スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2012年07月

AIK、五輪で活躍中のホンジュラス代表FWを獲得せず「後悔していない」

ロンドン五輪サッカー男子。日本代表は昨日、モロッコ代表を1対0で下してグループリーグ突破を決めたわけだが、準々決勝の対戦相手を考えた場合、8月1日に行なわれるホンジュラス代表との最終節は重要な試合だ。 そのホンジュラスで警戒しなければならない選手はFWジェリー・ベングトソンだろう。母国リーグでプレーする25歳のストライカーは、モロッコとの初戦で2ゴールを挙げ、そしてスペインとの2戦目ではゲーム......続きを読む»

スウェーデン代表、2014年W杯では「ロシア組」が半数を占める?

近年、スウェーデン代表選手のロシア行きが目立つ。 MFポントゥス・ベルンブロームは昨季にオランダのAZからCSKAモスクワに移籍し、チャンピオンズリーグで得点をマークするなどレギュラーとして定着。そして今夏の移籍マーケットでは、2人の代表選手がロシアに渡る。 まずはMFラスムス・エルムは。AZに在籍する24歳のゲームメーカーにはイタリアのフィオレンティーナやイングランドのリバプールなど複......続きを読む»

エドストロム氏の息子がアルスベンスカンデビュー

元スウェーデン代表FWラルフ・エドストロム氏の長男で、同国アルスベンスカン(1部)のGAISに所属するFWヨアキム・エドストロムが23日、本拠地で行なわれたマルメFFとの試合で後半途中から出場。リーグデビューを果たした。 先日、ヘンリク・ラーション氏の息子ジョーダンがU-15スウェーデン代表に選出されたことが話題を呼んだが、もうひとり、2世選手が大舞台に上がった。1970年代にスウェーデン代表......続きを読む»

ゴティアカップが閉幕

スウェーデンのヨーテボリで14日から開催されていた世界最大の少年少女サッカー大会『ゴティアカップ』が21日、閉幕した。 今年は例年になく天候に恵まれ、大会はスムーズに進行。80カ国3万7200人が参加した今大会について、総括担当のデニス・アンデション氏は「これほど多くの若者と国が集結した。素晴らしいことだ」と振り返った。 今回は大会史上初めて、全4300試合を大会HPでライブスコアとして......続きを読む»

ラーション氏の息子がユース年代のスウェーデン代表に選出

元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーション氏の息子ジョーダンが、U-15スウェーデン代表メンバーに選出された。 U-15代表チームのマグンス・ビクマン監督は、8月6日から9日まで行われる代表キャンプに向けたメンバー44名を選出。そのなかに、ジョーダン・ラーションという名前が含まれている。セルティックFC(スコットランド)やFCバルセロナ(スペイン)でプレーした往年の名選手、ヘンリク・ラーション......続きを読む»

ゴティアカップにエントリーしていたシリアのチーム、ビザが下りず不参加に

スウェーデンのヨーテボリで開催されている世界最大の国際ユース大会『ゴティアカップ』にエントリーし、ビザが下りるのを待っていたシリアのチームだが、最終的にビザは下りず、大会に参加できないことが分かった。 ビザが下りるのを待っていたのは、シリア北東のカーミシュリーに拠点を置くクラブ。同クラブはゴティアカップに参加するためにビザの申請を行なったが、レバノンの首都アーマンに構えるスウェーデン大使館は申......続きを読む»

2年目を迎えたゴティアカップの「キム・シェルストレム・トロフィー」

スウェーデンのヨーテボリで開催されている世界最大の青少年国際サッカー大会「ゴティア・カップ」において、昨年から新設されたクラスがある。 その名は「キム・シェルストレム・トロフィー」。これは知的障がい者のために設けられたクラスで、名前が示すとおり、オリンピック・リヨン所属のスウェーデン代表MFキム・シェルストレムの資金援助により設立された。同クラスでは昨年は7カ国21チームがプレー。今年は12カ......続きを読む»

イブラヒモビッチのPSG移籍、マルメに恩恵

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがイタリアのACミランからフランスのパリサンジェルマンに移籍したというニュースが世界中を賑わしている。移籍金はまだ明らかにされていないが、約20億円と言われている。移籍金の5%は、イブラヒモビッチが12歳から23歳まで育ったクラブに分配される(※)。 イブラヒモビッチが10代のころに在籍していたことで知られるマルメFFは、同選手のフランス行きによっ......続きを読む»

ゴティアカップにエントリーしたシリアのチーム、いまだにビザ下りず

スウェーデンのヨーテボリで開催されている世界最大の青少年国際サッカー大会『ゴティアカップ』にエントリーしたシリアのチームに、まだビザが下りていないことが分かった。 ビザが下りるのを待っているのは、シリア北東のカーミシュリーに拠点を置くクラブ。同クラブはゴティアカップに参加するためにビザの申請を行なったが、レバノンの首都アーマンに構えるスウェーデン大使館は申請を却下。この措置に納得できない同クラ......続きを読む»

五輪欠場のオークビストが第一子を出産

妊娠・出産のため今夏のロンドン五輪を欠場することになったスウェーデン女子代表FWヨセフィーヌ・オークビストが10日、無事に第一子を出産したことが分かった。 オークビストは今年1月、妊娠・出産のため五輪を欠場することを表明。あれから約半年後、ティーレソーFFに所属する28歳は第一子となる女の子を授かった。 オークビストのボーイフレンドでホッケー選手のステファン・ラーション氏は、愛娘について......続きを読む»

3度目のスウェーデン遠征に挑むモンゴルの少年クラブチーム

スウェーデンでは、毎年夏になるといくつかの国際ジュニア大会が開催される。 そのなかでも最も有名なのが『ゴティア・カップ』だ。この大会は世界最高の青少年クラブサッカー大会で、毎年7月中旬に第二の都市ヨーテボリで開催される。1975年に始まって以来、今日まで世界約70カ国から10代の少年少女が参加(日本は昨年まで未参加だったが、今年は東京ヴェルディが日本勢として初めて参加する予定)。エマヌエル・ア......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン、将来的には人工芝が主流か

スウェーデン・ストックホルムのフリーペーパー『Stockholm City』によると、同国アルスベンスカン(1部)では将来的に人工芝が主流となる可能性が大きいようだ。 同紙が実施した調査によると、4年後の2016年にはアルスベンスカンに所属するクラブの大多数が人工芝を導入するとのこと。 現在、アルスベンスカンに所属する16クラブのうち、7つのクラブ(オートビーダベリFF、IFエルフスボリ......続きを読む»

アンドレアセンが2年ぶりに復帰

ドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96に所属するデンマーク人DFレオン・アンドレアセンが、約2年ぶりにトップチームに戻ってきた。 長らくそけい部の怪我に悩まされ、2010年4月4日を最後にトップチームでの出場機会がなかったアンドレアセン。一時は引退の危機に直面していた29歳の元デンマーク代表だが、幾度かの手術と長いリハビリに耐え、ピッチに戻ってきた。 アンドレアセンは昨シーズン終了後に......続きを読む»

スウェーデンリーグでスタジアムに投げ込まれた石が選手を直撃

3日に行なわれたスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のユールゴーデンIF対IFKヨーテボリで、試合前のウォーミングアップ中、観客席から投げ込まれたと思われる石がヨーテボリのDFシェティル・ベーレルの脚に直撃するというアクシデントが起こった。 キックオフのわずか数分前、ヨーテボリはスターティングイレブンを変更せざるを得なくなった。スタジアムから投じられた石が、センターバックとして先発出場が決ま......続きを読む»

アイダレビッチがベルギーリーグへ

スウェーデン人MFアストリト・アイダレビッチが先月30日、スウェーデン・アルスベンスカンのIFKノルショーピンからベルギーのスタンダール・リエージュへ移籍することが決まった。契約期間は4年。 アイダレビッチはコソボ生まれの22歳。ファルケンベリFFでキャリアをスタートさせ、2007年から2009年までリバプールFCの下部組織に在籍。2010年からノルショーピンでプレーし、40試合で6得点を記録......続きを読む»

グイデッティがスウェーデン国内リーグを批判

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティに所属するスウェーデン人FWヨン・グイデッティが、SR(スウェーデンラジオ)の番組『Sommar I P1』に出演。同番組のなかで、同国アルスベンスカン(1部)の現状について厳しく批判した。 19歳のストライカーは番組のなかでEUROのこと、フェイエノールトで過ごした昨シーズンのことなどについて語り、なかでもスウェーデンのトップリーグ・アルス......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:2198233

(04月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss