スカンジナビア・サッカーニュース

スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのサッカーを紹介します

swe1707

94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンのサッカーに興味を持ち始める。 『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』などに寄稿。 email:swe1707★hotmai もっと見る
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:2200632
  • (07月25日現在)

最新の記事

元スウェーデン代表インゲソン、ガンを克服してクラブチームを指揮「私の生きがいだ」

 今季のスウェーデン・アルスベンスカン(1部)でプレーするチームのなかで、ガンを克服してチームを指揮する監督がいる。IFエルフスボリのクラス・インゲソン氏だ。  現在45歳のインゲソンは現役時代、イタリアのボローニャやバーリなどで活躍。スウェーデン代表としては1994年米国W杯でレギュラーとしてプレーし3位入賞に大きく貢献した。2001年に現役を退いたあとはウッドガーデンで勤務する傍らでテレビ......続きを読む»

スウェーデンリーグからアフガニスタン代表へ…「来年のアジアカップ出場を目指す」

 不安定な国勢によって長らく国際舞台から遠ざかっていたアフガニスタン代表が、近年急速に力を伸ばしている。同国代表は現在、来年開催されるAFCアジアカップ2015の出場権獲得に向けて着々と準備中だ。  アフガニスタン代表の歴史は意外に古い。1933年に協会が設立され、1948年にFIFAに加盟。同年のロンドン五輪にはアジア代表として出場した。だがソ連軍のアフガン侵攻や長期の内戦などといった事情に......続きを読む»

イブラヒモビッチが欧州リーグでのスウェーデン人選手最多得点者に…「さらに記録を伸ばしたい」

 フランスのパリSGに所属するスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチが8日、敵地で行われたバスティア戦で1得点を記録。母国スウェーデンを除く欧州リーグでのゴール数を226に伸ばした同選手は、故グンナール・ノルダール氏を抜いて欧州リーグでのスウェーデン人選手最多得点者となった。  バスティア戦が始まる前までゴール数225でノルダール氏とともに並んでいたイブラヒモビッチだが、キックオフから......続きを読む»

U-23スウェーデン女子選手が移民であることを理由に招集されず…本人は現役引退を表明

 スウェーデンの若手女子選手が、移民であることを理由に代表招集されないことに辟易して現役引退を表明したことが波紋を呼んでいる。  渦中の選手はスーザン・バーリ。トルコのルーツを持つ22歳のバーリは移民地区として知られるストックホルムのソーデルテリイェ出身で、昨シーズンまで国内クラブのハンマルビーに在籍。U-23代表デビュー戦となった一昨年のノルウェーとの親善試合でいきなり2得点をマークし、女子......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…フルハムの19歳タンコビッチが初招集

 スウェーデンサッカー協会は20日、来月5日に敵地アンカラで行われるトルコとの親善試合に挑む代表メンバー23名を発表した。  フルハムに所属するFWタンコビッチが初めてA代表に選出。この19歳のアタッカーには両親の出身地であるボスニア・ヘルツェゴビナの代表としてプレーするという選択肢も残されているが、ハムレーン監督によればタンコビッチは今後スウェーデン代表としてプレーすることを決意したようだ。......続きを読む»

スウェーデンとボスニア・ヘルツェゴビナがフルハムの18歳をめぐって争奪戦へ

 イングランド・プレミアリーグのフルハムFCに所属するFWムアメル・タンコビッチをめぐってスウェーデン代表とボスニア・ヘルツェゴビナ代表が争奪戦を開始している。  スウェーデンのノルショーピンで生まれ育ったタンコビッチは、IFKノルショーピンで6年間プレーしたあと2011年にフルハムに加入。今年1月14日のFC杯・ノリッジ戦でトップデビューを果たすと、その後は28日のスウォンジー戦でプレミアリ......続きを読む»

グイデッティが母国を批判「スウェーデンでは言いたいことが言えないんだ」

イングランド・プレミアリーグのストークシティFCに所属するU-21スウェーデン代表FWヨン・グイデッティが、英紙『ガーディアン』のインタビューにおいて母国を批判している。 父親の仕事の都合で幼少時代をケニアのナイロビで過ごしたグイデッティ。それだけにこの21歳は一般的なスウェーデン人とは異なるメンタリティを持っているのかもしれない。 「スウェーデンでは自分自身のことを良く言うのは駄目な......続きを読む»

スカンジナビア諸国選手・2013-2014シーズン冬の移籍マーケット情報

スウェーデン GK ヨハン・ダーリン(マルメFF/スウェーデン→ゲンチレルビルリギ/トルコ) マティアス・ヒューゴソン(イェブレIF/スウェーデン→引退) DF マルクス・ニルソン(FCユトレヒト/オランダ→カルマルFF/スウェーデン、レンタル移籍) ミカエル・スベンソン(ハルムスタッドBK/スウェーデン→引退) フレドリク・ストール(無所属→ビーボリFF/デンマーク) トム......続きを読む»

監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白

関連記事「ノルウェー代表選手が女子サッカー界のセクハラ問題を告白…元チームメートが監督から性的関係を迫られる」  今月初旬にノルウェー女子代表MFリーサ・マリー・ウッズが自身のブログにて元チームメートが所属クラブの監督から性的いやがらせを受けていたと告白したことが国内で大きな話題となっているが、その選手が自らの体験をメディアで告白した。  告白したのはレニ・ラーセン・カウリン。昨年まで母......続きを読む»

「空白の2年間」を振り返るグイデッティ…「毎日泣いていたよ」

 今月16日に行われたイングランド・プレミアリーグのクリスタルパレスFC戦で途中出場したストーク・シティFC所属のスウェーデン人FWヨン・グイデッティが、怪我や病気に泣かされた2年間を振り返っている。  2011-2012シーズンはグイデッティにとって初めて国際的評価を得た時期と言っていいだろう。レンタル先のフェイエノールトでゴールを量産し、クラブのファンからカルト的な人気を獲得。代表に目を向......続きを読む»

ノルウェー代表選手が女子サッカー界のセクハラ問題を告白…元チームメートが監督から性的関係を迫られる

 ノルウェー女子代表選手が自身のブログで女子サッカー界のセクハラ問題について告白し、大きな波紋を呼んでいる。  告白したのは、同国代表MFのリーサ=マリー・ウッズ。23試合の代表キャップを持ち、現在はオーストラリアのアデレード・ユナイテッドFCに在籍する29歳は今月9日付けの自身のブログにて女子サッカーを巣食う問題について記している。  ウッズによると、彼女の元チームメートで現役ノルウェ......続きを読む»

『フットボールチャンネル』にセクシュアルマイノリティに関する記事を書かせていただきました

 昨年2月に発売された『欧州サッカー批評7』で書かせていただいたセクシュアルマイノリティに関する記事がサッカーサイトのフットボールチャンネルにアップされました。元ドイツ代表トーマス・ヒツルスペルガーのカミングアウトが大きなニュースとなっています。よろしければご覧になってください。 「サッカーから差別がなくなる日は来るか。依然として少ない同性愛カミングアウト」 ...続きを読む»

ノルウェー紙が北欧ベストイレブンを発表…デンマーク人が半数を占める

 ノルウェー紙『VG』電子版は7日、2013年におけるパフォーマンスを基準にした北欧ベストイレブンを選出した。  ベストイレブンは以下のとおり。システムは4-4-2。 ゴールキーパー ユッシ・ヤースケライネン(フィンランド、ウェストハム・ユナイテッド/イングランド) 右サイドバック ピーター・アンカーセン(デンマーク、エスベアfB/デンマーク) センターバック ブレーデ......続きを読む»

イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か

 スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、同国の夕刊紙『Expressen』のインタビューにて「男子サッカーと女子サッカーは比較できない」と発言したことが大きな波紋を呼んでいる。  スウェーデンサッカー協会は先月、同国のサッカーアワードにて、9月に男子代表歴代最多キャップを更新したMFアンデシュ・スベンソンの功績をたたえる意味でボルボ製の自家用車を贈呈。だがその一方で、スベンソン以上......続きを読む»

スウェーデンリーグからイラン代表としてW杯行きを目指すアタシャデー

 ブラジルW杯地区予選ではプレーオフでポルトガルに敗れ、惜しくも本大会への出場権を逃したスウェーデン代表。だが同国リーグでプレーする外国籍選手のなかには来年のブラジル行きを目指すプレーヤーも存在する。ひとりはアルスベンスカン(1部)のAIKに在籍するMFセルソ・ボルヘス。クラブで10番を背負う25歳はコスタリカ代表でもレギュラーとして定着しており、同国の代表として本大会でピッチに立つ可能性は高い。同......続きを読む»

スウェーデン代表のハムレーン監督が2016年まで契約延長…続投の背景にイブラヒモビッチ

 スウェーデン代表のエリック・ハムレーン監督が5日、契約延長を行い、最長でEURO2016本大会まで同代表チームを率いることが決まった。    ポルトガルとのプレーオフに敗れ、W杯本大会への出場権を逃したスウェーデン。批判の矛先はハムレーン監督に集中し、なかには「監督を交代すべきだ」と指揮官の解任を望む声も少なからず見られた。だが、スウェーデンサッカー協会側はハムレーン監督に対して延長を要請。こ......続きを読む»

ヘンリク・ラーション氏が母国1部リーグの監督に就任「挑戦することが好きだ」

 元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーション氏(42)が4日、同国アルスベンスカン(1部)のファルケンベリFFの新監督に就任することが決まった。契約期間は1年。  今年はディビジョン2(4部)のホーガボリBKでアシスタントコーチに携わる傍ら、息子ジョーダン・ラーション(17)と2トップを形成するなど選手としてもチームに貢献したラーション氏。セルティックFC(スコットランド)やFCバルセロナ(ス......続きを読む»

イブラヒモビッチが7年連続でスウェーデン年間最優秀選手に…女子はシェリンが3年連続

 スウェーデン・サッカーアワード(Fotbollsgalan)が11日、ストックホルムで開催され、フランスのパリSGに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチが同国年間最優秀選手に送られるGuldbollenを受賞した。イブラヒモビッチの同賞受賞は7年連続8度目で史上最多。女子最優秀選手に贈られるDiamantbollenは、名門オリンピック・リヨン(フランス)でプレーするFWロッタ・シェリンが3年連......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…エクダルは間に合わず

 スウェーデンサッカー協会は5日、W杯予選プレーオフのポルトガル戦(15日リスボン、19日ストックホルム)に挑む代表メンバー23名を発表した。  そけい部の怪我で先月の代表戦を辞退したMFエクダルは結局間に合わず。ハムレーン監督はセリエAのカリアリに所属する23歳について「間に合うのではないかと期待していたのだが、残念だ」とコメントしている。  地区予選最終節のドイツ戦で2得点をマークし......続きを読む»

「逆境に強い」スウェーデン代表、再び逆転勝利を収めプレーオフ進出を決める

スウェーデン代表2-1オーストリア代表 29分 ハルニク(0-1) 56分 マルティン・オルソン(1-1) 86分 イブラヒモビッチ(2-1) スウェーデン代表 イサクソン:ルスティグ(66分 ドゥルマス)、ニルソン、アントンソン、マルティン・オルソン:スベンソン(81分 ベルンブローム)、エルム(73分 シェルストレム)、ラーション、カチャニクリッチ:イブラヒモビッチ、エルマンデル ......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…サファリは一時的に代表引退か

 スウェーデンサッカー協会は1日、W杯地区予選のオーストリア戦(11日、ストックホルム)とドイツ戦(15日、ストックホルム)に挑む代表メンバー23名を発表した。    ふくらはぎの血栓症によって先月の代表戦を辞退したMFラスムス・エルムが復帰。一方、直近の予選3試合で先発としてプレーしたMFエクダルはそけい部の負傷によって選考外となった。  またスイスのFCバーゼルに所属するDFサファリが......続きを読む»

『ワールドサッカーダイジェスト』で記事を書かせていただきました

 今日発売のワールドサッカーダイジェスト『2013-2014ヨーロッパサッカー・トゥデイ シーズン開幕号』(日本スポーツ企画出版社)にFCコペンハーゲン(デンマーク)の記事を書かせていただきました。  現在、当ブログにてスカンジナビアのサッカーを紹介していますが、ブログ以外の媒体でも執筆、情報提供などできればと思っています。記事執筆、情報提供依頼は、プロフィール欄のメールアドレスまでお願いしま......続きを読む»

スウェーデン代表、スベンソンの活躍でアイルランドに勝利…グループ2位に浮上

アイルランド代表1-2スウェーデン代表 22分 キーン(1-0) 33分 エルマンデル(1-1) 57分 スベンソン(1-2) スウェーデン代表 イサクソン:ルスティグ(63分 アダム・ヨハンソン)、ニルソン、アントンソン、マルティン・オルソン:スベンソン(68分 ベルンブローム)、エクダル、ラーション、カチャニクリッチ:イブラヒモビッチ、エルマンデル(92分 ヨナス・オルソン) ......続きを読む»

フローデ・ヨンセンがノルウェー代表復帰…スーパーサブが濃厚

 ノルウェー・ティッペリーガエンのオッド・グレーンランに所属するノルウェー人FWフローデ・ヨンセンが1日、ブラジルW杯地区予選のキプロス戦(6日、オスロ)とスイス戦(10日、オスロ)に挑む同国代表メンバーに招集された。39歳での選出はノルウェー代表史上最高齢。  今季のリーグ戦ではここまで得点ランク2位タイの8得点をマークしているヨンセン。その好調ぶりがエギル・オルセン代表監督の目に留まり、2......続きを読む»

コペンハーゲン、CLチケットを購入した「外国人名らしきサポーター」に販売取り消しを通知…安全上の理由で

 今季のUEFAチャンピオンズリーグに参戦するデンマークのFCコペンハーゲンは先月31日、ホームで開催されるグループリーグ3試合分のチケットを購入した「外国人名らしきサポーター」に対し、販売キャンセルの通知を出していることが分かった。クラブ側は「安全上のため」と説明している。  昨季のデンマークリーグ覇者はグループリーグでレアル・マドリー(スペイン)、ユベントス(イタリア)、ガラタサライ(トル......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…シェルストレムが復帰

 スウェーデンサッカー協会は27日、W杯地区予選のアイルランド戦(9月6日、ダブリン)とカザフスタン戦(9月10日、アスタナ)に挑む代表メンバー24名を発表した。  MFラスムス・エルムがふくらはぎの血栓症により選考外。一方、先月の親善試合・ノルウェー戦で「所属クラブでの出場機会が少ないこと」を理由に招集を見送られたMFシェルストレムが復帰した。ハムレーン監督は「ノルウェー戦のメンバー招集と今......続きを読む»

『ワールドサッカーダイジェスト』で記事を書かせていただきました

 昨日発売の『ワールドサッカーダイジェスト』(日本スポーツ企画出版社)2013年9月5日号の特集「次に羽ばたく風雲児、注目の新進気鋭2013-2014シーズン ブレイク大予測」でデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(カーディフ・シティ/イングランド)の記事を書かせていただきました。読んでいただけると幸いです。  現在、当ブログにてスカンジナビアのサッカーを紹介していますが、ブログ以外の......続きを読む»

元千葉のオーロイが左膝靭帯の損傷で今季絶望

 ノルウェー・ティッペリーガエン(1部)のオーレスンFKに所属するノルウェー人FWトール・ホグネ・オーロイが、練習中に左膝を負傷。今シーズン中の復帰が絶望となった。  クラブ公式HPによると、かつてジェフユナイテッド市原・千葉に在籍した36歳の長身ストライカーは先月31日の練習中に膝を負傷。オーロイは「怪我は重症の類だとすぐに理解したよ。診断の結果、左膝の外側靭帯が損傷していることが分かったん......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…シェルストレムが外れる

 スウェーデンサッカー協会は6日、親善試合のノルウェー戦(14日、ストックホルム)に挑む代表メンバー22名を発表した。  MFシェルストレムがまさかの落選となった。ハムレーン監督は、代表キャップ103を数える30歳のベテランを外した理由について以下のように話している。どうやら所属クラブ(スパルタク・モスクワ)でプレー機会が少ないことが原因のようだ。 「キムは6月の代表メンバー招集の前から......続きを読む»

スウェーデン女子クラブがホモフォビア撲滅を目指す非営利組織と提携

 スウェーデン・ダムアルスベンスカン(女子1部)のクリスチャンスタードDFFが、スポーツ界におけるLGBTに対する偏見や差別撲滅を目指して活動している非営利組織「Athlete Ally 」と提携を結んだ。セクシュアルマイノリティに対して支援する動きを見せたのはスウェーデンのスポーツ団体としては初。  地元で開催中の女子欧州選手権では準決勝でドイツに敗れたスウェーデン女子代表。優勝を目指してい......続きを読む»

1 2 4 5 6 7 8 9 37 38

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss