スカンジナビア・サッカーニュース

スウェーデン代表メンバー発表…マティアス・ヨハンソンとセバスティアン・エリクソンが招集

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデンサッカー協会は13日、親善試合のデンマーク戦(28日、コペンハーゲン)とベルギー戦(6月1日、ストックホルム)に挑む代表メンバー22名を発表した。

 オランダのAZでレギュラーとしてプレーしているマティアス・ヨハンソン、セリエAのカリアリで最近になって先発出場するようになったセバスティアン・エリクソンが招集された。両選手とも毎年冬の国内リーグ選抜代表に選ばれたことはあるが、実質的には今回が初めてのA代表招集ということになる。

 一方でマルティン・オルソン、エクダル、カチャニクリッチは怪我のため選考外に。またイングランド・プレミアリーグのWBAでプレーするDFヨナス・オルソンは今回も選ばれなかった。

 なお、今回の招集メンバーは国外組のみ。代表戦の期間中は国内1部リーグのアルスベンスカンは中断期間に入らないため、各クラブの事情を踏まえて今回は国内組を招集しないようSEF(スウェーデンエリートサッカー協会)から強い要望があり、ハムレーン監督はこれを受け入れるかたちとなった。

 招集メンバーは以下の通り。

GK
ヨハン・ダーリン(ゲンチレルビルリイSK/トルコ)
アンドレアス・イサクソン(カスムパシャSK/トルコ)
クリストフェル・ノードフェルト(SCヘーレンフェーン/オランダ)

DF
ミカエル・アントンソン(ボローニャFC/イタリア)
ピエッレ・ベングトソン(FCコペンハーゲン/デンマーク)
ラスムス・ベングトソン(FCトゥエンテ/オランダ)
アンドレアス・グランクビスト(FCクラスノダール/ロシア)
マティアス・ヨハンソン(AZアルクマール/オランダ)
ミカエル・ルスティグ(セルティックFC/スコットランド)
ペール・ニルソン(FCニュルンベルク/ドイツ)

MF/FW
マルクス・ベリ(パナシナイコス/ギリシャ)
ジミー・ドゥルマス(ゲンチレルビルリイSK/トルコ)
ラスムス・エルム(CSKAモスクワ/ロシア)
ヨハン・エルマンデル(ノリッジ・シティFC/イングランド)
オスカル・ヒルイェマルク(PSVアイントホーフェン/オランダ)
トビアス・ヒセーン(上海東亜/中国)
ズラタン・イブラヒモビッチ(パリSG/フランス)
キム・シェルストレム(アーセナルFC/イングランド)
セバスティアン・ラーション(サンダーランドFC/イングランド)
オーラ・トイボネン(スタッド・レンヌ/フランス)
ポントゥス・ベルンブローム(CSKAモスクワ/ロシア)
エルカン・ゼンギン(エスキシェヒルスポル/トルコ)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スウェーデン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第37節 vセルタ【レアルマドリードのある生活】

[2] リヴァプール シーズン総括GK編【This Is Anfield!】

早々に移籍話【Chelsea Garden】

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:2193200

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss