スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2013年03月

スウェーデン代表、アイルランド相手に痛いドロー…グループ1位が大きく遠のく

スウェーデン代表0-0アイルランド代表 イサクソン:ルスティグ(46分 アントンソン)、ヨナス・オルソン、グランクビスト、サファリ:エルム、シェルストレム、ラーション(87分 ドゥルマス)、イブラヒモビッチ、カチャニクリッチ:ヒセーン(73分 トイボネン) マッチレポートはこちら(UEFA公式より) 『Fotbollskanalen』による選手採点(5が最高、1が最低) イ......続きを読む»

古巣オーレスンに復帰したオーロイ「スタメンでプレーしたいがチームが望む役割で貢献したい」

 昨年末にジェフユナイテッド市原・千葉を退団したノルウェー人FWトール・ホグネ・オーロイが11日、母国リーグの古巣オーレスンFKと契約を結んだ。期間は1年で背番号は19。古巣復帰後の心境や今季の抱負などについて地元メディアに語っている。  今年1月から練習生としてオーレスンの練習や試合に参加していたオーロイ。かねてから地元メディアに対して古巣への復帰を望んでいることを公言していただけあって、今......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…ゼンギンが初招集

 スウェーデンサッカー協会は12日、W杯地区予選・アイルランド戦(22日、ストックホルム)と親善試合・スロバキア戦(26日、ジリナ)に挑む代表メンバー23名を発表した。  トルコリーグでプレーするMFゼンギンが初選出。ハムレーン監督は、トルコのルーツを持つ27歳について「前回の代表戦(2月の親善試合・アルゼンチン戦)でも選出候補に挙がっていた選手。今回招集する決め手となったのは直近のリーグ戦(......続きを読む»

【スウェーデン】プロサッカー選手発掘テレビ番組が4月にスタート

 スウェーデンのテレビ局『TV4』が、才能ある男子サッカー選手の発掘を目的とした番組プロジェクトを4月から5月にかけて行うことが分かった。  番組名は「PROFFSDRÖMMEN」。このプログラムの趣旨は、国内に埋もれている才能溢れるサッカー選手を探し出すこと。スポーツジャーナリストのパトリック・エクバッル氏が番組を指揮する。優勝者は、昨季のアルスベンスカン(1部)覇者IFエルフスボリと契約を......続きを読む»

元スウェーデン代表ユングベリが父親に

 昨年夏に現役引退した元スウェーデン代表MFフレドリク・ユングベリに第1子が誕生したことが分かった。同氏のスポークスマンであるリリ・アセファ氏が明らかにしている。  アセファ氏によると、ユングベリのガールフレンドのナタリー・フォスターさんがロンドンで第1子を出産。母子ともに健康のようだ。子の性別については明らかにされていない。今年1月、フォスターさんが妊娠していることが夕刊紙『Sportbla......続きを読む»

ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

 元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーション氏が、同国代表チームの現状ついて夕刊紙『Expressen』に語っている。  スウェーデンを代表するストライカーとして名を馳せたラーション。2009年に現役を退いたが、代表チームに対する関心は失っていない。2010年南アフリカW杯地区予選敗退後、指揮官がラーシュ・ラーゲルベックからエリック・ハムレーンに代わったわけだが、監督交代後のスウェーデン代表は......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:2198233

(04月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss