スカンジナビア・サッカーニュース

スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのサッカーを紹介します

swe1707

94年の米国W杯でスウェーデン代表を観て、スウェーデンのサッカーに興味を持ち始める。 『ワールドサッカーダイジェスト』『スポーツナビ』『サッカー批評』『フットボールサミット』などに寄稿。 email:swe1707★hotmai もっと見る
  • 昨日のページビュー:23
  • 累計のページビュー:2200550
  • (07月21日現在)

最新の記事

スウェーデンとノルウェーでトップリーグのチーム数削減を検討

 スウェーデンとノルウェーにおいてトップリーグのチーム数削減に関する議論が活発に行われている。  まずはノルウェーから見ていきたい。昨年11月、同国1部ティッペリーガエンと2部OBOSリーガエンの各クラブが加盟する団体「ノルウェー・トップフットボール」(NTF)の依頼を受けたオランダのコンサルティング会社Hypercubeが、ノルウェーサッカーの展望に関するレポートを作成。このレポートには、たとえ......続きを読む»

元スウェーデンリーグの選手が隠しカメラの前で八百長関与を告白

 かつてスウェーデンリーグでプレーしていたアルバニア人選手が、ジャーナリストが仕掛けた隠しカメラの前で八百長関与を告白した。スウェーデンとアルバニアで波紋を呼んでいる。  暴露したのは、リリドン・レチ。2011年から2013年途中までスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のカルマルFFとスーペルエッタン(2部)のランスクローナBoISでプレーし、現在はコソボのKFプリシュティナに籍を置く29歳のセ......続きを読む»

アジア杯に挑むスウェーデン産アタッカー「パレスチナを世界に示したい」

 9日に開幕したアジア杯で、日本は12日の初戦でパレスチナと対戦する。ここでは、今大会が初出場となるFIFAランク115位の代表チームについて、スウェーデン生まれのFWを通して紹介したい。 ※本人のコメントは、スウェーデンメディアのインタビューをもとに構成した 「パレスチナを世界に示したい」 と話すのは、マフムード・イード。昨季までスウェーデン3部リーグにあたるディビジョン1のニーショーピンBI......続きを読む»

『フットボール批評』で記事を書かせていただきました

 1月5日に発売された『フットボール批評issue03』に記事「セクシュアル・マイノリティの生きる道」を書かせていただきました。  昨年9月にスウェーデンを訪れた際、スウェーデン女子代表GKヘドヴィグ・リンダールにインタビューし、サッカー界のLGBT問題について論じています。よろしければご覧になってください。 ...続きを読む»

ノルウェー紙が北欧ベストイレブンを発表…デンマーク人が半数を占める

 ノルウェー紙『VG』電子版は先月31日、2014年におけるパフォーマンスを基準にした北欧ベストイレブンを選出した。  ベストイレブンは以下の通り。システムは4-2-3-1。 ゴールキーパー カスパー・シュマイケル(デンマーク、レスターシティ/イングランド) 右サイドバック オマル・エラブデラウィ(ノルウェー、オリンピアコス/ギリシャ) センターバック シモン・ケア(デンマーク、リール/フラ......続きを読む»

『ワールドサッカーダイジェスト』で記事を書かせていただきました

 だいぶ前のことになりますが、ワールドサッカーダイジェスト『2014-2015ヨーロッパサッカー・トゥデイ シーズン開幕号』(日本スポーツ企画出版社)にマルメFF(スウェーデン)の記事を書かせていただきました。 ...続きを読む»

『フットボールチャンネル』で記事を書かせていただきました

 今年8月のことになりますが、サッカーサイト「フットボールチャンネル」にノルウェーの新星マルティン・ウーデゴーの記事を書かせていただきました。よろしければご覧になってください。 「レアル、バルサも熱視線。わずか15歳で代表に招集、ノルウェーの神童ウーデゴーとはどんな選手か?」 ...続きを読む»

2014年スカンジナビアサッカー10大ニュース

 早いもので今年もあと残すところわずかとなりました。ここで突然ですが、「(独断と偏見による)2014年スカンジナビアサッカー界10大ニュース」と題して今年度を振り返ってみたいと思います。 10位 スウェーデンリーグ開幕戦でサポーターが暴行を受け死亡  3月30日に行われたスウェーデン1部・アルスベンスカンの開幕戦・ヘルシンボリ対ユールゴーデンの試合前、ヘルシンボリの観光名所シェーナンの近くで両チ......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…マルメのオルセンはスウェーデンを選択

 スウェーデンサッカー協会は8日、来年1月の国外遠征に向けた代表メンバー23名を発表した。  毎年恒例となっている冬の国外遠征の2014年と同じくUAEのアブダビに決定。代表チームは10日から20日まで現地に滞在する。19日にフィンランド代表と対戦し、さらにもう1試合行う予定(対戦相手は未定)。メンバーは例年通りスウェーデン、デンマーク、ノルウェーリーグでプレーする選手のみで構成されている。  ......続きを読む»

スウェーデン、モンテネグロに追い付かれ手痛いドロー…主審のジャッジに批判続出

モンテネグロ代表1-1スウェーデン代表 9分 イブラヒモビッチ(0-1) 80分 ヨベティッチ(1-1) スウェーデン代表(4-3-3) イサクソン:ルスティグ(46分 ベント)、グランクビスト、アントンソン、ベングトソン:エクダル、シェルストレム、ドゥルマス:フォシュベリ(63分 ラーション)、イブラヒモビッチ、ゼンギン(86分 キーセ・テリン) 『Fotbollskanalen』による選手採......続きを読む»

スウェーデン・サッカーアワードが2年連続で男女平等をめぐる議論に

 10日にストックホルムで開かれたスウェーデン・サッカーアワード(Fotbollsgalan)のプログラム内容や開催日が女子選手に対するリスペクトを欠いていたとして、批判が上がっている。  今年のアワードは若くして他界したクラス・インゲソン氏とポントゥス・セーゲシュトロム氏の追悼があり、8年連続9度目の最優秀選手賞を獲得したズラタン・イブラヒモビッチが会見で2人について語った際に涙ぐむ場面が見られ......続きを読む»

スウェーデンリーグからパレスチナ代表へ「アジア杯メンバー入りのチャンスは大きい」

 先月30日にスウェーデン政府がEU主要国として初めてパレスチナを国家として正式に承認したというニュースは世界中を駆け巡った。停滞する両国の和平と共存を後押しする狙いが見える今回の決断だが、イスラエルは「中東情勢は複雑であり、責任と慎重さをもって対処すべきだ」と反発。今後の動向が注目される。  サッカーに目を向けると、スウェーデンリーグからパレスチナ代表入りを目指す選手がいる。ディビジョン1(3部......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…グイデッティが選ばれる

 スウェーデンサッカー協会は3日、EURO2018予選のモンテネグロ戦(15日、スウェーデンサッカー協会は30日、EURO2018予選のモンテネグロ戦(10月9日、ポドゴリツァ)と親善試合のフランス戦(18日、マルセイユ)に臨む代表メンバー22名を発表した。  来年開催されるU-21EURO本大会への出場権獲得に貢献したグイデッティとキーセ・テリンのFWコンビが選出。キーセ・テリンにとっては今回が......続きを読む»

サポーター渉外担当者が爆竹により永久聴覚障害に「スウェーデンの観客席文化には必要ない」

 スウェーデン・アルスベンスカン(男子1部)のユールゴーデンIFでSLO(サポーター渉外担当者)として従事する女性が、スタジアムで投げ込まれた爆竹が原因で聴覚障害を患っていることが分かった。  この女性はレーナ・グスタフソン・ビーベリさん。「ユールゴーデンは私の人生」と語るビーベリさんは、クラブとサポーターの橋渡し役を担うSLOとして日々仕事に取り組んでいる。より良いスタジアムの雰囲気づくりに励ん......続きを読む»

【スウェーデン】国営企業が女子チームに支給したボーナスは男子の10分の1「ジェンダーの視点を持つべきだ」

 チャンピオンズリーグ(以下CL)に出場しているスウェーデン女子クラブチームに支給されるボーナスの額が、男子のそれと比べて非常に低いとして波紋を呼んでいる。 「Europabonus」と呼ばれるこのボーナスはスウェーデンの国営賭博会社Svenska spelによる制度で、CLといった欧州カップ戦に出場する男女クラブチームの遠征費等をサポートするために設けられた。今季は、現在CLに参戦中でアルスベン......続きを読む»

ラーゲルベック監督率いるアイスランド代表が3連勝「もはやスウェーデンと同等」

 スウェーデン人ラーシュ・ラーゲルベック監督率いるアイスランド代表がEURO2016予選で快進撃を見せている。格上トルコとの初戦を3-0で快勝し、続く敵地でのラトビア戦も2-0で勝利。13日に行われたグループの本命オランダとの一戦では堅い守りと鋭いカウンターを武器に2-0で勝利するという番狂わせを演じた。  予選3試合を終えたアイスランドは勝ち点9でグループ首位に立っている。EURO2016から出......続きを読む»

スウェーデントップリーグの選手が脳腫瘍で他界…スタベック在籍時は小林大悟とチームメート

 スウェーデン・アルスベンスカン(男子1部)のIFブロンマポイカルナ所属のDFで主将を務めていたポントゥス・セーゲシュトロムが12日夜、脳腫瘍で亡くなった。33歳だった。  スウェーデンメディアの報道によると、セーゲシュトロムが激しい頭痛を訴えて病院で検査を受けたのは今年8月3日のこと。脳に腫瘍があると判明したのはその8日後だったという。手術から数日後、セーゲシュトロム本人からソーシャルメディアを......続きを読む»

ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」

 元スウェーデン代表フレドリク・ユングベリが、エリック・ハムレーン監督率いる現在のスウェーデン代表を批判している。  アーセナルで黄金時代を築き、スウェーデン代表としてもEURO2004や2006年W杯などで活躍したユングベリ。今月インドで開幕するスーパーリーグで現役復帰することになった37歳は9日に行われたEURO2016予選のスウェーデン対ロシアの前、夕刊紙『Kvalextra』の取材に応じ、......続きを読む»

スウェーデンのマルメ、ホームでオリンピアコスに勝利…ローセンベリが2得点

マルメFF(スウェーデン)2-0オリンピアコス(ギリシャ) 42分 ローセンベリ(1-0) 82分 ローセンベリ(2-0) マルメ オルセン:ティンネルホルム、ヨハンソン、へランデル、リカルジーニョ:エリクソン(75分 チビツキ)、アドゥ、ハルスティ、フォシュベリ(90分 ラキップ):ローセンベリ、キーセ・テリン エースのローセンベリが勝利の立役者に…それでも本人はスウェーデン代表復帰を拒否 ......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…マルメのエリック・ヨハンソンが選ばれる

 スウェーデンサッカー協会は30日、EURO2018予選のロシア戦(10月9日、ストックホルム)とアゼルバイジャン戦(10月12日、ストックホルム)に臨む代表メンバー23名を発表した。  怪我で選考外となったDFニルソンに代わってマルメのDFヨハンソンが招集。この25歳のセンターバックは、スカンジナビア諸国でプレーする選手のみで構成された代表メンバーに選ばれたことはあるものの、国外組が揃うA代表に......続きを読む»

アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」

 元スウェーデン代表MFアンデシュ・スベンソンが夕刊紙『Expressen』のインタビューで、「スウェーデン代表はズラタン・イブラヒモビッチがいないほうが優れたチームになる」と語ったとされ、大きな波紋を呼んでいる。  昨年秋に代表チームからの引退を発表したスベンソン。現在はスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のIFエルフスボリでプレーする38歳は、インタビュアーの「ズラタンが引退したあとのスウェ......続きを読む»

スウェーデンのクラブがレインボー色のコーナーフラッグを採用…セクシュアル・マイノリティへの理解示す

 スウェーデン・アルスベンスカン(男子1部)のマルメFFが今月10日に行われたIFKヨーテボリとの試合において、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)への支持の象徴とされるレインボー色の旗をコーナーフラッグとして採用した。  マルメFFがレインボーフラッグを設置した背景には『プライドフェスティバル』の存在がある。セクシュアル・マイノリティのためのイベントとして世界中で知られているこの催しが今月4......続きを読む»

スウェーデン女子代表監督、女子サッカーに対するヘイトスピーチに怒り

 スウェーデン女子代表のピーア・スンドハーゲ監督が、同国サッカー協会が配信するポッドキャスト番組にて、女子サッカーを取り巻くヘイトスピーチについて語っている。  昨年に地元スウェーデンで開催されたEURO2013で3位という好成績を残したスウェーデン女子代表。だがピッチの外では女子サッカーそのものを嘲笑するような声が挙がるなど、代表チームを大いに悩ませた。  たとえばグループリーグ初戦のデンマー......続きを読む»

ラーゲルベック氏がスウェーデンサッカー界に警鐘「組織と守備が軽視されている」

 前スウェーデン代表監督で現在はアイスランド代表を率いるラーシュ・ラーゲルベック氏が、母国のサッカーの現状に警鐘を鳴らしている。  先日閉幕したブラジルW杯にスウェーデン代表の姿はなかった。地区予選では優勝国ドイツに次いでグループ2位でプレーオフに回ったもののポルトガルの前に屈し、前回の南アフリカ大会に続いて2大会連続の予選敗退となった。クラブチームに目を移せば、UEFAチャンピオンズリーグ本大会......続きを読む»

コスタリカのボルヘス、スウェーデンに感謝「私にとって母国だ」

 ブラジルW杯でベスト8入りしたコスタリカ代表のMFでスウェーデン・アルスベンスカン(1部)のAIKに所属するセルソ・ボルヘスが、ギリシャ戦のことやスウェーデンのこと、そして3年前に急逝したチームメートについて語っている。  ブラジルで「コスタリカ旋風」が起きている。イタリア、イングランド、ウルグアイというW杯優勝経験国と同居した「死のグループ」を大方の予想に反して1位通過。29日に行われた決勝ト......続きを読む»

『フットボールチャンネル』で記事を書かせていただきました

 サッカーサイト「フットボールチャンネル」に、今年4月にサッカースウェーデンリーグ開幕戦で起きたサポーター暴行死事件をテーマにした記事「あるサポーターの死から考える。スタジアムの厳罰化で暴力・差別はなくなるのか?」を書かせていただきました。よろしければご覧になってください。 「あるサポーターの死から考える。スタジアムの厳罰化で暴力・差別はなくなるのか?」   ...続きを読む»

『欧州サッカー批評』で記事を書かせていただきました

 2月13日発売の『欧州サッカー批評7』で記事「サッカー界は男女平等か?~男女の待遇を同じにしたスウェーデンのクラブを訪ねて~」を書かせていただきました。  昨年9月にスウェーデンを訪れた際、女子選手の待遇を男子と同一にしたリンハムン・ブンケフロー07というクラブチームを訪問。この決定の背景について関係者にインタビューし、そこから考えられる女子サッカーの現状や未来について論じています。よろしければ......続きを読む»

スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」

 スウェーデンのサッカー評論家ロレンツォ・メディチ氏が、ブラジルW杯に出場する日本代表を高く評価している。  メディチ氏は自身のブログ『italienblogg』にて、日本が属するグループCの行方を予想。最終順位予想として日本をコロンビアに次ぐ2位に推している。  同氏は日本の以下のように評している。どうやらザックジャパンのサッカーがお気に入りのようだ。 「コロンビアに力の差を見せつけられ、ギ......続きを読む»

スウェーデン代表メンバー発表…マティアス・ヨハンソンとセバスティアン・エリクソンが招集

 スウェーデンサッカー協会は13日、親善試合のデンマーク戦(28日、コペンハーゲン)とベルギー戦(6月1日、ストックホルム)に挑む代表メンバー22名を発表した。  オランダのAZでレギュラーとしてプレーしているマティアス・ヨハンソン、セリエAのカリアリで最近になって先発出場するようになったセバスティアン・エリクソンが招集された。両選手とも毎年冬の国内リーグ選抜代表に選ばれたことはあるが、実質的......続きを読む»

【スウェーデン】サポーターがナチストに対してスタジアムから退去するよう勧告「黙って見過ごすことはできない」

 先月26日に行われたスウェーデン・スーペルエッタン(2部)のヒュースクバーナFF対GAISの試合前、ナチスのTシャツを着てスタジアムに入場した複数の人物に対してヒュースクバーナのサポーターが退去するよう勧告していたことが分かった。ナチストは試合後半にスタジアムから立ち去ったという。  試合はホームのヒュースクバーナが2対0で快勝。しかしながら、翌日にメディアで話題となったのは試合結果ではなく......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 37 38

このブログの記事ランキング

  1. ユングベリがスウェーデン代表を批判「11人のなかで仕事をしているのは9人だけ」
  2. オーロイ、日本でのプレーは今季が最後か
  3. 日本代表についてスウェーデンのサッカー雑誌にインタビューされてしまいました
  4. アンデシュ・スベンソン「スウェーデン代表はイブラヒモビッチ抜きのほうが良くなる可能性も」
  5. ユングベリ、自らのキャリアについて語る
  6. スウェーデンのサッカー評論家が日本代表を高く評価「私は"Japan-believer"だ」
  7. 監督から性的いやがらせを受けていたノルウェー代表選手がメディアで告白
  8. イブラヒモビッチのジェンダー発言はサッカー協会の不手際に起因か
  9. 出場機会が少ないオーロイ「フラストレーションがたまっている」
  10. ヘンリク・ラーション「スウェーデン代表は堅守速攻のスタイルに戻るべきだ」

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss