スカンジナビア・サッカーニュース

スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのサッカーを紹介します

swe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中 もっと見る
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:2197783
  • (03月25日現在)

最新の記事

リヨンで新たな役割を与えられているシェルストローム

フランスリーグ、オリンピック・リヨン所属のスウェーデン代表MFキム・シェルストロームが、クラブにおいて新たな役割を与えられている。 セントラルMFを主戦場とするこの26歳だが、今季はサイドバックを務める選手が相次いで故障で離脱したことにより、不慣れな左サイドバックを務めることが少なくなかった。しかしながら、サイドバックの選手が相次いで怪我から復帰すれば、シェルストロームは本来の中盤でプレーする......続きを読む»

ノルウェーとデンマークがUEFAフェアプレー賞に

UEFA(欧州サッカー協会)は、UEFAリスペクト・フェアプレーランキングの最終結果を発表し、今年はノルウェーが1位に輝いた。2位には同じくスカンジナビアのデンマーク、3位にスコットランドがランクイン。スウェーデンは4位に終わった。 上位3協会には、国内リーグのフェアプレー・ランキングの1位のクラブをヨーロッパ・リーグに出場登録する権利が与えられる。 ノルウェーのフェアプレー・ランキング首位......続きを読む»

アルスヴェンスカン第8節・ヘルシンボリ、難敵ブロンマポイカルナに圧勝し首位をキープ

サッカースウェーデンリーグ、アルスヴェンスカン第8節が7‐11日、各地で行なわれた。 前節、マルメとのスコーネ・タービーを制し首位に立ったヘルシンボリは、敵地に乗り込みブロンマポイカルナと対戦した。 昇格組ながらここまで4位と健闘している相手で、しかもヘルシンボリにとってアウェーということもあり、拮抗したゲーム展開になるのではないかと予想された。だが、蓋を開けてみれば一方的な展開となった。 ......続きを読む»

ニューカッスルのローヴェンクランズが得点を挙げる

イングランド・プレミアリーグ、ニューカッスル・ユナイテッド所属のデンマーク人FWペーター・ローヴェンクランズは11日、本拠地で行なわれたミドルズブラFC戦に出場。終盤に得点を挙げ、勝利に貢献した。 29歳のデンマーク人レフティは、65分に交代でピッチに入ると、その20分後にチーム3点目となるゴールを決めた。試合は3対1でニューカッスルが勝利。これでチームは、順位を17位に上げ、降格ゾーンから脱......続きを読む»

スタベックの小林、カップ戦でゴールを決める

ノルウェーリーグ、スタベックIF所属の日本人MF小林大悟は10日、国内カップ1回戦の対サンデル戦に出場し、PKによるゴールを決めた。 いつも通り右サイドハーフとして先発した小林は5分、自らが得たPKを落ち着いて決め、チームに先制点をもたらした。試合はスタベックが5対0で勝利した。 2009年5月10日 スタベック公式HPより 試合のハイライトはこちら(スタベック公式HPより) オ......続きを読む»

ティッペリーガエン第8節・不調のスタベック、17位に転落

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第8節が6-7、9日、各地で行なわれた。 これまでなかなか調子の上がらない昨季の王者スタベックは、敵地に乗り込みボード/グリムトと対戦した。 選手の質・両ともに圧倒しているだけに、スタベックにとっては是が非でも勝ち点3を獲得したいところだったが、みずからのミスによって出鼻をくじかれてしまう。開始2分、ションスベリがロングボールの処理を誤ったことによってルー......続きを読む»

シェルストローム、来季はトッテナムかエヴァートンか

フランスリーグ、オリンピック・リヨン所属のスウェーデン代表MFキム・シェルストロームは、今季終了後にクラブを退団する可能性が高い。フランスのメディアによると、上記2クラブはこの26歳のレフティに対して8500万クローナ(約10億8000万円)を支払う用意ができているとのこと。 シェルストロームは今季、ベンチを温めることが多く厳しい状況に置かれている。チームも、マルセイユとボルドーに勝ち点7差を......続きを読む»

アルスヴェンスカン第7節・スコーネ・ダービーはヘルシンボリに軍配

サッカースウェーデンリーグ、アルスヴェンスカン第7節が4‐6日、各地で行なわれた。 オリンピアで行なわれたヘルシンボリとマルメのスコーネ・ダービーは、緊張感溢れる一戦となった。 試合を通じて得点機はほとんどみられなかったが、それは両チームとも高い守備力を発揮したから。0対0のまま試合は90分を経過しようとしていたが、89分、ついにヘルシンボリが均衡を破った。その主役は、”ヘンケ”ことヘンリク......続きを読む»

ベントナー、ナイトクラブで泥酔した姿を撮られ謝罪

イングランド・プレミアリーグ、アーセナルFC所属のデンマーク代表FWニクラス・ベントナーは6日、泥酔した状態でナイトクラブをあとにする姿を写真に撮られた。 この20歳のデンマーク人は、5日に行なわれた欧州チャンピオンズリーグ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに敗れ決勝進出を逃した悲しみを癒そうと、ロンドンにあるナイトクラブ「Boujis」を訪れた。 だが、そこで完全に酔いつぶれてしまったベント......続きを読む»

ティッペリーガエン第7節・ローゼンボリ、首位をキープ

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第7節が4月30-5月3日、各地で行なわれた。 首位ローゼンボリは、本拠地レーケンダールでフレデリクスタと対戦した。 ホームでの直近2試合(対ブラン、対グレーンラン戦)ではともに引き分けという不本意な結果に終わっていた”トロルの子どもたち(チームの愛称)”だが、この日は14分という早い時間帯に幸先よく先制する。右サイドでサパラが粘ってキープし、オーバーラッ......続きを読む»

42歳のベングト・アンデションがオルグリテで現役復帰

スウェーデンリーグ、IFKヨーテボリの元GKで、2007年を最後に現役を退いていたベングト・アンデションが4日、オルグリテISと契約を結んだ。期間は3ヶ月だが、契約延長のオプション付きだ。 オルグリテのヤンネ・カールソン監督は「ベングトは、今日の我々の守備にとってまさに必要な選手だ」とコメントしている。 アンデションは、1984年にGAISでキャリアをスタート。1996‐1998年にはスペインの......続きを読む»

アルスヴェンスカン第6節・ヘルシンボリのヨンソンがハットトリック達成

サッカースウェーデンリーグ、アルスヴェンスカン第6節が4月28‐5月1日、各地で行なわれた。 今節最大の注目カードは、首位AIKと強豪ヘルシンボリの一戦だ。 3連勝のあと2連敗と下降気味のヘルシンボリにとって、敵地ロースンダでのこの試合は厳しい戦いになるかと思われた。だが、ひとりの10代選手がチームを救った。FWラスムス・ヨンソンだ。 前節ハルムスタッド戦では2度の決定機を逸するなど戦犯の......続きを読む»

ヨーテボリのヴェルンブロームがオランダのAZへ

スウェーデンリーグ、IFKヨーテボリのスウェーデン人FWポントゥス・ヴェルンブロームは29日、オランダのAZアルクマールへ移籍することが決まった。チームに合流するのは7月からとなっている。 22歳のヴェルンブロームは、2004年よりヨーテボリでプレー。86試合22得点という数字を残している。 AZは、すでに今季のオランダリーグ優勝を決めており、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場が決定している。 ......続きを読む»

ティッペリーガエン第6節・スタベック、最下位ストロムスゴッセに敗れる

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第6節が25-27日、各地で行なわれた。 ここまで1勝1敗3分けとなかなか調子の上がらない昨季の王者スタベックは、敵地で最下位ストロムスゴッセと対戦した。 この試合では、前節に途中出場しノルウェーリーグデビューを飾った新加入のベリィルンドが先発で出場。同じスウェーデン出身のナンスコーグと2トップを組んだ。 相手が降格候補の筆頭であることからスタベックの優......続きを読む»

サッカー専門ブログを開設しました

はじめまして。swe1707と申します。 これまで約2年間、「スカンジナビア・ニュース」でスカンジナビア諸国のサッカー情報を紹介しておりましたが、このたびスポーツナビ+でサッカー専門のブログを開設しました。今後、スカンジナビア諸国のサッカーに関する情報はこちらで紹介していきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 ...続きを読む»

1 2 30 31 32 33 34 35 36 38

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss