スカンジナビア・サッカーニュース

オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 J2のジェフユナイテッド市原・千葉に所属するノルウェー人FWトール・ホグネ・オーロイが、今シーズンの自らのパフォーマンスや昇格プレーオフ、それに来季以降のことについてノルウェー紙『Aftenposten』に語っている。

 先月23日、J1昇格をかけて国立で大分と対戦した千葉だが、終盤にゴールを許してしまい0対1で敗戦。ベンチスタートだったオーロイは失点直後に投入されたが、見せ場をつくるために与えられた時間はあまりにも少なすぎた。

「昇格するためには引き分けで十分だったんだ。われわれは試合をコントロールしたが、終了4分前に失点してしまった。0対1になってから私は投入されたわけだが、結果を変えるには3~4分という時間はあまり十分とはいえなかった」

 敗戦後のチームの様子については強く脳裏に焼き付けられているようだ。

「チームメートたちはピッチに倒れこんでしまった。それも長い間ね。ロッカールームはまるで墓場のようだった」

 オーロイの今季のリーグ戦成績は15試合出場で1得点のみ。3月に故障で戦線離脱したものの復帰以降はコンディションも良かったと本人も認めているが、自身のプレーをピッチで示す機会はあまりにも少なすぎた。来季の奮起に期待したいところだが、千葉との契約は今季まで。延長の可能性については本人は諦めているようだ。また、日本でのプレーは今季が最後かもしれないと考えている。

「(延長については)何も聞いていない。他のクラブと接触できればいいけど、いまは移籍市場は閉まっているからね」

「クラブの日本人コーチから信頼を得られなかった。プレーできず、ゴールも記録できないのであれば(日本の)他クラブに印象を残すのは難しいよ」

 もし日本を離れ、現役としてプレーを続けるのであれば、新天地はどこか? 古巣のオーレスンSKが候補として挙げられるが、オーロイ自身はその可能性は低いと考えているようだ。オーレスンは先月26日、シェティル・レクダル監督の解任を発表。レクダルは以前からオーロイの獲得を望んでいた人物だった。

「オーレスン復帰の可能性は、レクダル解任によって消滅したと思う。新しい監督はチームに35歳の選手の居場所はないと考えているだろうしね」

 来季の所属先について何も決まっていないオーロイだが、今季の試合はまだ終わっていない。リーグ戦は終了したものの、天皇杯が残っているからだ。千葉は15日に4回戦で福島ユナイテッドFCを迎え撃つ。すでにコーネリア夫人と2人の愛娘はノルウェーに帰国したが、オーロイはまだ日本に残らなければならない。

「15日に天皇杯がある。だからそれまでは帰国できない。チームが決勝まで勝ち進めば、それが終わるまではここに残る。だからノルウェーのクリスマスはないね」

2012年12月1日 Aftenpostenより



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ノルウェー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

お疲れ様でした、隊長!【ジェフだ!千葉だ!ジェフ千葉だ!!】

チェルシーが日本にやってきた!!【暇人の暇つぶし。】

このゲームをプレイしたくない選手がいた!【Catalonia is not Spain】

ジェフのオフシーズン一連の騒動について【犬の意地】

ミスタージェフ、坂本將貴の現役引退について【犬の意地】

関塚ジェフ誕生ならず【犬の意地】

破談【子犬の生活】

関塚ジェフ誕生の賛否を考える 完結編【犬の意地】

ブロガープロフィール

profile-iconswe1707

東京都葛飾区生まれ、埼玉県草加市出身。 94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンという国に関心を持ち始める。 大学卒業後は就職するも、憧れのスウェーデンで生活してみたいという思いを捨てきれずに退職。2006年8月、中堅都市ヨンショーピンの国民高等学校に留学してスウェーデン語を学ぶ。 帰国後は企業でネットワーク運用・保守に携わる傍ら、スカンジナビア諸国のサッカー情報を日々チェックしている。『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』で執筆経験あり。
email:swe1707★hotmail.co.jp(★を@にかえてください)
  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:2198189

(04月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss