スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2011年02月

デンマークリーグの王者、2012-2013シーズンからチャンピオンズリーグ予選免除に

デンマーク・スーペルリーガの優勝クラブは2012-2013シーズンからチャンピオンズリーグ予選が免除され、直接本大会へ進めることが決まった。 24日に各地で行なわれたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦で、UEFAリーグランキングにおけるデンマークのライバル国であるベルギーとスイスのクラブ(RSCアンデルレヒト/ベルギー、FCバーゼルとBSCヤング・ボーイズ/スイス)が敗退。これにより201......続きを読む»

コペンハーゲン、ホームでチェルシーに敗れる

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦が22日、各地で行なわれ、デンマークのFCコペンハーゲンは本拠地でチェルシーFC(イングランド)と対戦。全体的にミスが目立ったことが響き、0-2で敗れた。 昨年行なわれたグループリーグではFCバルセロナに次いでグループ2位となり、クラブ史上、そしてデンマーク史上初めて決勝トーナメントに進出したコペンハーゲン。昨年12月から今年3月上旬まで国内リー......続きを読む»

「グロンケアはチェルシーでレジェンドだ」

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・対チェルシーFC戦に挑むFCコペンハーゲン所属のイェスパー・グロンケアが、チェルシーのオフィシャルクラブTV「チェルシーTV」で編集を担当するニール・バーネット氏に賞賛されている。 2000年から2004年までチェルシーに在籍していたグロンケア。高速ドリブルで観客を魅了した反面、クロスの精度が悪いといった短所もあり、ファンにとっては評価の分かれる選手......続きを読む»

元ノルウェー代表スールシャール氏がコペンハーゲンを訪問

元ノルウェー代表FWオーレ・グンナー・スールシャール氏が、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・チェルシー戦を控えるFCコペンハーゲンを訪れた。 かつてマンチェスター・ユナイテッドでスーパーサブとして活躍し、現在は母国1部リーグのモルデFKで監督を務めるスールシャール氏は、視察のためコペンハーゲンを訪問。同氏は、デンマーク王者はチェルシーに対してサプライズを起こすことは可能だと考えている......続きを読む»

セルティックで出場機会の少ないユングベリ、理由はコンディション不足

スコットランド・プレミアリーグ、セルティックFCに所属する元スウェーデン代表MFフレデリク・ユングベリが、出場機会の少ない現状について『Fotbollskanalen』に語っている。 この33歳のサイドアタッカーが米国シカゴ・ファイヤーからセルティックに加入したのは今年1月のこと。イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCで長年レギュラーとしてプレーしてきた実績が高く評価され、加入当初は大き......続きを読む»

イブラヒモビッチ「スウェーデンのサッカーはここ10年間成長していなかった」

スウェーデン代表主将のズラタン・イブラヒモビッチが、ラーシュ・ラーゲルベック前監督が代表チームを率いた10年間を「成長していなかった」と批判している。 イタリアのACミランに所属するこの29歳は先のキプロス遠征中、エリック・ハムレーン監督率いる現チームと、ラーゲルベック氏が指揮していた過去のチームを比べて以下のように話している。 「俺に言わせれば、(ラーゲルベックが率いていた)スウェーデンの......続きを読む»

チェルシー戦を控えるコペンハーゲンの近況

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、対チェルシー戦を控えるデンマークのFCコペンハーゲン。国内リーグが中断期間に入っていることもありコンディションの調整が不安視されていたが、精力的にテストマッチをこなし、まずまずの仕上がりをみせている。大一番に挑むデンマーク王者の近況を追った。 グロンケア「ローゼンボリが道筋を示してくれた」 現時点ではスカンジナビア最高のクラブチームといっても過......続きを読む»

スカンジナビア諸国リーグでプレーする選手の年収

スウェーデンサッカー協会が発行している雑誌『Magasinet Fotboll』を一昨年から購読しているのだが、一昨年の第3号にアルスベンスカン(1部)やスーペルエッタン(2部)に所属する選手の収入に関する記事が掲載されていて非常に興味深かった。同時に「スカンジナビア各国リーグでプレーする選手の収入はどのくらいなのだろうか」と疑問を持ち始め、早速、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー各国リーグでプレ......続きを読む»

新天地ハンマルビーで中心選手として期待される山口麻美選手

女子日本代表MF山口麻美選手がスウェーデンに戻ってきた。2009年にウメオIKでプレーしたこの24歳のアタッカーは、アトランタ・ビート(米国)、日テレ・ベレーザを得て、昨年12月に首都ストックホルムのハンマルビーIF DFFに移籍。新天地での抱負やスウェーデンでの生活などについて、国内女子サッカー専門サイト『damfotboll.com』にて語っている。 東京都出身は山口選手は、兄の影響でサッ......続きを読む»

ノルウェー代表、ポーランドに敗れる

ノルウェー代表は9日、ポルトガルのファロでポーランド代表と対戦。内容では相手を上回りながら得点できず、0-1で敗れた。 前半は数多くのチャンスをつくったノルウェーだが、19分に先制点を許してしまう。後半に入ると攻撃の圧力をさらに強め、ハンゲランやカレウ、ヨン・アルネ・リーセらがゴールを狙うが、相手GKのファインセーブに阻まれるなど最後まで得点できなかった。 来月26日に行われる欧州選手権......続きを読む»

スウェーデン代表、PK戦の末ウクライナに敗れる

スウェーデン代表は9日、キプロスのニコシアでウクライナ代表と対戦。PK戦の末惜しくも敗れた。 エリック・ハムレーン監督は前日のキプロス戦と異なり、イブラヒモビッチやイサクソンなど主力の大半を先発で起用。メディアの間で注目されていたトップ下の位置には、エルマンデルが入った。 序盤、相手のプレスに手を焼きなかなかボールを前に運べなかったスウェーデンだが、7分に先制する。ルスティグの浮き球のボ......続きを読む»

スウェーデン代表、キプロスに快勝

スウェーデン代表は8日、ニコシアでキプロス代表と対戦。ヒセーンとベリの得点により2-0で快勝した。 今回のキプロス遠征では34人(そのうちエクダルとアントンソンは怪我で離脱)のメンバーを招集したエリック・ハムレーン監督。この日行われたキプロスとの試合ではイブラヒモビッチやエルマンデルら主力の大半をベンチに置かず、アルメベックやマルティン・オルソンなど若手中心のメンバーを起用した。 前半、......続きを読む»

【スウェーデン代表】イブラヒモビッチとコンビを組むのは誰か

今月8日にキプロスで開催されるキプロス・カップに出場するスウェーデン代表だが、どの選手がズラタン・イブラヒモビッチのパートナーとしてトップ下を務めるのか注目が集まっている。 エリック・ハムレーン監督はこれまで、トップ下にオーラ・トイボネンを起用し続けてきた。だがオランダのPSVアイントホーフェンに所属するこの24歳は、3月29日に行われる欧州選手権予選(対モルドバ)には累積警告により出場できな......続きを読む»

トマソンの引退を恐れるフェイエノールト

オランダ・エールディビジのフェイエノールトは、昨年の南アフリカW杯で負った怪我により長期戦線離脱を余儀なくされている元デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンについて、復帰は難しいと考えているようだ。 フェイエノールトでスポーツチーフを担当するレイモンド・サロモン氏は、「我々はトマソンの復帰についてとても悲観的だ。医師によると、トマソンが以前のレベルで再びプレーできることはないとのこと。私は、......続きを読む»

ムトゥンバがAIKに復帰

スウェーデン人MFマルティン・ムトゥンバは3日、ハンガリーのビデオトンFCからスウェーデン・アルスベンスカンのAIKに復帰することが決まった。契約は2013年まで。 AIKのスポーツチーフを務めるイェンス・アンデション氏はムトゥンバについて「前線の選手としての資質を備えている。対戦相手に脅威を与えるだろう」と期待を寄せる。 ムトゥンバはウガンダのルーツをもつ25歳。2002年にAIKでキ......続きを読む»

2011年の飛躍を期待したい選手・デンマーク編

ヨハン・アブサロンセン 1985年9月16日(25歳)。177センチ。FCコペンハーゲン(デンマーク)所属。MF。 昨年の南アフリカW杯ではグループリーグ敗退という結果に終わったデンマーク代表。敗因について、「モアテン・オルセン監督がベテランに固執した」という意見がもっとも多かったように思われる。だが個人的な意見を言わせてもらえれば、若手・中堅に期待できる選手がいなかったためにオルセン監......続きを読む»

スカンジナビア諸国選手・冬の移籍情報

スウェーデン DF テディ・ルチッチ(IFエルフスボリ/スウェーデン→引退) ヨエル・エクストランド(ヘルシンボリIF/スウェーデン→ウディネーゼ/イタリア) フレデリク・ストール(フルハムFC/イングランド→ボーレレンガIF/ノルウェー) バリド・アッタ(AIK/スウェーデン→NKディナモ・ザグレブ/クロアチア) ペーテル・ラーション(FCコペンハーゲン/デンマーク→ヘルシンボリI......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表

スウェーデンサッカー協会は1日、今月のキプロス遠征に参加する代表メンバー34名を発表した。 34名という従来よりも多くメンバーが選出されたため、招集された選手の名前をみるといくつかのサプライズがある。その筆頭が、A代表初招集となったドゥルマスだろう。シリアのルーツをもつこの21歳のサイドアタッカーは先月の南アフリカ遠征に選ばれていなかった選手で、所属クラブのマルメでもレギュラーの座を掴めていな......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:2193253

(09月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss