スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2013年02月

財政危機のブロンビーにアッガーら元在籍選手が援助

 財政危機に陥っているデンマーク・スーペルリーガ(1部)のブロンビーIFに、かつて同クラブに在籍していたデンマーク代表DFダニエル・アッガーらが援助することが分かった。  今月4日に外部投資家らによる資本注入を確保し、ひとまず破産を免れたものの、依然として厳しい状況に置かれているブロンビー。そんなデンマークの名門に、過去にクラブでプレーしていた選手から救いの手が差し伸べられることになった。 ......続きを読む»

スウェーデン女子代表選手に殺害の脅迫…理由は「女がサッカーをしているから」か

 スウェーデン女子代表MFニッラ・フィッシェルが、過去に殺害の脅迫を受けていたことが分かった。本人が夕刊紙『Aftonbladet』電子版の番組『Bollklubben』で明らかにしている。  現在はリンショーピンFCでプレーするフィッシェルは、2003年から2001年まで在籍していたLDBマルメ時代、ある1通の手紙を受け取った。その内容は同選手への殺害脅迫だったという。クラブ側はすぐさま警察......続きを読む»

スウェーデンのクラブチームが男女待遇を同一に

 スウェーデンのリンハムン・ブンケフロー2007(LB07)は昨年秋、男女トップチームに所属する選手の待遇を同一にする決定を下していたことが分かった。  LB07はスウェーデン南部のマルメを拠点に活動するクラブで、男子はディビジョン1(3部)に、女子はエリートエッタン(2部)にそれぞれ所属。クラブのスポーツチーフであるヨハン・アンデション氏は「女子選手は男子と同じように大事だ。それ故、男女トッ......続きを読む»

『欧州サッカー批評』で記事を書かせていただきました

 今月12日発売の『欧州サッカー批評7』で記事を2本書かせていただきました。  1本目は「スウェーデンにある“セクシュアル・マイノリティ”のためのクラブを訪ねて」。昨年10月にスウェーデンに行った際、ストックホルムに拠点を置くセクシュアル・マイノリティのクラブの関係者と会い、サッカー界における性的指向による差別問題に迫っています。  2本目は「As Time Goes By あの選手は今......続きを読む»

【スウェーデン代表】アルゼンチン戦レビュー

スウェーデン代表2-3アルゼンチン代表 3分 オウンゴール(0-1) 17分 ヨナス・オルソン(1-1) 19分 アグエロ(1-2) 23分 イグアイン(1-3) 95分 エルム(2-3) イサクソン:ルスティグ(60分 アダム・ヨハンソン)、ヨナス・オルソン、グランクビスト、マルティン・オルソン:スベンソン(60分 エルム)、シェルストレム(77分 ベルンブローム)、ラーション、イ......続きを読む»

スカンジナビア諸国選手・冬の移籍情報

スウェーデン GK カール・ヨハン・ヨンソン(ハルムスタッドBK/スウェーデン→NECナイメヘン/オランダ) ビクトル・ノリング(トレッレボリFF/スウェーデン→セルティックFC/スコットランド、レンタル) ペッテル・バストー(カルマルFF/スウェーデン→引退) マルクス・サンドベリ(ユングシーレSK/スウェーデン→IFKヨーテボリ/スウェーデン、レンタルから復帰) エリック・ダーリ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:2198278

(04月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss