スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2011年04月

トマソン、無給でフェイエノールト残留の可能性も

オランダ・エールディビジのフェイエノールトに所属する元デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンが、同クラブから契約延長のオファーを受けていることがわかった。 昨年の南アフリカW杯・日本戦で負った怪我により今季のこれまでを棒に振っているトマソン。今季終了後にクラブとの契約が切れることからシーズン終了後に現役引退するのではないかと噂されているが、フェイエノールト側は34歳の点取り屋に対して契約延長......続きを読む»

アルスベンスカン第5節・マルメの連勝は4でストップ

4月24日 ユールゴーデンIF1-3IFKノルショーピン 46分 ビクストロム(0-1) 53分 テロ(0-2) 63分 ラヤラクソ(1-2) 66分 テロ(1-3) 昇格組ノルショーピンが2位に浮上。後半開始直後、エルフスボリからの新加入ビクストロムが先制点をマーク。その後テロが2点を追加し試合を決めた。 敗れたユールゴーデンは、これで最下位に転落。チームはこうした事態をふまえ、......続きを読む»

アルスベンスカン第4節試合結果

4月19日 GAIS2-1ユールゴーデンIF 33分 ケネディ(0-1) 45分 バッソンベング(1-1) 62分 セリク(2-1) 観客:5365人 4月20日 IFKノルショーピン2-0ハルムスタッドBK 14分 ダ・クルス(1-0) 84分 トルバルドソン(2-0) 観客:7497人 カルマルFF2-1IFエルフスボリ 5分 ダビド・エルム(0-1) ......続きを読む»

フーセクレップの所属するバーリがセリエB降格

ノルウェー代表FWエリック・フーセクレップが所属するイタリア・セリエAのASバーリは23日、本拠地でのサンプドリア戦に0-1で敗戦。これにより、セリエBへの降格が決定した。 フーセクレップが母国ノルウェーのSKブランからバーリに移籍したのは今年1月。最下位に低迷するチームを救う存在として期待されていたが、ここまで10試合(うち途中出場2試合)に出場しいまだノーゴール。件のサンプドリア戦では、相......続きを読む»

アルスベンスカンの試合が中止に、観客が投げた爆竹がアシスタントレフェリー直撃

25日に行なわれたスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のシリアンスカFC対AIKの試合が、開始20分で中止になった。 事件はシリアンスカが1点リードで迎えた20分に起きた。AIKのテテ・バングラがシリアンスカのGKミラーの右足を踏みつけたことにより退場処分を受けたあと、観客席から数多くの爆竹がピッチに投げ込まれ、そのうちのひとつがアシスタントレフェリーを担当していたベーンマルク氏の耳部を直撃......続きを読む»

コペンハーゲンがリーグ3連覇を達成

デンマーク・スーペルリーガのFCコペンハーゲンが21日、3シーズン連続9度目のリーグ優勝を決めた。 同日に行なわれたリーグ戦第26節で2位オーデンセBKがFCノアシェランに1-2で敗北。残り7節を残してオーデンセとコペンハーゲンの勝ち点差は23となり、オーデンセが残り試合を全勝してもコペンハーゲンに追いつかない。 主将を務めるクビストは「次節以降に持ち込むことなく、最初のチャンスで決める......続きを読む»

アルスベンスカン第3節・マルメとヘルシンボリが3連勝

4月15日 ユールゴーデンIF0-1マルメFF 90分 ドゥルマス(0-1) 観客:9055人 マルメが開幕3連勝。ユールゴーデンの守護神トウライが前半終了間際に退場処分を受けたことにより数的優位に立ったマルメは、その後何度も得点チャンスを迎えながらもゴールネットを揺らすことができない。だが、このままスコアレスドローかと思われた終了間際の90分、ドゥルマスがペナルティエリア外で放った......続きを読む»

フローデ・ヨンセンが2得点をマーク

ノルウェー・ティッペリーガエン(1部)のオッド・グレーンランBKに所属する元ノルウェー代表FWフローデ・ヨンセンは17日、本拠地で行なわれたオーレスンSK戦で2得点をマークした。試合は2-2の引き分けに終わった。 3トップの一角として先発出場した元清水エスパルスのストライカーは、1点ビハインドで迎えた58分にヘディングで同点ゴールをマーク。その後81分に勝ち越し弾を許し敗色濃厚となった87分に......続きを読む»

元スウェーデン代表ヨンソンがストックホルムの大学に通うことに

スウェーデン・アルスベンスカンのユールゴーデンIFに所属する元スウェーデン代表MFマティアス・ヨンソンが、今年からストックホルムの大学に通う。「サッカーと家庭、それに勉強を並立させることはとても大きな挑戦になるだろう」とヨンソンは話す。 現在37歳のヨンソンは今シーズン終了後に現役生活に終止符を打つことになっているが、一方で彼は今年から勉学に励む。ストックホルム商科大学に設置されている「Cru......続きを読む»

欧州の強豪クラブが注目する16歳のデンマーク人

現在、欧州の強豪クラブから熱い視線を注がれている若手デンマーク人選手がいる。彼の名はビクトル・フィッシャー。FCミッティランのユースに所属する16歳のFWに対してACミラン(イタリア)やアヤックス(オランダ)といったクラブが関心を示しているという。 フィッシャーはリセンIF、AGFを経て2009年にミッティランに加入した。2009-2010シーズンのU17リーグ戦では22試合25得点という驚異......続きを読む»

フローデ・ヨンセン「ノルウェーリーグよりJリーグのほうがレベルが高い」

ノルウェー・ティッペリーガエン(1部)、オッド・グレーンランBK所属の元清水エスパルスFWフローデ・ヨンセンは、ノルウェーリーグよりもJリーグのほうがレベルが高いと考えているようだ。ノルウェーのネット新聞『NETAVISEN』で語っている。 2006年から2008年までを名古屋グランパス、2009年から2010年までを清水でプレーした元ノルウェー代表ストライカーは「ティッペリーガエンは私が日本......続きを読む»

セバスティアン・ラーション、今季限りでバーミンガムを退団へ

イングランド・プレミアリーグのバーミンガムFCに所属するスウェーデン代表MFセバスティアン・ラーションが、今季限りでクラブを退団することを明らかにした。 ラーションの代理人を務めるペール・ヨンソン氏によると、今冬に経営陣が変わったことが退団を決断した大きな理由のようだ。同氏によると、新しい経営陣はラーションに対して愛情がないという。 この25歳のサイドアタッカーにはトルコなど複数の国外ク......続きを読む»

アルスベンスカン第2節・マルメとヘルシンボリが開幕2連勝

4月8日 オーレブローSK1-0シリアンスカFC 62分 ベドヤ(1-0) 観客:1万654人 オーレブローが開幕2連勝。「ビッグチャンスをつくるのが難しかった」というGKアルブボーゲの言葉どおり相手の守りに苦しんだものの、コーナーキックのこぼれ球をベドヤがボレーで押し込み試合を決めた。勝利の立役者となった米国代表MFは試合後、「オーレブローはスウェーデンで最高のチームだ」と話した。......続きを読む»

スウェーデンサッカー協会HPで山口麻美選手の紹介記事が掲載される

スウェーデンサッカー協会公式HP上で、スウェーデン・ダムアルスベンスカン(1部)のハンマルビーIF DFFに所属する日本女子代表FW山口麻美選手の紹介記事が掲載されている。 記事のタイトルは「ハンマルビーの大きな星」。24歳のアタッカーはウメオIK在籍時のこと、ハンマルビーを選択した理由、そして先月11日に発生した東日本大地震について語っている。 今月9日に開幕を迎えたダムアルスベンスカ......続きを読む»

アルスベンスカン2011・チーム紹介

毎年恒例となった(?)アルスベンスカンチーム紹介。過去2年はシーズン開幕前にアップしていましたが、今年は事情によりシーズン開幕後に紹介することになりました。 AIK AIK 設立:1891年 本拠地:ロースンダ・スタディオン(3万5000人収容、天然芝) 昨季の順位:11位 監督:アンドレアス・アルム 昨季は大幅な戦力ダウンと内部のゴタゴタが原因で残留争いに巻き込まれてしまったス......続きを読む»

アルスベンスカン開幕戦の観客数が前年比で激増

スウェーデン1部・アルスベンスカンの今季開幕戦8試合の総観客数が前年比(約4万8305人)約90%増の約9万1638人であることがわかった。 昨季の開幕戦の平均観客数は6038人だったのに対し、今年は1万1454人。 AIKとユールゴーデンIFのストックホルム・ダービーで約2万9000人もの観客がつめかけたこと、トレッレボリ対マルメのスコーネ・ダービーがトレッレボリの本拠地ボンガバッレン......続きを読む»

フローデ・ヨンセン、ノルウェーリーグ復帰後初ゴールを決める

ノルウェー・ティッペリーガエン(1部)のオッド・グレーンランBKに所属する元ノルウェー代表FWフローデ・ヨンセンが3日、敵地で行われたソグンダルIL戦でノルウェーリーグ復帰後初ゴールを挙げた。試合は4-1でグレーンランが快勝した。 3トップの一角としてプレーしたヨンセンは71分、味方からのロングボールをヘディングで決めた。 試合のハイライト動画はこちら。 ローゼンボリがリーグ開幕2......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカンが開幕

スウェーデン1部・アルスベンスカンが2日、開幕した。 昨季のリーグ覇者マルメはトレッレボリとのスコーネ・ダービーを制し白星発進。同2位ヘルシンボリも勝利を収めた。 一方、優勝候補の一角ヨーテボリは本拠地でオーレブローに敗れまさかの黒星スタート。AIKとユールゴーデンによるストックホルム・ダービーはスコアレスドローに終わった。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックするとハ......続きを読む»

元ノルウェー代表FWフローが母国リーグで現役復帰か

2009年に引退した元ノルウェー代表FWトーレ・アンドレ・フローが、同国1部・ソグンダルILで現役復帰する可能性が出てきた。 かつてイングランドのチェルシーFCでプレーしたこともあるこの37歳は先月末、自身がサッカー選手としてキャリアをスタートさせたソグンダルに選手として登録した。フローは今夏に家族ととにソグンダルへ帰る予定とのことで、現役復帰が実現するとすれば夏以降になりそうだ。 フロ......続きを読む»

スウェーデン代表、6年間PKによる得点なし

先月29日の欧州選手権予選・モルドバ戦に勝利したスウェーデン代表だが、前半終了間際に得たペナルティキックをエースのズラタン・イブラヒモビッチが失敗したシーンがあった。実は同代表は、6年間PKによる得点がない。 スウェーデンが最後にPKで得点したのは2005年3月26日の対ブルガリア戦。この試合でフレデリク・ユングベリが11メートルの距離からゴールネットを揺らした。以後、チームは今日まで3度のP......続きを読む»

マルメのニルソン監督がコペンハーゲン新監督に就任することに

スウェーデン・アルスベンスカンのマルメFFで指揮を執るローランド・ニルソン監督が、デンマーク・スーペルリーガのFCコペンハーゲンの新監督に就任することが決まった。契約期間は3年だが、いつから指揮を執るかはまだ決まっていない。 今季限りで退団するストーレ・ソルバッケン監督の後釜を探していたコペンハーゲンだが、ようやく後任者が決定。同クラブは以前からにルソン監督に触手を伸ばしていた。 現在4......続きを読む»

マルメのニルソン監督、今季限りで辞任へ

スウェーデン・アルスベンスカンのマルメFFで指揮を執るローランド・ニルソン監督が、今季限りでクラブを去ることが明らかになった。 クラブ側は2012年以降もニルソン監督との契約延長を希望していたが、本人が2011年シーズン終了後にマルメを去る決断を下したようだ。 ニルソン監督は現在、ストーレ・ソルバッケン監督の後任としてFCコペンハーゲンの新監督に就任するのではないかと噂されている。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンのサッカーに興味を持ち始める。 『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』などに寄稿。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:2203371

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss