プロ野球燕通信

swa73

プロ野球(ヤクルト)ファン個人的独り言投稿者です 
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:221163
  • (11月06日現在)

最新の記事

いいドラフトだったのかな

さて、ドラフトもひとまず落ち着いて。 元々、ドラフト候補選手の予備知識は薄く、せいぜい清宮君、安田君、中村君 大学以上では、田嶋君、東大の宮台君、慶応の岩見君くらいしか詳しく判らなかった のだが 毎年のパターンで、会議後に様々な動画をチェック。 村上君  いいじゃないですか。どうやら入団後は内外野を試すようだけど 個人的には大型捕手として育ててもらいたい。 何せハズレとはいえ三球団の競合だから......続きを読む»

5.3.1.1.4.1.4.1.4

ピンとくる方がいたら嬉しいのだが 野村監督在籍時の1990-1998年ヤクルト 年度別順位 1年目で種をまき 2年目で水をやり 3年目で花を咲かせる 有名な野村節 『“優勝”ではなく“育成” “2年目でAクラス、3年目で優勝を狙えるチームに”』 これは球団社長が小川新監督に託した言葉 恐らく野村監督時代の成功例を睨んでの発言であるのだろうが。 本当に野村監督時代のような“5年後”がヤク......続きを読む»

ヤクルト内野手事情。「えっ?村田さん獲らないの?」  

「ドラフトは本当に清宮君で良いのか?」 を含めたヤクルト内野手事情 ここ数日、他のヤクルトブログ見ても ほぼ同じ意見なのだが 「村田選手の獲得に動くべき」旨の話しを自分としても温めていたのだが 今日、ネットニュース見る限りは「獲得には動かない」らしい。 残念だね。 「うちには川端がいる」って。 嘘でしょ? どこまでも甘い!!ってね。 他チームが言う「うちにはサードいるから」とは訳が違う。......続きを読む»

ドラフト余談 やっぱり大改革には運も必要って事で

ドラフト候補の選手については毎年ほぼ知識は薄く 結果を見てからユーチューブ動画を検索して 見ているだけなのだが。 ここ数年かなり勝率が低いのはもう十分承知。 2009 ×菊池雄星  2010 ×斎藤佑樹    ×塩見貴洋    ○山田哲人 2011 ×高橋周平 2012 ×藤浪晋太郎 2013 ×大瀬良大地 2014 ×安楽智大 2015 ×高山俊 2010年のハズレ、ハズレ1位の山田哲人はプ......続きを読む»

改革第一歩

往年のファンにとっては、嬉しい話。 1997日本シリーズ  2番セカンド 土橋  8番ショート 宮本 2001日本シリーズ 2番ショート 宮本 8番セカンド 土橋 ちなみに両年共にシリーズで1番を打っていたのが真中前監督 強かった90年代を知るいぶし銀の二人が帰ってきた。 4年経った日本シリーズで打順が逆になって、共にレギュラーっていうのがおもしろ い。 強いチームには必ず、 こういった......続きを読む»

さらば相川亮二、真中監督。そして坂口、山田君かな

肝心の試合内容はね 最後まで「残念」な内容だったね 巨人にCSの可能性が残った状態で もし予定通り菅野君先発だったら ベイファンさんからの非難は凄かったかなってね。 さらに惨めな終わり方になっていたかもね。 スワローズ最終戦を観戦したうえで 真っ先に『相川亮二』もないかもしれないけどね。 まずはお疲れさんでした。 当時、完全なる結果論になるのだが相川さんと中村くんの起用方法には かなり疑問を持......続きを読む»

頑張れ 今浪隆博

大好きな選手だったなぁ 前回も書いたけど その勝負強さは 今のヤクルト随一だと思っていた。 ヒョウヒョウとした受け答えも 好きだった。 しかも病気による決断ていうのが 本人の気持ちを察する事は不可能なのだが ファンとしても悔いが残る。 残念でならないが 仕方がない。 もう今浪隆博といういい選手がいた という 素晴らしい思い出話にすることとしよう。 後はヤクルト関係無く 一人の「人」とし......続きを読む»

去就の気になる選手達へのそれぞれの想い

真中監督に続き伊藤投手コーチが退団だそうで 大改革を望む身としては、こういう話はこれからも当然出てくるべきだと思う。 ただその選手、コーチ個々。特に永年スワローズ一筋に頑張ってきた方への敬意は別 物。 今シーズンの成績の責任を取り、球団を去ることとなった方への敬意は 持つべきであると思っている。 監督、コーチ陣の話題は少しずつ出始めてきたのだが 他球団ではすでに実績のある選手達の引退が発表......続きを読む»

球団にも選手にもファンにも厳しいコメントを求む

それでもファンであるが故 「みんな一生懸命やっているのだろうが」 というふんわりと濁した前置きを使っていたのだが もはや必要無いのだろう 球団史上最低の負け数が近づこうが 同じ投手に何十回やられようが 惨めな逆転食らおうが 監督が辞任しようが 選手も ベンチも 球団も 何も変わらない 毎日毎日毎日毎日 負け試合を見続けて 監督にその日のコメントを求めても 「何とかしなければいけない......続きを読む»

「スワローズ2017の悪夢」。真中イズムの継承なんて呑気な発言している場合ではないよ

「2017の悪夢」でも「悲劇」でも「惨劇」でも なんでもいいんだけど 来年、再来年「歓喜」が訪れて欲しいが故の 「悪夢」の自認 この半世紀の中で最も弱いのである もちろんただ黙っていて サッカー日本代表のように 「ドーハの悲劇」が「歓喜」に 変わる訳も無く もはや川端、雄平、畠が戻ってきたら いい勝負になるなんて思っている関係者も いないであろうと思いたい。 今更戦力の話しをしても仕方ない......続きを読む»

祭りの後の

まずは先日のカープ戦 最後の意地を見せてくれた選手と 超超アウェイの中現地応援してくれた 同士の皆様にねぎらいを 試合終了後すぐに投稿したのだが 文字数の関係で削除されてしまった。 セリーグは仕切り直しのカープと CS争い真っ只中の 阪神、巨人、DeNA まだまだ熱い戦いが続いているが ヤクルトにとってみればね 出来ればあんな緊張感のある試合 勝ったにせよ 負けて胴上げ見るにせよ も......続きを読む»

全員で目に焼き付けよう「目前胴上げ」

中日ファンには「一緒にするな」と怒られそうだが 優勝のかかった広島-DeNA戦 CS進出をかけた阪神-巨人戦 ヤクルトファンとしては秋まで野球を楽しめる事への羨ましさしか感じない 順位のほぼ確定したヤクルト-中日戦 選手にとっては個人成績もあるので、一生懸命プレーはしているのだろうが 到底他2試合の“それ”とは比じゃない。 でもいろいろな意味でいいチャンスがまわってきたよ。 マツダで......続きを読む»

愛着と現実のはざま

石川くんについてはね 好きな選手で貢献者 頑張って欲しいと願うのみ 同じくベテランの松岡にしても 山本哲にしても 彼らに愛着があるファンは多いはず 自分も一緒 おそらく来季も貴重な戦力として 残留することは間違いないと思うが でも石川くんがもし 来季ローテーションを一年通して守る事になり 松岡、山本が勝ちパターンに入る事になるとするならば おそらくチームとしての結果は 今年と変わら......続きを読む»

ギルメットとルーキ よもやの適材適所か?

せめて来季に希望の持てる試合を 選手個々にとってはどん底の最下位だろうが 自分の生活がかかっている訳だし 応援するのにもファンとしても やっぱり来季に明るい何かを見つけたい 今日のギルメット 守護神となったルーキ まさかまさかの展開ではあるが ひょっとして? ギルメットにしてもルーキにしても セットアッパーにと獲得したことは 明らかなのだが よもやの守護神としての「適材適所」の片鱗を見......続きを読む»

薄っぺらなイヤミしか浮かばない

今日はもう何も無いね ホントに何も残らない試合 強いて言えば山崎の粘りくらい 申し訳ないけど 今日は薄っぺらなイヤミを言うだけで精一杯 監督、さすが元トップバッター 試合終了後の逃げ足はホントに早い 何か選手と少しはやり取りしたら? コーチと何が悪かったか反省したら? 伊藤智コーチ もし誰かカウントする事が出来る人いたら 数えて欲しいのだが 伊藤コーチがピンチでマウンドへ行った後の 被......続きを読む»

オンドルセクの取った行動は、果たして全く言い訳無用の「愚行」だったのだろうか

2015年 決して強かったとはもはや言わないが 何が変わっちゃったって? 細かく言い出せばキリがないけど 勝負の世界で“まぐれ”という言葉は相応しくないと常々思っているのだが 正直たいして盤石ではなかったのに『優勝』してしまった? そこからくる慢心が一番だとは感じているのだが そんな中、あきらかに無くなったものがある。 『バーネット、オンドルセク、ロマン』 『なんで優勝に貢献した そん......続きを読む»

則本の涙を見て何か感じているだろうか

楽天が連敗しているのは当然知っていたし 今日は王者ソフトバンク戦にエース則本 勝たせてあげたかった。 ホントに勝たせてあげたかった 負けた後のシーンは見ることができなかったんだけど 後からネットニュースの 「則本悔し涙」 一言「勝ちたかった」って その勝たせたかった思いがさらに強くなった 正直、明日から本気で楽天を応援しようと 思ったくらい そしてその数時間後の ヤクルトの無残な敗戦......続きを読む»

小川くん 済まない

今朝 何点取られても、相手より少ない失点に抑えて勝ち投手になることがエースたるナン チャラなんて投稿したけど いやぁ小川くん済まない。 今のスワローズ打線じゃ、どうがんばってもスコアレスドローが精一杯かもしれない ね。 カープの投手陣はしっかりと 『味方が点とるまで取られない』 『2点勝っているのだから1点とられても勝ちは勝ち』って投球だったと思うよ おそらくカープが初回に2点とってい......続きを読む»

わかっている。でも勝てる投手にね 星くん 原くん

この間の原、ブキャナン 昨日の星。 負け投手にするにはちょっと気の毒だけどね でも菅野や則本だったら味方が点取るまでゼロに抑えていただろうなと。 日本のエースと比べるなって話だけど やっぱり野球は点取りゲーム 味方が5点取っていれば4点取られても 勝ち投手 逆にいくら8回1失点でも 味方が完封されたら 負け投手 ここ最近メジャーから入ってきた言葉なので まだ日本語の言い方が浸透してい......続きを読む»

「ブキャナン流出阻止」自力で出来る唯一の来季戦略

そりゃ5位と11ゲームも離されたダントツの最下位球団である。 冷静に他ファンの目から見れば 1年で今のスワローズが首位争いできるかといえば まずありえない。 おそらく来年の順位予想はおおかた想定がつくところ。 ただ、球団はもちろんだろうがファンだって黙ってあきらめる訳にはいかない もちろん課題は山ほど。 思いつくだけでも 主力組のけが人の“以前の姿での復活” その故障組のレギュラー復活......続きを読む»

スワローズバッテリー以外に誰にもできない被弾

ある意味凄いシーンを見てしまった気がする 延長戦のツーアウトランナー無し あのカウント バッターはまさかホームランを打つとは思えない選手ではなく あの糸井 「ホームランだけ気をつけて」 なんてコメント100人中100人知ってる あの場面で あのカウントで ストライクゾーンへのストレート 外すつもりだったのか 裏をかいたつもりか 裏の裏は表である 特に特にあの糸井だよ あきれる......続きを読む»

暴動レベル?

そうは言っても 石川は今日頑張ったんだけどね。 自責点はほぼ無いに等しいね もう今日の敗因はね あれだけあからさまにやる気がないと もうコメントの仕様が無い感じ。 一生懸命頑張ってる選手も一緒にされまいと 終盤に少しは意地見せてくれることを期待したんだけど 意地だけで打てるんだったら とっくに打ってるわな 選手も負け試合慣れして 何も感じなくなるのだけはね 勘弁願いたいね ヤフーコ......続きを読む»

宮本監督の目の前でもやるのかい?

ノムさんが「監督をやらせたい」と話した人物 そんな記事が載っていたけど。 宮本さんのことね。 ま、高津二軍監督の内部昇格は既定路線なんだろうね。 再三話すけど、高津さんが嫌いなわけじゃない。 ナント行っても功労者だから。 でもここ数年の暗黒投手陣の責任部門長。業績の悪い部署の部長が 内部派閥の序列で繰り上げ昇格。 余計な事だけははっきり覚えている。 数年前、カーペンターという高津......続きを読む»

村中 荒木よ 今こそ(今さらだけど)

もう試合の方はね。プロとして恥ずかしく ない試合を見せてよって事で。 現監督から『来年もこのメンバーじゃ巻き返すのは無理です』って。 ※そんな発言一言も発していないけど、私はあの発言をそう捉えているよ。 ファンとしては『2~3年かけてじっくり立て直しを』 なんて意見もあるだろうけど、やっぱり毎年“優勝”とまではいかなくとも せめて秋口までは望みがある位置での試合が見たいものでね。 強烈な外国......続きを読む»

今日はバレンティンの走塁を見て観戦終了

とか言っても終わった頃 結果は確認したけどね やっぱり負けてた。 あんな走塁見せられたら 離れ小島の最下位でも毎日応援しているんだけど さすがに頭にきたというか 幻滅というか あの走塁を見て 「バレちゃん怪我しないでね」とか 「ココちゃんアキレス腱痛いのに無理しないでね」 というファンがいるのであれば お詫びするよ。 私にはそれ以上見るに値しないと感じ せっかく久しぶりに晩酌しながら観戦して......続きを読む»

サヨナラ勝ちだけどね

監督退任発表後最初の試合。監督の「厚い」と言われている選手からの信頼と人望。 選手の必死さは存分に画面から伝わってきた。 石川もさぞ悔しかっただろう。 8回の三振を喫した時の奥村のその表情。 山崎、藤井の執念のヒット 坂口にとっては「恩人」でも有ろう。結果で応えることができた。 山田も死球後の出場には執念を感じた。 サヨナラ勝ちって気分良いけどね。 でもやっぱり、昨日同じくサヨナラ勝......続きを読む»

違和感

当初、昨日の敗戦があまりにも解せないものだった為、 題名「昨日の投手交代についての見解を聞きたい」として投稿したが 投稿完了5分後に「真中監督辞任の意向」というニュース記事を発見。 思うところ有り一旦削除。改めて投稿する。 昨日の試合、言われなくても「結果論」であることは分かっているのだが、投手交代 の遅れが敗因である事は明白。 もちろん現場にしか分からない事情も有ろう。 「近藤やルーキ......続きを読む»

何気にルーキがいいね

久々に気持ちの良い試合 四番の満塁弾とエースの気迫の投球に尽きる 10点差逆転も嬉しいけれど、やっぱり四番が打ってエースが締める。ひょっとして 今さらながらではあるが、今シーズンベスト試合ではなかろうか。 一番や三番を打つなら、ある程度率を求められるだろうけど やっぱり四番に求められるのは“打点”だよね。 あの場面だって、犠牲フライなら上出来。 併殺崩れだろうが、ボテボテの内野ゴロだろうが、 ......続きを読む»

近藤 うーん近藤 「金沢うーん金沢金沢」by野村監督

1992~95年頃ヤクルトで活躍された金沢さん。今年なんとなく近藤投手と金沢さんを 被らせて見ていた。 間違いなくヤクルトの90年代黄金期を陰で支えた名脇役だった。 元々大洋ホエールズ(現ベイスターズ)の主力投手で、その後日本ハムにトレード。 自由契約後に※厳密には『無償トレード』という形らしい。 いわゆる『野村再生工場』の役者の一人。 当時は“ホールド”という規定がなかった のだが、勝パターン......続きを読む»

このチーム状況の中、ブログを投稿し続けるって難しい事だね

36勝68敗2分 借金32 5位とのゲーム差 11 首位とのゲーム差 天文学的数字 今日伊東監督が「歴史的低迷」の責任を取り 今季限りでの辞任を表明 思わず気になってしばらく見ていなかった 順位表を改めて確認 昨日までの負け数が同じ67 ヤクルトファンならずとも ツッコミを入れたくなるだろうね 伊東監督にしても 監督だけが悪い訳では無いのはわかってるけどね。 今日は敗因がどうとか 負けた......続きを読む»

1

このブログの記事ランキング

  1. オンドルセクの取った行動は、果たして全く言い訳無用の「愚行」だったのだろうか
  2. ヤクルト内野手事情。「えっ?村田さん獲らないの?」  
  3. いいドラフトだったのかな
  4. 宮本監督の目の前でもやるのかい?
  5. さらば相川亮二、真中監督。そして坂口、山田君かな
  6. 違和感
  7. ドラフト余談 やっぱり大改革には運も必要って事で
  8. 「ブキャナン流出阻止」自力で出来る唯一の来季戦略
  9. 5.3.1.1.4.1.4.1.4
  10. 去就の気になる選手達へのそれぞれの想い

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss