロ野球で使うべきレベルの代物じゃなかったという点に関しては別の話ですがね。

裏切り者に夢を売る資格なし

昔から反発計数の微修正はずっとは秘密裏にあったんでしょ。
統一球になる前の10年間の2001~10でも、
毎年各球団の使用球の計数の修正・変更はあったんでしょ。
今回のだけ言うのはフェアじゃない。

私はそもそも統一球自体に反対。
ボールを統一するなら、バット・グラウンドも統一すべきで、
それができないなら、規定内なら各球団で自由に選ぶべきである。

こんな記事も読みたい

情けない 本当に【イーグルスを応援し 競馬を楽しむ18歳のスポーツ観戦記】

西川遥輝【ファイターズ好きの一人言~数字にこだわらない分析】

巨人戦再び!逆襲への挑戦!【オリだぶ】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:1566911

(08月13日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss