スカンジナビア・サッカーニュース

スウェーデン代表メンバー発表…グイデッティが選ばれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデンサッカー協会は3日、EURO2018予選のモンテネグロ戦(15日、スウェーデンサッカー協会は30日、EURO2018予選のモンテネグロ戦(10月9日、ポドゴリツァ)と親善試合のフランス戦(18日、マルセイユ)に臨む代表メンバー22名を発表した。

 来年開催されるU-21EURO本大会への出場権獲得に貢献したグイデッティとキーセ・テリンのFWコンビが選出。キーセ・テリンにとっては今回がA代表初招集となる。

 一方、ベテランのエルマンデルは招集を辞退。本人からエリック・ハムレーン監督に対して、今は代表でプレーできる状態ではないという申告があったという。

 先月の予選ではメンバーに選ばれたものの怪我で出場機会がなかったエースのイブラヒモビッチは今回もメンバー入りした。ただ、プレーできるかどうかは現時点では明らかにになっていない。

 招集メンバーは以下の通り。

GK ヨハン・ダーリン(ゲンチレルビルリイSK/トルコ) カール・ヨハン・ヨンソン(ランダースFC/デンマーク)※ アンドレアス・イサクソン(カスムパシャ/トルコ) クリストフェル・ノードフェルト(SCヘーレンフェーン/オランダ)

DF ミカエル・アントンソン(FCコペンハーゲン/デンマーク) ピエッレ・ベングトソン(FCコペンハーゲン/デンマーク) アンドレアス・グランクビスト(FCクラスノダール/ロシア) フィリップ・ヘランデル(マルメFF/スウェーデン)※ ポントゥス・ヤンソン(トリノFC/イタリア)※ ミカエル・ルスティグ(セルティックFC/スコットランド) マルティン・オルソン(ノリッジ・シティFC/イングランド)

MF/FW ナビル・ハフーイ(AIK/スウェーデン) マルクス・ベリ(パナシナイコス/ギリシャ) ジミー・ドゥルマス(オリンピアコス/ギリシャ) アルビン・エクダル(カリアリ/イタリア) エーミル・フォシュベリ(マルメFF/スウェーデン) ヨン・グイデッティ(セルティックFC/スコットランド) ブラニミル・フルゴタ(ボルシアMG/ドイツ) ズラタン・イブラヒモビッチ(パリSG/フランス) アレクサンデル・カチャニクリッチ(FCコペンハーゲン/デンマーク) イサック・キーセ・テリン(マルメFF/スウェーデン) キム・シェルストレム(FCスパルタク・モスクワ/ロシア) セバスティアン・ラーション(サンダーランドFC/イングランド) ポントゥス・ベルンブローム(CSKAモスクワ/ロシア) エルカン・ゼンギン(エスキシェヒルスポル/トルコ)

※7日にヤンソンとヘランデルが追加招集。また、膝に問題を抱えているダーリンに代わってヨンソンが急きょメンバー入りした。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウェーデン
タグ:
グイデッティ
スウェーデン
EURO2018

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【14-15CLグループリーグ第4節】ドルトムント 4-1 ガラタサライ【奇想庵@スポナビ】

CLマドリー戦とチェルシー戦プレビュー。【Caramel-football】

マリボルvsチェルシー 6-0はまやかし...【青雑記】

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:2193152

(09月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss