プロ野球燕通信

さらば相川亮二、真中監督。そして坂口、山田君かな

このエントリーをはてなブックマークに追加

肝心の試合内容はね 最後まで「残念」な内容だったね

巨人にCSの可能性が残った状態で もし予定通り菅野君先発だったら ベイファンさんからの非難は凄かったかなってね。 さらに惨めな終わり方になっていたかもね。

スワローズ最終戦を観戦したうえで 真っ先に『相川亮二』もないかもしれないけどね。 まずはお疲れさんでした。

当時、完全なる結果論になるのだが相川さんと中村くんの起用方法には かなり疑問を持ち続けていた。

巨人の阿部から小林、宇佐美への移行とはあきらかに違う、 実力抜きの 『世代交代』ありきの起用法。

もちろん中村君にも期待したいし、ある程度の強引な世代交代も時には必要だろう。

ただ、今シーズンはまだ「藤井」といういざという時の切り札がいるが、 その当時も『捕手二人制』だった為、中村先発出場イコール現在の西田状態。

中村がどうのという問題より、相川の勝負強い打撃まで封印してしまう その『捕手二人制』におおいに疑問を感じたものだった。

なので、今までFAで出ていった他選手とはあきらかに別の感情を抱いて 相川さんを見ていたのだが 最終戦にして、個人的にはいいものを見させていただいた。

さて、真中監督。 私個人的な見解ではあるが、 『1番センター』は飯田ではなく、自分の中では間違いなく『真中』だった。

それからいつかこのブログでも触れたいのだが 素晴らしい『代打の切り札』でもあった。

“我が”スワローズにとっての功労者であることには間違いない。

伊藤コーチ含め、「胴上げ」については「?」マークは付くのだが 本人も「胴上げ」については少し遠慮がちだったと見受けられたし、相川さんの胴上 げからの流れもあっただろうから、 まあ“よし”としよう。

それから、選手にも少し。

全選手、決して褒められた成績では当然無かったのだが

そんな中でも、孤軍奮闘の坂口と 苦しいながらも全試合出場した山田哲人くんは よく頑張ったと思うよ。 少し休んで、また秋からオフ、キャンプとさらなる飛躍を見せて下さいな。

今年も他球団より少し早いオフとなっちゃったけど 一ファンとしては課題と、土台造りの見どころ満載だと思っているよ。

まずは新体制の陣容と、ドラフト会議だね。

ファンにとっても長いオフですな。

それではまた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

私がプロ野球に興味を持ちはじめたころに好きだった 選手の方と数字の話【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

破壊による再生が始まる!【兎と牛は最後の夢を見る】

2017年 ドラフトを考える(大学野手編)【飛鴎乗雲】

終了!(2017 GAME-143)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

徳山武陽投手へ。【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

10/3VS巨 2017最終戦は今年らしい負け方で終了。【雄平よ大志を抱け!】

【2017-141~143】最後の最後まで残念でした【ツバメの舞い上がる夢日記】

vol.160 2017年シーズン終了【ツバメ好きの黒猫日記】

ブロガープロフィール

profile-iconswa73

プロ野球(ヤクルト)ファン個人的独り言投稿者です 
  • 昨日のページビュー:171
  • 累計のページビュー:186085

(10月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オンドルセクの取った行動は、果たして全く言い訳無用の「愚行」だったのだろうか
  2. 宮本監督の目の前でもやるのかい?
  3. さらば相川亮二、真中監督。そして坂口、山田君かな
  4. 違和感
  5. ドラフト余談 やっぱり大改革には運も必要って事で
  6. 「ブキャナン流出阻止」自力で出来る唯一の来季戦略
  7. 去就の気になる選手達へのそれぞれの想い
  8. 「スワローズ2017の悪夢」。真中イズムの継承なんて呑気な発言している場合ではないよ
  9. 35年ぶりの低迷
  10. 球団にも選手にもファンにも厳しいコメントを求む

月別アーカイブ

2017
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss