欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)

AAA世界選手権、いよいよ明日開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の夏を大いに沸かせた高校球児たちが、一堂に会する高校日本代表。彼らが世界と相対する数少ない舞台である、AAA世界選手権がいよいよ明日、韓国・ソウルで開幕します。

 今大会に参加するのは、日本・韓国・台湾・オランダ・チェコ・イタリア・アメリカ・カナダ・ベネズエラ・パナマ・コロンビア・オーストラリアの、全12か国。6チームずつの2グループに分かれて、総当たり形式の第1ラウンドを戦った後、両グループの上位3チームずつが第2ラウンドに出場。第2ラウンドでは、それぞれが第1ラウンドで対戦していない国と戦い、第1ラウンドを含めた成績上位2チームが、9月8日の決勝に出場することになります。

 この大会に出場する日本代表は、高校野球ファンからも非常に注目を集めています。というのも、今回の代表ロースターには、藤浪晋太郎(大阪桐蔭)、浜田達郎(愛工大名電)、大谷翔平(花巻東)のいわゆる「高校ビッグ3」が、揃って名を連ねているから。特に、エースナンバーを背負う160km右腕の大谷は、県大会決勝で敗れて惜しくも甲子園出場を逃しただけに、今大会はある意味ではリベンジマッチと言えるかもしれません。

 また、注目すべきは野手陣も同様。特に、田村龍弘と北條史也の光星学院コンビは、破壊力満点の長打力を誇る3・4番コンビとして注目され、甲子園でも揃って活躍を見せました。田村は捕手登録ながら、今回は小倉全由監督(日大三高)が、正捕手に森智哉(大阪桐蔭)を据える方針であることから、三塁手として起用されることが濃厚。打線ではもちろん、守備でも三遊間コンビを組むことになるこの2人は、日本にとってまさに鍵となる存在と言えるでしょう。

 とはいえ、このブログにとっての注目株は、もちろん我らが日本代表だけではありません。既述の通り、今大会にはヨーロッパ勢3チームが参戦。そのうち、チェコとイタリアは日本と同組で、しかもチェコは日本にとっての開幕戦の相手となるのです。日本の野球ファン誰もが注目するビッグ3と、知る人ぞ知るヨーロッパの超新星とのマッチアップ。国際野球ファンにとっては、まさに垂涎物と言って然るべき対戦カードなんです。

 今回のチェコ代表のロースターには、特に注目すべき3人の選手が名を連ねています。ヤコブ・オンドラチェク、フィリップ・モステク、アダム・ハイトマーという面々は、2009年にアメリカ・ペンシルベニア州ウィリアムズポートで行われた、リトルリーグのサマーキャンプに参加。ウィリアムズポートは、つい先日日本代表(東京北砂)の優勝で幕を閉じた、リトルリーグワールドシリーズの会場であり、同リーグにとってはまさに聖地と言える場所です。この3人は、前年にリトルリーグのプログラムを始めたばかりのチェコにとっては、まさにユース世代の宝と言える存在というわけ。

 当時、3人をアメリカに率いたデビッド・ウィンクラー氏は、今大会でもチェコ代表の指揮官として、彼らとともに日本に挑みます。方や名門中の名門と言える強豪校で、まばゆいスポットライトを浴びながら成長を続けてきた野球エリート。方や一部のコアファン以外からの熱視線を受けることなく、「日の当たらない場所」で黙々と牙を研ぎ続けてきたダークホース。この両者が1点で交わる開幕戦は、全く違う道筋を歩んできた球児たちのプライドが、激しくぶつかり合う場所となることは間違いないでしょう。

 一方のイタリアは、今月初めにお伝えしたMLBヨーロッパアカデミーにも参加した、ダビデ・アンセルミ、マルテン・ガスパリーニ、ロレンツォ・グラダーリ、ロレンツォ・マエストリといった面々を、代表ロースターに揃えてきました。今月15日に日本テレビの「1億人の大質問!?笑ってこらえて」にも登場した、U-15代表の注目の捕手、セルジオ・チェスタレッリは、「16~18歳まで」という年齢制限のために、残念ながら今大会への出場はなりませんでしたが、世界最高峰リーグが惚れ込んだ才能がずらりと並んだ今回のメンバーは、日本にとっても侮れない存在と言えるのではないでしょうか。

 もちろん日本人である以上は、日本代表の優勝を全力で願っている俺ですが、一方で国際野球ファンとしては、特にヨーロッパ勢が彼らに簡単にひねられるところは、できればあまり見たくないのも本音。既にシニア年代においては、W杯でのオランダ世界一や、マエストリ(オリックス)とリッディ(マリナーズ)のWアレックスの存在により、ヨーロッパ野球の実力は日本でも評価され始めていますが、高校年代においてもヨーロッパ勢が日本とも互角にやれるのだというところを、できれば示してもらいたいですね。日本のスターたちを相手にどこまで食らいつけるか、そのあたりも1つの見どころとなりそうです。

 今年度限りで、現行のAAA世界選手権としては廃止され、来年からはMLBとIBAFが共催する「U-18WBC」に移行することが決まっているこの大会。1つの区切りとなる一戦だけに、有終の美を飾るにふさわしい熱戦になってほしいところです。ドリームチームで挑む日本代表には、ぜひ表彰台の中央で笑ってもらいたいものですね。なお、この大会での日本戦の模様は、第1ラウンドは朝日ニュースター、第2ラウンド以降はBS朝日で中継されるそうです。熱戦に期待しましょう。

ソース一覧
http://www.ibaf.org/en/competition/53f63b49-49b3-437f-9f81-dcc5f0ab06a0
http://www.mister-baseball.com/czech-players-attend-league-baseball-camp-williamsport/



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国際大会
タグ:
国際大会
ヨーロッパ野球
日本
チェコ
オランダ
イタリア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

主張とリスク【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

夢をつかむチャンス【読売ジャイアンツ3−4新潟アルビレックス ジャイアンツ球場】【ミーハーが書くマイナーな野球記】

25日目 日本 鈴木和馬【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconsystemr1851

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

ご連絡はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jpまで(☆を@に変えてください)
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:1566921

(08月14日現在)

関連サイト:@systemr1851

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. G.G.佐藤解雇に見る、日欧球界の価値観の違い
  2. 信頼を裏切った罪は重い
  3. AAA世界選手権、いよいよ明日開幕
  4. イタリア産「世界最強新人」、ロイヤルズと契約か?
  5. Numberの記事に抗議の意を表します
  6. 「MLB王者=世界一」は本当か?
  7. 「本気かどうか」は戦ってから言え
  8. 欧州出身最強右腕、いよいよNPBへ!!
  9. ちょっと冷静になって考えてみた
  10. 裏切り者に夢を売る資格なし

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
11
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
03
02

このブログを検索

https://www.twitter.com/systemr1851

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss