スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2012年09月

アンドレアセンが靭帯断裂…再び長期離脱へ

 ドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96に所属するデンマーク代表MFレオン・アンドレアセンが、26日のFCニュルンベルク戦で右ひざを負傷。診断の結果、十字靭帯が断裂していることが判明し、復帰まで約6カ月を要することが分かった。  アンドレアセンはこれまでそけい部の怪我に悩まされてきたが、28カ月にわたるリハビリを経て、今季はシーズン開幕前から好調を維持していた。リーグ戦ではここまで4試合で2......続きを読む»

スウェーデンのダービーマッチで選手を殺人脅迫する横断幕掲げられる

 24日に行われたスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のヘルシンボリIF対マルメFFの試合開始直後、ヘルシンボリサポーターがマルメのMFシモン・テルンを殺人脅迫する内容の横断幕を掲げていたことが分かった。  同じスコーネ地方に拠点を置く両者の試合「スコーネ・ダービー」は白熱的なことで知られているが、今回はその熱狂が間違った方向に行ってしまった。  騒ぎは試合開始直後に起きた。ヘルシンボ......続きを読む»

ヘンリク・ラーションがスウェーデンの5部リーグでプレー

 元スウェーデン代表FWで現在は同国スーペルエッタン(2部)のランスクローナBoISの監督を務めるヘンリク・ラーションが22日、同ディビジョン3(5部)の試合で選手としてプレーした。  スコットランドリーグ得点王、ゴールデンシュー受賞、チャンピオンリーグ優勝など数々のタイトルを獲得し、2009年に選手生活に終止符を打ったラーション。間違いなくスウェーデンサッカー史上最高の選手に数えられるであろ......続きを読む»

スカンジナビア諸国選手・夏の移籍マーケット情報

【スウェーデン】 GK アンドレアス・イサクソン(PSVアイントホーフェン/オランダ→カスムパシャAS/トルコ) DF オロフ・メルベリ(オリンピアコス/ギリシャ→ビジャレアルCF/スペイン) ダニエル・マイストロビッチ(セルティックFC/スコットランド→AIK/スウェーデン) ミカエル・ニルソン(ブロンビーIF/デンマーク→引退) ヨエル・エクストランド(ウディネーゼ/イタリ......続きを読む»

次々と台頭するスウェーデンの2世選手

 ハーフナー・マイク、風間宏矢、水沼宏太など日本では2世選手が次々と台頭しているが、スウェーデンでもかつて代表選手として活躍した一流選手のジュニアが徐々に頭角を現している。  その筆頭といえるのが、ヘンリク・ラーション氏の長男ジョーダン(15)だろう。現在は父親の出身クラブであるホーガボリBK(ディビジョン2/4部)に所属。その年齢にしてすでにトップチームの一員としてしており、15日に行われた......続きを読む»

【W杯予選】スウェーデン代表、カザフスタンに勝利も内容に不満

スウェーデン代表2-0カザフスタン代表 37分 エルム 94分 ベリ スウェーデン代表 イサクソン:ルスティグ、グランクビスト、ヨナス・オルソン、サファリ:エルム(64分 スベンソン)、ベルンブローム、トイボネン(56分 バイラミ)、イブラヒモビッチ、ラーション:エルマンデル(85分 ベリ) イブラヒモビッチ「ミスが多すぎた」  これまで通りトップ下で先発出場したイブラヒモビ......続きを読む»

イブラヒモビッチ、故郷マルメから表彰される「俺は生ける伝説だ」

 スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、故郷のマルメ・コミューンから表彰された。  マルメで行われるW杯予選・カザフスタン戦(11日)を控えるイブラヒモビッチは、9日の練習終了後、スポーツで輝かしい歴史を残した同都市出身の人物として、スウェドバンク・スタディオン近くのスタジアム広場に刻まれている「ウォーク・オブ・フェイム」に名を残すことになった。  イブラヒモビッチは「俺にと......続きを読む»

『ワールドサッカーダイジェスト』で記事を書かせていただきました

 6日に発売されたワールドサッカーダイジェストの『2012-2013ヨーロッパサッカー・トゥデイ シーズン開幕号』(日本スポーツ企画出版社)にノアシェランとコペンハーゲンの記事を書かせていただきました(フォーメーション除く)。  現在、当ブログにてスカンジナビアのサッカーを紹介していますが、ブログ以外の媒体でも執筆、情報提供などできればと思っています。記事執筆、情報提供依頼は、プロフィール欄......続きを読む»

ラスムス・エルム「セントラルMFがベストのポジションだ」

 スウェーデン代表MFラスムス・エルムが、代表チームにおける自らの役割についてついて『Fotbollskanalen』に語っている。  今年6月に開催されたEUROに出場したスウェーデン代表。そのなかでも、チームの将来を担う存在としてエルムに対する期待は大きかった。だが24歳のゲームメーカーにとって初めての主要大会は決して成功といえるものではなく、とりわけグループリーグ初戦のウクライナ戦につい......続きを読む»

スウェーデン代表、マルティン・オルソンとベリを追加招集

 スウェーデンサッカー協会は3日、親善試合の中国戦(6日、ヘルシンボリ)と2014年ブラジルW杯地区予選のカザフスタン戦(11日、マルメ)に挑む代表メンバーとして、DFマルティン・オルソンとFWマルクス・ベリを追加招集した。  招集メンバー20名は以下のとおり。 GK アンドレアス・イサクソン(カスムパシャSK/トルコ) ヨハン・ビランド(FCコペンハーゲン/デンマーク) DF......続きを読む»

スウェーデン4部リーグで選手が急死

 スウェーデンで2日に行われたディビジョン2(4部)・ピーテオーIF対ウーメダーレンで、ピーテオーの選手が試合中に倒れ、死亡した。地元紙『Norrländska Socialdemokraten』が報じている。  死亡が確認されたのは、29歳のビクトル・ブランストロム選手。同選手は4分に得点し、その2分後に突然ピッチ上に倒れ、意識不明の状態に。試合は中断され、スタジアムに駆けつけた救急隊によっ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:2198233

(04月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss