スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2011年05月

サファリがベルギーのアンデルレヒトへ

スウェーデン代表DFベーラング・サファリが30日、スイスのFCバーゼルからベルギーのRSCアンデルレヒトに移籍することが決まった。契約期間は3年。近日中にメディカルチェックを受ける予定。 つい先日、「個人的な事情」によりスウェーデン代表の招集を辞退したサファリだが、辞退した理由が明らかになった。今回の移籍手続きをするためだった。 アンデルレヒトは今季のベルギーリーグ覇者で、国内屈指のビッ......続きを読む»

スウェーデンの少年サッカー大会で保護者が審判に暴力

スウェーデン南部のスコーネ地方・マルメで開催されたジュニアサッカーの大会で、保護者が審判に暴力を加えようとした事件が起きた。 事件は5月1日、マルメのブルトフタにあるサッカー場で起きた。8歳の少年チームのあいだで試合が行われていたが、試合中、主審を務めたエディス・サビッチ君(16)の判定に不満を抱いた少年の保護者複数名がサビッチ君に対して暴言。さらに、事態を収めようとしたユース審判責任者のブヤ......続きを読む»

ノルウェーリーグのストライキは終了へ

ノルウェー・ティッペリーガエン(1部)に所属する95選手がサッカー用具の選択権などを巡って20日にストライキを決行したが、2日後の22日、ストライキは終了した。 同リーグでプレーする選手たちは所属クラブのスポンサーから提供されたスパイクやシューズ、キーパーグローブといったサッカー用具を使用するよう決められているが、スポーツ選手会にあたるNISO(ノルウェースポーツ選手中央機構。サッカーだけでな......続きを読む»

エルマンデルがトルコのガラタサライへ

スウェーデン代表FWヨハン・エルマンデルが20日、イングランド・プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズFCからトルコのガラタサライへ移籍することが決まった。契約期間は2年で、フリー移籍となる。 移籍先としてスペインのセビージャFCやポルトガルのスポルティング・リスボンなどが噂されていたが、この長身ストライカーの新天地はトルコのガラタサライに決定した。 エルマンデルはボルトンの公式HP上で......続きを読む»

アルスベンスカンの試合がサポーターの暴動により中止に

25日に行なわれたスウェーデン・アルスベンスカン(1部)の「スコーネ・ダービー」マルメFF対ヘルシンボリIFの試合がサポーターの暴動により中止となった。 事件が起きたのは前半30分、ヘルシンボリのブラウザンがこの試合最初のゴールを決めたあとのことだった。得点直後、ゴール裏のマルメサポーター席から爆竹が投げ込まれ、これがヘルシンボリのGKペール・ハンソンに直撃。騒ぎはこれだけで収まらず、同じくゴ......続きを読む»

マルメの新監督にノリング氏

スウェーデン・アルスベンスカン(1部)のマルメFFは25日、新監督にリカルド・ノリング氏が就任すると発表した。 ノリング氏はストックホルム生まれの39歳。選手時代はIFブロンマポイカルナなどでプレー。引退後はAIKやGIFスンズバルといったクラブで指揮を執り、2010年から同スーペルエッタン(2部)のアッシリスカFFで監督を務めていた。 ノリング氏がマルメに合流するのは6月3日から。初采......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表

スウェーデンサッカー協会は24日、欧州選手権予選・モルドバ戦(6月3日、キシナウ)とフィンランド戦(6月7日、ストックホルム)に臨む代表メンバー22名を発表した。 前節のモルドバ戦を怪我で欠場したマイストロビッチ、サスペンションの解けたメルベリとトイボネンが復帰。またヘルシンボリの守護神ペール・ハンソンがA代表2度目の招集を受けた(ただしモルドバ戦のみチームに帯同)。 一方、スペインのラ......続きを読む»

アルスベンスカン第8節・ハルムスタッドが今季初勝利

5月14日 ハルムスタッドBK1-0ミェルビーAIF 16分 オウンゴール(1-0) 観客:3663人 全チーム中で唯一勝ち星のなかったハルムスタッドがようやく初白星。7試合でわずか3得点という得点力不足に陥っていたチームだが、ミェルビーのローセングレンのオウンゴールにより意外なかたちでリードを奪うと、この虎の子の1点を最後まで守りきった。 カルマルFF-2-0BKヘッケン ......続きを読む»

ノルウェー代表メンバー発表

ノルウェーサッカー協会は23日、欧州選手権予選・ポルトガル戦(6月4日、リスボン)と親善試合・リトアニア戦(6月7日、オスロ)に臨む代表メンバー21名を発表した。 ドイツのボルシアでプレーするノルトバイトがA代表初招集(ただしリトアニア戦のみチームに帯同)。スペインのレアル・ソシエダでプレーするデミドフが復帰。ローゼンボリに所属する18歳ヘンリクセンが、初選出となった昨年10月以来2度目の選出......続きを読む»

ノルウェーリーグでストライキ、第9節は延期に

ノルウェーサッカー協会は20日、同国1部・ティッペリーガエンに所属する95選手がストライキを決行したことを受け、22日と23日に開催予定だった同リーグ第9節8試合を延期することを発表した。 ストライキに踏み切ったのは、SKブラン、オーレスンFK、ボーレレンガIF、ビーキングFK、IKスタルト、モルデFK、ソグンダル、トロムソIL、フレデリクスタFKの9クラブに属する95選手。 同リーグで......続きを読む»

デンマークのリーグ戦とカップ戦で人工芝が解禁

デンマークサッカー協会は14日、2012-2013シーズンから同国リーグ戦とカップ戦において人工芝のピッチで試合を行なうことを許可した。 デンマークでは冬の中断期間にピッチ状態が劣悪になることから、人工芝解禁については以前から議論が交わされてきた。デンマークサッカー協会でコミュニケーションチーフを務めるラース・ベレント氏は「デンマーク国内における冬の気候を考慮するため人工芝を導入すべき」と語っ......続きを読む»

フローデ・ヨンセン、3試合ぶりに得点を挙げる

ノルウェー・ティッペリーガエン(1部)のオッド・グレーンランBKに所属する元ノルウェー代表FWフローデ・ヨンセンは16日、敵地で行なわれたビーキングFK戦で1得点をマークした。試合は1-1の引き分けに終わった。 3トップの一角として先発出場した元清水エスパルスのストライカーは両チーム無得点で迎えた28分、右からのクロスに得意の頭で合わせゴール。第4節のオーレスン戦以来となる得点を挙げ、今季の通......続きを読む»

デンマーク代表候補メンバー発表

デンマークサッカー協会は12日、欧州選手権予選・アイスランド戦(6月4日、レイキャビク)に向けたデンマーク代表候補メンバー35名を発表した。 ピータ・シュマイケル氏の息子として知られるカスパー・シュマイケル、アヤックスで出場機会を得ているボイレセン、国内リーグでプレーするオーベックがA代表初選出。なおシュマイケルとボイレセン、バス、ケア、マティアス・ヨルゲンセン、ミケ・イェンセン、クリスチャン......続きを読む»

ノルウェー代表監督に内定していたソルバッケン監督がドイツのケルンに

デンマーク1部・FCコペンハーゲンのノルウェー人ストーレ・ソルバッケン監督が、来季からドイツ・ブンデスリーガの1FCケルンの新監督に就任することが決まった。 エギル・オルセン現ノルウェー代表監督の後釜として、来年1月から同国代表監督に就任することが内定していたソルバッケン。だが突如として内定が無効に。この43歳の指揮官は、7月1日よりドイツのクラブで指揮を執ることになった。ノルウェーサッカー協......続きを読む»

中止になったシリアンスカ対AIKはシリアンスカの勝利、AIKに罰金処分

スウェーデンサッカー協会の規律委員会は12日、先月25日に行われた同国1部・アルスベンスカンのシリアンスカFC対AIKで、観客席から多数の爆竹などが投げ込まれたことにより中止になった一件について、AIKに対して15万クローナ(約190万円)の罰金処分を科すことを決定。また同試合を3-0でシリアンスカの勝利という裁定を下した。 試合が中止されたのはシリアンスカが1点リードで迎えた20分のこと。A......続きを読む»

アルスベンスカン第7節・エルフスボリが2位に浮上

5月6日 オーレブロー1-2カルマルFF 7分 メンデス(0-1) 24分 ベドヤ(1-1) 59分 イスラエルソン(1-2) 観客:7311人 連勝を飾ったカルマルが3位に浮上。相手に主導権を握られながら効果的に2得点をマーク。現在は攻撃サッカーを標榜する同クラブだが、数年前は守備に人数を割くリアクションサッカーを展開(一部では「退屈」と批判された)。その当時を彷彿とさせる試合......続きを読む»

ヨーテボリダービーで小規模の火災発生

9日に行なわれたスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のIFKヨーテボリ対GAISで、試合前にGAISのサポーター席で小規模の火災が発生。キックオフは5分遅れ、女性ひとりが火傷を負った。GAISには何らかの処分が下される可能性があるという。 事件が起きたのは両チームの選手がピッチに入場し、まもなく試合が始まろうとしていたときだった。GAISサポーターが陣取る立見席で多数の発炎筒が焚かれ、そのう......続きを読む»

ヨナス・テルンの息子シモンがアルスベンスカン初得点を挙げる

スウェーデン・アルスベンスカン(1部)のヘルシンボリIFに所属するスウェーデン人MFシモン・テルンは9日、本拠地で行なわれたイェブレIF戦でリーグ初得点を挙げた。試合は3-0でヘルシンボリが勝利した。 ヘルシンボリ2点リードで迎えた67分に交代でピッチに登場したテルンは、そのわずか4分後、複数の相手DFをドリブルで交わしてゴール。1994年米国W杯でスウェーデン代表の主将を務めたヨナス・テルン......続きを読む»

ユールゴーデンのスポーツチーフが脅迫により辞任

スウェーデン・アルスベンスカン(1部)のユールゴーデンIFでスポーツチーフを担当していたステファン・エルベーン氏が4日、脅迫により同職を辞任することになった。 ユールゴーデンは今季、6試合を消化して勝ち点わずか1で17位に低迷。クラブはこうした事態を受けて、レナート・バス監督を解任。さらに、来季より同クラブのマネージャーに就任する予定だったマグヌス・ペーション氏を急きょ招へい。これまでマネージ......続きを読む»

ヘンリク・ラーション氏の銅像が建てられることに

元スウェーデン代表FWで現在は同国2部(スーペルエッタン)のランスクローナBoISで監督を務めるヘンリク・ラーション氏の銅像が建てられることが分かった。 2009年にヘルシンボリIFで現役生活に別れを告げたラーション。スウェーデンを代表するこの39歳の英雄が引退したあと、彼の銅像建立を望んでいたあるグループがインターネット上で資金集めを行い、建立に必要な50万クローナ(約600万円)が集まった......続きを読む»

アルスベンスカン第6節・ヨーテボリが連勝

4月29日 GAIS0-2IFエルフスボリ 5分 ラッセ・ニルソン(0-1) 39分 ラッセ・ニルソン(0-2) 観客:7526人 前節でマルメに土をつけたエルフスボリが連勝。前半に獲得した2つのPKをともにラッセ・ニルソンが決めて試合の主導権を握り、好調GAISを零封した。 一方のGAISは、この日献上した2つのPKを含めると6試合で5回のPKを与えたことになる。審判に対して納......続きを読む»

ペッテル・アンデション、1年で2度じん帯断裂という苦難を乗り越え復活

オランダ・エールディビジのFCフローニンヘンに所属するスウェーデン人FWペッテル・アンデションは1日、敵地で行われたADOデン・ハーグ戦に先発出場し2得点1アシストの活躍をみせた。試合はフローニンヘンが4-2で勝利した。 「ユースバットネット(アンデションが生まれ育った町)のティエリ・アンリ」というニックネームをもつ26歳がスウェーデンのハンマルビーIFからフローニンヘンに移籍したのは2008......続きを読む»

デンマーク期待の16歳フィッシャーがアヤックスへ

デンマーク・スーペルリーガのFCミッティランに所属するデンマーク人FWビクトル・フィッシャーは先月19日、オランダ・エールディビジのアヤックスに移籍することが決まった。契約期間は3年。7月1日よりチームに合流する。 ACミラン(イタリア)など国外ビッグクラブから熱い視線を注がれていたフィッシャー。ミッティランのアカデミーで校長を務めるクラウス・スタインライン氏が「フィッシャーはわれわれがこれま......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2198344

(04月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss