スカンジナビア・サッカーニュース

サポーター渉外担当者が爆竹により永久聴覚障害に「スウェーデンの観客席文化には必要ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデン・アルスベンスカン(男子1部)のユールゴーデンIFでSLO(サポーター渉外担当者)として従事する女性が、スタジアムで投げ込まれた爆竹が原因で聴覚障害を患っていることが分かった。

 この女性はレーナ・グスタフソン・ビーベリさん。「ユールゴーデンは私の人生」と語るビーベリさんは、クラブとサポーターの橋渡し役を担うSLOとして日々仕事に取り組んでいる。より良いスタジアムの雰囲気づくりに励んでいる彼女だが、スタジアムで起きた2つの事件がきっかけで障害を負うことになった。

 最初の事件は今年1月25日に行われたドイツのユニオン・ベルリンとのテストマッチで起きた。観客席から投げ込まれた爆竹をビーベリさんが除去しようとしたまさにその時、爆竹が爆発。その結果、彼女の右耳は永久聴覚障害となった。

 悲劇はこれだけでは終わらなかった。先月27日に敵地ボロースで行われたIFエルフスボリ戦で、またもや爆竹がビーベリさんの付近に投げ込まれたのだ。彼女は当時のことをフェイスブックにて以下のように記している。

「不運にも、爆竹が落下した場所の近くに私はいたの。そのときはまったく別のことに集中していたから、逃げる時間がなかった。爆発のあと、ヒューと耳鳴りがして痛みが走ったの。今では左耳に耳カバーをしているわ。聴覚を更に痛めるリスクはかなり大きいの」

 2度の事件のあと、ユールゴーデンのSLOはサポーターに対して爆竹投下をやめるように呼びかけている。

「この仕事が大好き。すべての試合に携わりたい。私と同じような形で他の人に怪我を負ってほしくないの。だから、お願いだから爆竹の使用を控えてください。スウェーデンが持つ素晴らしい観客席文化の一部に爆竹は必要ありません」とビーベリさんは訴える。

 ビーベリさんによると、もし同じような事件がまた起きたら、労働環境法によってSLOの仕事を外れるかもしれないという。

 スウェーデンでは近年、爆竹や発炎筒が原因で試合開始時間の遅れや一時中断、最悪の場合には打ち切りとなるなど大きな問題となっている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウェーデン
タグ:
爆竹
ユールゴーデン
アルスベンスカン
スウェーデン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」【我がフェイエノールト】

カルスドルプと2018年まで契約延長で合意【我がフェイエノールト】

欧州の最新戦術トレンド~シメオネが進化させた4-4-2【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:2198233

(04月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss