スカンジナビア・サッカーニュース

日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 W杯地区予選・日本対オーストラリア戦を前に、スウェーデンのサッカー雑誌『offside』から日本代表についてインタビューの依頼がありました。自分なんかでいいのかと思いつつ、いくつかの質問に答えてます。

 インタビューの内容がつい先ほど雑誌のHPにアップされましたので、紹介したいと思います(記事原文はこちら)。

日本はこれまでグループBにおいて6試合で勝ち点13を獲得し、独走しています。好調の要因は?

「要因は2つあります。まず第一に、マンチェスター・ユナイテッドの香川やインテルの長友、それにシャルケの内田など多くの代表選手が欧州のクラブでプレーしている点です。彼らは毎週のように優れたチームと対戦しているのです。最新のFIFAランキングでは日本はアジア最高位の30位です。おそらく、日本国民のほとんどは予選が始まる前から本大会出場を確信していたのではないでしょうか」

「それに、グループ最大のライバルであるオーストラリアが近年弱体化しているのも見逃せません。メンバー26人中23人が30歳以上(※)で、前エバートンのティム・ケーヒルがいまだに中心選手としてプレーしているのです」

※26人中23人が30歳以上というのは誤りで、私の勘違いでした。修正依頼済です。

オーストラリア戦の勝利のカギは?

「日本はセットプレーからの失点が多いので、相手のフリーキックとコーナーキックの際には集中することが大事です。攻撃に関しては、本田の出来がポイントです。本田が自らの能力を発揮すれば日本の勝機は大きくなるでしょう」

あなたは以前、スウェーデンではエリック・エドマンがお気に入りだと話していました。日本代表では?

「本田が一番のお気に入りです。2010年W杯のデンマーク戦で見せた美しいフリーキックは日本代表史上最も重要なゴールのひとつです。スウェーデン人にとっては、CSKAで一緒にプレーしているラスムス・エルムとポントゥス・ベルンブロームのチームメートとして知られているかもしれません。勝者のメンタリティを持つ数少ない選手です」

日本の次のスター選手は?

「宮市亮だと思います。2011年にアーセナルと契約を結び、高校卒業後にフェイエノールトにレンタルされました。いまはウィガンに所属しています。英デイリー・メールによると、100メートルを10秒6で走るそうです」

グループ2位のヨルダンについては?

「すみません、ヨルダンのことはチェックしていません」

2014年W杯では日本はどこまで勝ち進める?

「2010年南アフリカW杯ではベスト16まで行きました。なので、2014年大会ではベスト8以上を期待しています。もちろん、グループリーグで敗退する可能性もあります」

(スウェーデン出身の)ズラタン・ムスリモビッチはいま中国の貴州人和でプレーしていますが、彼についてはどう?

「彼のことはチェックしていません。ですが、4月に行われたACLの柏レイソル対貴州人和でムスリモビッチを観ました。1トップとしてプレーしていて、1アシストを記録しました。いいパフォーマンスだったと思います」



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
他媒体での掲載記事
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【(速報)W杯ブラジル大会アジア最終予選「日本代表vsオーストラリア」観戦レポ&ハイライト動画】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

JT@アメリカ遠征中【Foot now!】

終わりと始まり――特集で振り返る「何かが変わった」今季の欧州【月刊フットボリスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンのサッカーに興味を持ち始める。 『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』などに寄稿。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:2200603

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss