スカンジナビア・サッカーニュース

月別アーカイブ :2010年03月

ヨナス・テルンの長男がヘルシンボリと契約

前スウェーデン代表MFヨナス・テルン氏の長男で、現在はディビジョン1(3部)のIFKベルナモでプレーするシモン・テルンが31日、スウェーデン・アルスベンスカンのヘルシンボリIFと契約した。契約は2013年まで。 ヘルシンボリでスポーツチーフを務めるイェスペル・ヤンソン氏は、シモンについて「優れた個性、プレー理解力、技術をもったセントラルMF」と期待を寄せている。 シモンは1992年生まれ......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第23節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第23節が27-29日、各地で行われた。 首位コペンハーゲンは敵地でAGFとスコアレスドローに。よって、勝てば首位に浮上することができたオーゼンセだが、本拠地でミドユランに逆転負け。よってコペンハーゲンが勝ち点差1で首位をキープした。 不振が続くブロンビーだが、敵地でソネイスクに3-1で快勝。ヘンリク・イェンセン新監督の初陣を勝利で飾った。 各試合の結果は......続きを読む»

ラウドルップ兄弟がそろって今季初得点をマーク

デンマーク史上最高の選手ミカエル・ラウドルップの子どもとして注目されながら、これまでなかなか結果を出すことができなかったマズとアンドレアスのラウドルップ兄弟が、第22・23節でそろって今季初得点をマークした。 まずは長男のマズ。HBクーゲでプレーするこの21歳は25日、敵地でのブロンビー戦に先発出場すると、開始7分に強烈なミドルシュートを決め、チームに貴重な先制点をもたらした。マズの得点で勢い......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第22節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第22節が24-25日、各地で行われた。 首位コペンハーゲンは、本拠地でノアシェラン相手に0対2で敗北。2位オーゼンセがエスベアに2対1で勝利したため、両チームが勝ち点46で並んだ。 今節は下位チームの健闘が光った。11位ラネスがAGFに、そして最下位クーゲがブロンビーにそれぞれ勝利。ミカエル・ラウドルップの長男マズ・ラウドルップが今季初ゴールを上げ、クーゲの勝......続きを読む»

ミェルビー氏がセルティックのアシスタントコーチに就任

スコットランド・プレミアリーグ、セルティックFCは25日、アシスタントコーチとして前スウェーデン代表DFヨハン・ミェルビー氏が就任したことを発表した。契約期間は今シーズン終了まで。 セルティックは、24日の対セント・ミレン戦での敗戦を受けてトニー・モウブレイ監督を解任。後任としてニール・レノン氏が指揮を執ることになったが、アシスタントコーチを必要としていたレノン氏がコンタクトを取ったのが、セル......続きを読む»

アルスベンスカンの開幕2試合の平均観客数は前年比で半減

スウェーデン・アルスベンスカンの第2節までの平均観客数が前年同期比で半減したことがわかった。 今年はワールドカップ・イヤーということもあり、例年よりも早くシーズンが開幕したアルスベンスカンだが、スタジアムへ足を運ぶ人は昨年と比べて大幅に減少している。2009年度の第2節終了時における平均観客数は10755人。それに対し、今年は45%減の5869人だ。 スウェーデン・エリートサッカー協会の......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第2節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカン第2節が20-23日、各地で行われた。 ブロンマポイカルナと対戦した昨季の覇者AIKは、前節に続きスコアレスドローに。ペイビーとエグレンの2選手が退場処分を受けるなど、散々な内容だった。 そのAIKと、前節互角以上の戦いを見せた昇格組ミェルビーは本拠地でGAISと対戦。セントラルMFのグラーンを中心とした攻めが冴え渡り、エーケングレンのハットトリックで3対0......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第21節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第21節が20-22日、各地で行われた。 敵地に乗り込みソネイスクと対戦した首位コペンハーゲンは、サンティンのゴールなどで2対0で勝利。首位をキープした。 そのコペンハーゲンを追う2位オーゼンセも、ウタカとカカの外国人コンビのゴールでAGFに2対0で快勝した。一方敗れたAGFは、これでリーグ再開後3連敗となり、9位に後退した。 各試合の結果は以下のとおり。 ......続きを読む»

ノアストラン、今季終了後にコペンハーゲンに復帰

オランダ・エールディビジ、FCフローニンゲンにレンタル移籍しているデンマーク人FWモアテン・ノアストランは、今季終了後にレンタル元のFCコペンハーゲンに復帰することになった。 ノアストランは、昨夏に1年契約でフローニンゲンにレンタル移籍。フローニンゲンには買い取りオプションの権利があったが、クラブ側はこれを行使せず。よって26歳のデンマーク人は、契約が切れる6月30日以後にコペンハーゲンに戻る......続きを読む»

デンマーク代表応援サイトの紹介

南アフリカW杯で日本と対戦することになり注目が集まっているデンマークですが、ここでデンマーク代表を応援するサイトを紹介させていただきます。 その名は「和歌山ローリガンズ」。2002年日韓W杯時にデンマーク代表が和歌山県でキャンプを行ったことがきっかけで結成されました。2003年から「コムサ!!デンマークカップ」というサッカー大会を毎年開いており、デンマーク代表が残した思い出を後世に残そうと活動......続きを読む»

ハンソン主審、今度は誤って「ハンド」と判定

スウェーデン・アルスベンスカン開幕戦、15日に行われたGAIS対マルメFFの試合で主審を務めたマルティン・ハンソン主審が、誤ってハンドと判定するシーンがあった。ハンソン主審はのちに、「誤審だった」と自らのミスジャッジを告白している。 問題のシーンは、前半に起きた。GAISのブラジル人ワンデルソンがペナルティエリア内で、対峙したダニエル・アンデションをボールを浮かせてかわそうと試みた。するとボー......続きを読む»

デンマーク・スーペルリーガ第20節試合結果

デンマーク・スーペルリーガ第20節が13-15日、各地で行われた。 コペンハーゲンとブロンビーによる「コペンハーゲンダービー」は、コペンハーゲンが2対0で快勝し、首位をがっちりキープ。2位オーゼンセがソネイスクと引き分けたため、勝ち点差を3にひろげた。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、TV2のハイライト動画をご覧になれます。 3月13日 オーゼンセB......続きを読む»

スウェーデン・アルスベンスカン第1節試合結果

スウェーデン・アルスベンスカンが13日、開幕した。 昨季の覇者AIKは、本拠地で昇格組のミェルビー相手にスコアレスドローの終わった。一方、同2位のヨーテボリは、強豪カルマルにヒセーンの2得点などもあり3対0で快勝。最高のスタートを切った。 各試合の結果は以下のとおり。 試合のところをクリックすると、svtのハイライト動画をご覧になれます。 3月13日 カルマルFF0-3IFKヨーテ......続きを読む»

ハンマルビーのサポーターがAIKの練習に乱入

スウェーデン・アルスベンスカン、AIKの10日午前中のトレーニングがハンマルビーIFのサポーターの乱入により中断されるという事件が起きた。 事件は、10日の11時過ぎに発生。ストックホルムのシッテホルムでAIKの選手が練習を行っている最中、AIKのライバルチームであり、今季はスーペルエッタン(2部)でプレーすることになっているハンマルビーのサポーター16名がトレーニング場に足を踏み入れ、練習を......続きを読む»

アルスベンスカン2010・チーム紹介

AIK AIK 設立:1891年 本拠地:ロースンダ・スタディオン(ストックホルム) 昨季の順位:1位 監督:ミカエル・スターレ 予想スタメン(4-5-1): マーノヤ:ペイビー、ペール・カールソン、アッタ、ニルス・エリック・ヨハンソン:オルリッツ、ジョンソン、ジョルディッチ、エグレン、ムトゥンバ:フラビオ 昨季のリーグ優勝に大きく貢献した守備陣のうち、GKオールンド、DFホーイフ......続きを読む»

ベントナーのCLハットトリックはデンマーク人史上5人目

9日に行なわれたチャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦第2戦の対FCポルト戦でハットトリックを達成したアーセナルFC所属のデンマーク代表FWニクラス・ベントナーだが、チャンピオンズリーグの前身チャンピオンズカップを含め、この欧州最高峰の舞台で3得点以上をマークした5人目のデンマーク人となった。そしてこの快挙は、1986年のミカエル・ラウドルップ以来24年ぶりだ。 これまでのハットトリック......続きを読む»

エリクセン「ミカエル・ラウドルップが私のアイドルだ」

オランダ・エールディビジ、アヤックス・アムステルダム所属のデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンは、現在デンマークでもっとも注目を集めている選手のひとりといってよいだろう。オーゼンセ出身のこの18歳は、今年1月にクラブのトップチームでデビューを飾ると、さらに今月3日に行われたオーストリア代表との親善試合にデンマーク代表として初招集され、しかも後半途中から出場。A代表史上4番目の若さでデビューを飾......続きを読む»

スーペルリーガが再開・コペンハーゲンが首位に浮上

ウインターブレイクにより中断されていたデンマーク・スーペルリーガが6日、再開された。 強豪同士の対戦となったFCコペンハーゲンとAGFオーフスの一戦は、予想に反して一方的な展開になり、セザール・サンティンのハットトリックなどもありコペンハーゲンが5対0で圧勝。FCミドユランと分けたオーゼンセBKを抜き、首位に浮上した。一方、今冬にACFフィオレンティーナ(イタリア)からAGFに復帰したMFマル......続きを読む»

ノルウェー関連ニュース休止のお知らせ

いつもこんなマニアックなブログにお越しいただき、ありがとうございます。 さて、最近多忙につき、しばらくのあいだノルウェー関連ニュースの紹介を休止させていただきます。ワールドカップ終了後には再開できると思いますので、そのときにはまたよろしくお願いいたします。 ...続きを読む»

AIKがスーペルクッペンを制する

スウェーデンの「スーパーカップ」にあたる「スーペルクッペン」が6日、ストックホルムのロースンダで行われ、昨季のリーグ・カップ戦覇者AIKが同リーグ戦2位のIFKヨーテボリを1対0で破った。 AIKは22分、フリーキックから素早くリスタートさせ、ボールは前線のフラビオへ。この23歳のブラジル人はペナルティエリア内に進入すると巧みなフェイントで相手DFをかわし、ヨーテボリゴールを破った。 試......続きを読む»

エリクセン、欧州若手タレント10傑にランク入り

英国のスポーツサイト『sport.co.uk』が、欧州クラブに籍を置く若手選手のなかで将来期待されている選手10人を発表。そのなかに、オランダのアヤックス・アムステルダム所属のデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンが入った。 同サイトは先月25日、「Top Ten: Most wanted starlets of European football」というタイトルの記事を紹介し、オランダの......続きを読む»

スウェーデン、エルマンデルのゴールでウェールズに勝利

国際親善試合が3日、各地で行われ、スウェーデン代表は敵地スウォンジーでウェールズ代表と対戦。ヨハン・エルマンデルの得点を最後まで守り切り、1対0で勝利した。 エリック・ハムレーン監督は、昨年11月の対イタリア戦同様、4-2-3-1システムを採用。守護神には正GKのアンドレアス・イサクソンではなくエディ・グスタフソンを選択。右サイドバックには大方の予想通り、中盤を主戦場とするセバスティアン・ラー......続きを読む»

デンマーク、オーストリアに敗れる

国際親善試合が3日、各地で行われ、デンマーク代表は敵地ウィーンでオーストリア代表と対戦。セットプレーから失点を喫し、1対2で敗戦。今年最初のA代表戦を勝利で飾ることはできなかった。 1月にタイで開催されたキングスカップに出場したデンマークも位置付けはA代表だが、国内リーグでプレーするメンバーを中心に構成されたチーム。よって今回のオーストリア戦こそ、本当の意味でのA代表としての今年最初のゲームと......続きを読む»

デンマーク代表、トマソンとアッガーが離脱

3月3日に敵地ウィーンでオーストリア代表と親善試合を行うデンマーク代表だが、主将を務めるFWヨン・ダール・トマソン、DFダニエル・アッガーが怪我により離脱することに。代わりに、DFイム・ラーセンとアンデス・モラー・クリステンセンが招集された。 ラーセンは、1月のキングスカップにリーグ選抜代表として全試合に出場し、モアテン・オルセン監督から「(前デンマーク代表DFの)マルティン・ラウルセンのよう......続きを読む»

ラース・ヤコブセン、そけいヘルニアを手術

イングランド・プレミアリーグ、ブラックバーン・ローバーズ所属のデンマーク代表DFラース・ヤコブセンは23日、そけいヘルニアの手術を行った。 南アフリカW杯に参戦するデンマーク代表において右サイドバックのレギュラー候補であるこの30歳だが、モアテン・オルセン監督の指示のもと、万全の状態で本大会を迎えるためそけいヘルニアにメスを入れる決断をした。 オルセン監督は、「2-3週間で復帰できること......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:2193226

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss