スカンジナビア・サッカーニュース

ノルウェーリーグ・ティッペリーガエン2009

ティッペリーガエン第27節・ローゼンボリ、無敗優勝ならず

ノルウェーリーグ・ティッペリーガエン第27節が3-5日、各地で行なわれた。前節リーグ優勝を決め、無敗のままシーズンを終えることができるかどうか注目が集まっていたローゼンボリBKだが、本拠地でのIKスタルト戦で2対3で敗れ、今季初黒星を喫した。 小林大悟選手が所属するスタベックIFは、FKフレデリクスタに逆転勝ちを収め、これで2位モルデFKと勝ち点で並んだ。 10月3日 ストロムスゴッセIF......続きを読む»

ティッペリーガ第26節・ローゼンボリが3季ぶりの優勝を決める

ノルウェーリーグ・ティッペリーガエン第26節が26-28日、各地で行なわれ、首位を独走するローゼンボリBKは敵地で2位モルデFKと対戦し、2対0で勝利。2006年シーズン以来、3季ぶり21度目の優勝を決めた。 なおローゼンボリは、ここまで26試合を消化していまだ負けなし。無敗のままシーズンを終えることができるかどうか注目が集まっている。 9月26日 FKフレデリクスタ1‐0リッレストローム......続きを読む»

ティッペリーガエン第17節延期分・ローゼンボリは引き分け、優勝は持ち越し

ノルウェーリーグ・ティッペリーガエン第17節延期分が23日、行なわれ、首位ローゼンボリBKは本拠地でトロムソILと対戦。この試合に勝利すれば3季ぶりのリーグ制覇が決定するところだったが、0対0のスコアレスドローに終わり、優勝は次節の対モルデFK戦(27日)以降に持ち越しとなった。 ローゼンボリBK0‐0トロムソIL ローゼンボリ ヤースタイン:ルスティグ、ラゴ、スタッツゴー、ドルシン:......続きを読む»

ティッペリーガエン第25節・ローゼンボリが優勝に王手

ノルウェーリーグ・ティッペリーガエン第25節が19-21日、各地で行なわれ、首位を独走するローゼンボリBKは本拠地でサンネフョルと対戦し、4対0で圧勝。2位モルデFKとの勝ち点差を13にひろげ、3季ぶりのリーグ制覇に王手をかけた。 ローゼンボリは、23日に本拠地で行なわれるトロムソ戦(17節延期分)に勝利すれば、優勝がきまる。 9月19日 オッド・グレーンランBK1‐2スタベックIF 2......続きを読む»

ティッペリーガエン第24節試合結果

9月12日 FKフレデリクスタ3‐1ヴォーレレンガIF 17分 マティアス・アンデション(1‐0) 45分 ベッレ(1‐1) 56分 ダ・コスタ(2‐1) 60分 ペレイラ(3‐1) フレデリクスタ スタマトポウロス:アスカル、ペレイラ、オプハウグ(64分 チファルテク)、ピーロヤ:バーショム、ボルヘス、ガシ:ヴァレンシア、ダ・コスタ(75分 ランベルグ)、マティアス・アンデション......続きを読む»

ティッペリーガエン第23節試合結果

8月29日 ヴォーレレンガIF2‐1モルデFK 18分 マメ・ビラム・ディウフ(0‐1) 39分 シェルトン(1‐1) 71分 ストールベック(2‐1) ヴォーレレンガ パーキンス:マドセン、ノウリ、ストールベック、ノードヴィーク:ヘスタ、フェラー(73分 ライヒ)、ザイッチ(25分 シン):ベッレ(78分 ハーゲン)、シェルトン、セテルネス モルデ リッレバック:スティーン......続きを読む»

ティッペリーガエン第22節試合結果

8月21日 フレデリクスタSK1‐4ローゼンボリBK 42分 デミドフ(0‐1) 46分 プリツァ(0‐2) 51分 イヴェルセン(0‐3) 57分 ピーロヤ(1‐3) 70分 プリツァ(1‐4) フレデリクスタ スタマトポウロス:ヴァス(73分 ヨハンソン)、バーショム、オプハウグ、ピーロヤ:アスカル、ランベルグ(79分 トゥルルセン)、ガシ(85分 エルヴェスタ)、クヴィスヴ......続きを読む»

ティッペリーガエン第21節試合結果

8月15日 ローゼンボリBK2‐0FKボード/グリムト 59分 ルスティグ(1‐0) 68分 イヴェルセン(2‐0) ローゼンボリ ヤースタイン:ルスティグ、ラゴ、スタッツゴー、ドルシン:サパラ、シェルブレ(85分 セリン)、ストラン(59分 オルセン)、デミドフ(78分 サヴォライネン):プリツァ、イヴェルセン ボード/グリムト ロンダク:ハモウド、ビョルダル、ペール・ヴェル......続きを読む»

ティッペリーガエン第20節試合結果

8月1日 モルデFK8‐1IKスタルト 7分 フォッレン(1‐0) 21分 モタ(2‐0) 32分 ホセト(3‐0) 36分 ホセト(4‐0) 40分 ホセト(5‐0) 59分 マメ・ビラム・ディウフ(6‐0) 66分 オウンゴール(6‐1) 79分 エルトソス(7‐1) 90分 モタ(8‐1) モルデ リッレバック:スティーン、フォッレン、アンドレアソン(66分 シェル......続きを読む»

ティッペリーガエン第19節試合結果

7月25日 IKスタルト2‐2スタベックIF 47分 ログネ(0‐1) 76分 パルマソン(0‐2) 87分 ボルゲルセン(1‐2) 88分 ボラノス(2‐2) スタルト ホイエ:フリーマン、ボルゲルセン、マティセン、ミリセヴィッチ:オウェロ(59分 ストッケリエン)、ハンセン、ボルフセン(69分 クライヴェン)、ボラノス、フェヴァン:フルスケル スタベック クヌードセン:......続きを読む»

ティッペリーガエン第18節試合結果

7月11日 スタベックIF2‐0ヴィーキングFK 53分 ベリィルンド(1‐0) 57分 ベリィルンド(2‐0) スタベック クヌードセン:セーゲルストローム、ヘデンスタ、オルセン(55分 ログネ)、ステンヴォル(46分 ホフ):小林、ハウゲル、ファルネルド、ケラー:ベリィルンド(78分 パルマソン)、ナンスコーグ ヴィーキング ミューレ:スコーグサイド、ステーンシルド、ソーマ......続きを読む»

ティッペリーガエン第17節・スタベックの小林選手が2アシストを記録

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第17節が4‐6日、各地で行なわれた。 序盤こそ下位に低迷していたものの、チャンピオンズリーグ予備戦を前に復調の兆しがみえつつあるスタベックは、敵地に乗り込みリンと対戦した。 ブランに逆転勝ちした前節の勢いを持続させたい昨季王者だったが、前半はリンに試合の主導権を握られてしまい、32分に先制点を許してしまう。 だが、後半に入り、昨季までリンでプレーしてい......続きを読む»

ティッペリーガエン第16節・ローゼンボリ、プリツァの決勝弾で6連勝

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第16節が6月28、29、7月1日に各地で行なわれた。 圧倒的な強さで首位を走るローゼンボリは、敵地に乗り込みヴォーレレンガと対戦した。 スロバキア代表MFサパラが怪我から3週間ぶりに復帰したこともあり、ローゼンボリは序盤から中盤を制圧。チャンスの山を築きイヴェルセンやプリツァがゴールに襲い掛かり、ゴールを挙げるのは時間の問題ではないかと思われた。 だが......続きを読む»

ティッペリーガエン第15節試合結果

6月24日 ヴォーレレンガIF2‐1FKボード/グリムト 6分 ザイッチ(1‐0) 53分 マルティンス(1‐1) 90分 モハメド・アブデラウエ(2‐1) ヴォーレレンガ パーキンス:ストールベック、ハーゲン(68分 フェラー)、ムーリ、ノウリ:アンドレセン、ムスタファ・アブデラウエ(56分 ベッレ)、ザイッチ、ヘスタ(26分 シン)、セテルネス:モハメド・アブデラウエ ボー......続きを読む»

ティッペリーガエン第14節試合結果

6月20日 オーレスンSK0‐3ローゼンボリBK 9分 コナン・ヤ(0‐1) 20分 オルセン(0‐2) 76分 プリツァ(0‐3) オーレスン リンデゴー:イェーゲル、アルネフョルド、トッロス、フィリップス(62分 パール):ラーセン(87分 オクラン)、スキリ、スティーブンソン、コプテフ、マティセン:オーロイ ローゼンボリ ヤースタイン:ストラン(87分 ヘラン)、スタッ......続きを読む»

ティッペリーガエン第13節・ローゼンボリ、ストロムスゴッセに苦しみながらも勝利

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第13節が13-15日、各地で行なわれた。 首位を走るローゼンボリは、本拠地にストロムスゴッセを迎えた。 開幕前、評論家がこぞって降格候補の筆頭に挙げていた相手だけに、ローゼンボリは何の苦労もせずに勝ち点3を獲得できると思われた。だが、チームの新エースになりつつあるプリツァを中心に果敢に攻め立てるも、相手GKモルドスクレーによる好セーブ、さらにはシュートが......続きを読む»

ティッペリーガエン第12節・スタベック、小林のファインゴールでトロムソに快勝

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第12節が6月1、2日、各地で行なわれた。 ここまでいまひとつ波に乗り切れないスタベックは、本拠地テレノール・アレナにトロムソを迎えた。 これまで攻撃においては昨季とほぼ変わらぬ水準を保っていたが、守備においては最終ラインと中盤が間延びすることが多く、そこを相手につけこまれピンチを招くことが多かったスタベック。だが、前節にスウェーデン代表経験をもつリスプが......続きを読む»

ティッペリーガエン第11節・ローゼンボリ、ルスティグのゴールで首位をキープ

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第11節が24‐25、28日、各地で行なわれた。 首位ローゼンボリは、本拠地にヴィーキングを迎えた。 両チームともチャンスをつかめず静かな展開だった試合は、前半の終盤から徐々に動き始める。前半終了間際、ローゼンボリは相手にPKを献上してしまいピンチを迎えることに。だが、誰もが失点を覚悟したこの場面を、GKヤースタインがソマのキックをストップ。ベテラン守護神......続きを読む»

ティッペリーガエン第10節・小林、今季2点目を挙げるもチームは引き分け

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第10節が19、21日、各地で行なわれた。 前節、サンデフョルドに4対1と完勝したスタベックは、敵地に乗り込みヴィーキングと対戦した。 スタベックのヤン・ヨンソン監督は、サンデフョルド戦の勢いを持続させようとするため、前節と同じスターティングイレブンで試合に挑む。だが、思うようにパスが回らず、徐々に相手に押し込まれる展開に。すると21分、左からのクロスをヴ......続きを読む»

ティッペリーガエン第9節・首位攻防戦はドローに終わる

ノルウェーリーグ、ティッペリーガエン第9節が16日、各地で行なわれた。 今節最大の注目カードは首位ローゼンボリと2位モルデによる直接対決。ローゼンボリの本拠地レーケンダールには約20000人の観客がつめかけた。 序盤、試合を支配したのはローゼンボリ。テッティが2度の得点機を迎えるなど、早くも主導権を握る。 だが、モルデも徐々にペースをつかみ反撃に転じる。すると15分、フリーキックのチャ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンのサッカーに興味を持ち始める。 『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』などに寄稿。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:2202691

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss