スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2010年04月

CL敗退のイブラヒモビッチ、厳しい批判を浴びる

スペインのFCバルセロナに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、28日のチャンピオンズリーグ準決勝の対インテル(イタリア)戦での敗退後、メディアから手厳しい批判を浴びている。 スペイン紙『マルカ』はこの28歳のストライカーに対し「バルセロナのなかで最悪」という見出しをつけ、「熱意を示せず、チームメイトを助けることができなかった。解決策を見出すためにみずからのシーズンを分析す......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第8節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカン第8節が24-26日、各地で行われた。 首位ヘルシンボリは好調ミェルビー相手に1-0で勝利し首位をキープ。2位マルメもダニエル・ラーションの活躍でユールゴーデンに2-1で勝った。最下位オートビーダベリは調子の上がらないヨーテボリに対し2-1で競り勝ち、今季初勝利を挙げた。 試合のところをクリックすると、svtのハイライト動画をご覧になれます。 4月24......続きを読む»

カスパー・シュマイケルがリーグベストイレブンに選出される

イングランド・フットボールリーグ2(4部)、ノッツ・カウンティFC所属のデンマーク人GKカスパー・シュマイケルが、リーグ年間ベストイレブンに選出された。 今シーズン開幕前にマンチェスター・シティFCからノッツ・カウンティに加入したシュマイケルは、正GKの座を確保しチームのリーグ1(3部)への昇格に貢献。その活躍が認められ、今季のベストGKに選ばれた。 だがシュマイケルは、今季終了後にクラ......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第29節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第29節が24-26日、行われた。 首位コペンハーゲンは3位オールボーに2-0で快勝。2位オーゼンセもシルケボーから勝ち点3を獲得したため、両チームの勝ち点差は6のまま変わらず。ヤコブ・ポウルセン、マルティン・ヨルゲンセンら豊富なタレントを擁するAGFだが、最下位クーゲに0-3で敗北。降格圏内の11位まで順位を下げた。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のとこ......続きを読む»

デンマーク代表アシスタントコーチ「過去にソーレンセンを欠いたことがある」

26日に行われたイングランド・プレミアリーグ、対チェルシーFC戦で肘を負傷したストーク・シティFC所属のデンマーク代表GKトーマス・ソーレンセン。当初は骨折の疑いもあり6月のW杯出場が絶望視されていたが、診断の結果、肘の脱臼であることが判明。手術の必要性はなく、南アフリカ行きも不可能ではないことがわかった。 とはいえ、ソーレンセンが本大会に間に合うかどうかは現段階ではまだわからない。この経験豊......続きを読む»

ラーセン、W杯を欠場か?

『日刊スポーツ』は22日、ドイツ2部のMSVデュイスブルクに所属するデンマーク代表FWソーレン・ラーセンについて「負傷でW杯絶望的」と報道した。 同記事には「19日の練習中に右足首の靭帯を断裂した」と書かれている。だが、デンマークのサッカーサイト『Onside.dk』は「4月下旬にはトレーニングを開始できると思う」という本人のコメントを紹介し、W杯にも間に合うのではないかと報道。他のサイトでも......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第7節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカン第7節が14-15日、各地で行われた。 首位ヘルシンボリと2位マルメによるスコーネ・ダービーは2-1でヘルシンボリが勝利し首位をキープ。ヨーテボリはエルフスボリに5-1で大勝し2勝目。AIKも敵地でカルマルを3-0で下し初勝利を挙げた。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、svtのハイライト動画をご覧になれます。 4月18日 ......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第28節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第28節が17-19日、行われた。 これまで不調が続いていた2位オーゼンセはすでに降格が決まっている最下位クーゲに2-1で勝利。首位コペンハーゲンが好調ミドユランに2-3で敗れたため、両チームの勝ち点差は6に縮まった。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、TV2のハイライト動画をご覧になれます。 4月17日 FCミドユラン3-2......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第27節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第27節が14-15日、行われた。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、TV2のハイライト動画をご覧になれます。 4月14日 FCコペンハーゲン3-2エスベアfB 7分 ノッレゴー(1-0) 54分 サンティン(2-0) 59分 ヌドイェ(3-0) 63分 ベンデルボ(3-1) 82分 ヤンセン(3-2) コペンハーゲ......続きを読む»

デンマーク代表W杯公式ソングが配信開始

デンマーク代表W杯応援ソングが、19日よりiTunesなどで配信される。 曲名は「The Danish Way To Rock」。タイトルは英語だが、歌詞はデンマーク語だ。楽曲を担当したのはデンマークの人気ロックバンドNephew。なお、コーラスにはニクラス・ベントナーらデンマーク代表選手も参加している。 Youtubeで楽曲がアップロードされています(こちら)。 2010年4月1......続きを読む»

ツイッター始めました

このたびツイッターを始めることになりました。 http://twitter.com/swe1707 ブログでは紹介しきれないことを中心に書くつもりです。よろしくお願いいたします。 ...続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第6節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカン第6節が14-15日、各地で行われた。 首位ヘルシンボリは最下位オートビーダベリはまったく問題にせず、3-0で快勝し首位をキープ。2位マルメと3位ヘッケンによる上位対決は3-1でマルメに軍配が上がった。 一方、優勝候補のAIKとヨーテボリは依然として不振が続いている。前者はハルムスタッドに、後者はトレッレボリに敗北。それぞれ15位、13位と低迷している。 ......続きを読む»

ソーデルが10ヶ月ぶりに戦列復帰

昨年6月に膝の前十時靭帯を断裂し戦列を離れていたIFKヨーテボリのFWロビン・ソーデルが、15日の対トレッレボリ戦でベンチ入りすることが決定。約10ヶ月ぶりに戦列に復帰することになった。 現在19歳のソーデルは、昨年6月に地元スウェーデンで開催されたU-21欧州選手権準決勝、対イングランド戦で膝の怪我をおしてプレーを続けたことにより靭帯を断裂。以後今日までリハビリに励んでいた。 ソーデルは2......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第26節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第26節が10-12日、行われた。 首位コペンハーゲンと2位オーゼンセがそれぞれラネスとブロンビーに敗れたため、両チームの勝ち点差は6のまま変わらず。 ノアシェランとクーゲの一戦では、アンドレアスとマズによるラウドルップ兄弟対決が実現。試合は1-1の引き分けに終わった。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、TV2のハイライト動画を......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第5節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカン第5節が10-12日、各地で行われた。 強豪同士の対戦となったヘルシンボリ対エルフスボリは、ガシのスーパーゴールなどでヘルシンボリが2-1で勝利。最下位オートビーダベリと引き分けたヘッケンを抜いて首位に浮上した。また、カルマルとの乱打戦を制したマルメが2位につけている。 一方、昨シーズン最後まで優勝を争った2チーム、AIKとヨーテボリは依然として不振が続いて......続きを読む»

アンデシュ・スベンソン「スウェーデンサッカーの将来が恥ずかしい」

スウェーデン・アルスベンスカン、IFエルフスボリ所属のスウェーデン代表MFアンデシュ・スベンソンが、リーグ戦で使用されているスタジアムのピッチ状態の酷さに怒りをあらわにし、またスウェーデンサッカーに対して警鐘を鳴らしている。 今年はワールドカップ・イヤーということもあり、例年より早く開幕したアルスベンスカン。そのためか、試合会場として使用されるスタジアムのピッチの芝が十分に育っていないところが......続きを読む»

ラーション監督、デビュー戦を勝利で飾る

スウェーデン・スーペルエッタン(2部)が10日開幕し、ヘンリク・ラーション新監督率いるランスクローナBoISは本拠地でのデーゲルフォシュIF戦を1-0で勝利した。 昨シーズン、選手生活にピリオドを打ち、今年から監督としてのキャリアをスタートさせた”ヘンケ”。このスウェーデンを代表するスターをみようと、ランスクローナの本拠地であるランスクローナIPには4400人がつめかけた。この観客数は、2部の......続きを読む»

ヤコブ・ポウルセン、W杯欠場の可能性も

デンマーク・スーペルリーガのAGFオーフスに所属し、足首の怪我で戦列を離れているデンマーク代表MFヤコブ・ポウルセンだが、W杯を欠場する可能性が出てきた。 2月に足首を負傷したポウルセン。翌3月下旬にトレーニングを始めることを試みたが、再び具合が悪化。26歳の攻撃的MFはより精密な検査を受けるため、スイスに渡ることになった。かつて浦和レッズでプレーし、現在はAGFでスポーツチーフを務めているブ......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第4節試合結果‏

スウェーデン・アルスベンスカン第4節が5-6日、各地で行われた。 3戦全勝のヘルシンボリとヘッケンは、それぞれトレッレボリとエルフスボリに引き分け連勝ストップ。昇格組ながらこれまで2勝1分と好調を維持していたミェルビーはイェブレに敗戦を喫し、今季初黒星を喫した。昨季覇者のAIKはオレブローに敗れ、17位に低迷している。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、svt......続きを読む»

ローベンクランズ「父は私のことを誇りに思ってくれただろう」

イングランド・チャンピオンシップ(2部)、ニューカッスル・ユナイテッドFCは5日、本拠地で行われたシェフィールド・ユナイテッドFC戦に2-1で勝利し、1年でプレミアリーグ復帰を決めた。デンマーク人FWピーター・ローベンクランズはペナルティキックで先制点をたたき出しチームの勝利に貢献。今季11得点をマークしているこの30歳の快速フォワードは、トップリーグ昇格の原動力になったといっても過言ではないだろう......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第25節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第25節が4-5日、行われた。 前節、2位オーゼンセとの直接対決を制した首位コペンハーゲンは、敵地でノアシェランに3-0で快勝。オーゼンセがエスベアと引き分けたため、両チームの勝ち点差は6にひろがった。 不振が続いていた7位ブロンビーは、敵地でクーゲに2-1で勝利。ヘンリク・イェンセン監督が就任してからチームは2勝1分と好調を維持している。 各試合の結果は......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第24節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第24節が3月31-4月2日、行われた。 コペンハーゲンとオーゼンセによる頂上対決は、ヌドイェとグロンケアのゴールにより2-0でコペンハーゲンが快勝し首位をキープ。オーゼンセとの勝ち点差を4に広げた。 リーグ再開してから白星がなかったAGFだが、4位エスベアに4-0で圧勝。デンマーク代表MFヤコブ・ポウルセンが間もなく復帰する見込みで、今後の巻き返しに期待がかか......続きを読む»

ダビド・エルムがフルハムと契約延長

イングランド・プレミアリーグ、フルハムFC所属のスウェーデン人FWダビド・エルムは31日、契約延長に合意した。契約期間は2年。 昨夏にカルマルFFからフルハムに移籍したエルム。フルハムとの契約は先月31日までだったが、クラブ側が契約延長のオプションを行使。この26歳の長身フォワードは少なくともあと2年間ロンドンに滞在することになった。 エルムは今年1月にリーグ戦デビューを果たし、翌月の対......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第3節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカン第3節が27-31日、各地で行われた。 開幕2連勝中のヘルシンボリは本拠地で強豪ヨーテボリを2-0で下し、ヘッケンとともに3連勝を飾った。 昨季覇者のAIKは、敵地で格下GAISに1-3で敗北。ここまで勝ち点2と低迷している。 一方、これまで健闘をみせている昇格組のミェルビーは今節も小気味よいパスサッカーを披露し、オレブローに2-0で快勝した。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンのサッカーに興味を持ち始める。 『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』などに寄稿。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:2203419

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss