SVW:SportsVolunteerWriter's blog “アベログ” 写真で綴る秋田ノーザンハピネッツ回顧録

プレシーズン/対NBL戦記3(秋田79-62アイシン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合後の記者会見で、ひととおり、そして丁寧に答え終えたあと、勝利チームの指揮官である長谷川HCは、自らこう付け加えた。

ただし(相手の)全日本(代表)選手がいない(なかでの勝利であること)。それを各選手が理解してほしい。(長谷川HC)

ところで、 手元にある日本リーグ1997-1998シーズンのプログラムを手にすると、表紙に「いすゞ自動車」の#34高橋マイケル選手(現NBLアイシン)が。 当時から今も現役なんですね。

綴じ込み付録のカードとグラビアには同選手に加え、ゼクセル時代の若かりし長谷川選手(現bj秋田HC)、トヨタの折茂選手(現NBLレバンガ北海道代表)らが並んでいて、 (C)JBL/日本文化出版

選手名鑑に進めば住友金属に佐藤信長選手(前能工高監督・今季からbj青森HC)に、ルーキー庄司和広選手(元bj秋田)など各チームに秋田ゆかりの面々が見られる上に、自分の中学のバスケ部の先輩も載っているのですから久々に見てとても懐かしく。

こうして、かつてともにプレーした選手たちが、指導者として、一部はまだまだプレーヤーとして「また一緒」にできる。

または若い選手にとっては新しい価値観と出会う。

県立体育館でこのプログラムを手に日本リーグを観ていたときから18年に。18年経つと、このくらい世の中が変わるのだなあ、とあらためて感慨に浸ったりして。

その選手名鑑の写真とほぼ変わらないままの鈴木貴美一HC。 自分がいまこうしてこんな写真を撮ってることが信じられないままカメラを手にしていました。

もうちょっと競った試合がしたかった。チーム事情でポイントガードがいない状態(というよりは)ハピネッツ(のほう)がいいところを前面に出して自分たちを苦しめた。(アイシンが)悪かっただけではなくハピネッツがトヨタ戦のときより(チームのケミストリーも)良くなっている。(鈴木HC)

bjの中でも強さ、環境面、チームの哲学、沖縄や秋田はリーグのトップチームで、みんなが応援してくれる素晴らしいチーム。始まった頃よりかなりスポンサーとかブースターとか(増えて)成功している。(同)

(両リーグが)統合した際には選手層の違いはあるが時間とともに解決していくと思う。慣れるということ。現在はNBLとbjの差はあるが田口選手のような選手が地元から生まれてくることで対等に戦える。お金ではなく出場機会を求めて移籍する選手もでてくる、散らばってゆく。秋田や京都はいち早くNBLの強いチームに追いつくと思う。(同)

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プレシーズン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

10/02 bj 広島vs沖縄【備忘録的バスケ観戦記】

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ、10月2日(金)~4日(日)のみどころ【 bjリーグ最新情報ブログ】

【TKbjリーグ】10/2-4 ラストシーズンは東京と広島から開幕【bjリーグ DNレポートfor関東】

ブロガープロフィール

profile-iconsv-writers

bjリーグの終わりとともにこのブログの更新も終えました。結局、尻切れトンボになってしまい反省しています。

過去記事は当分の間は公開のままですがそのうち消えることがあるかもしれません。

以下は当時の記述のままです。これまでご支援・ご理解を賜り関係各位へ感謝申し上げます。


 男子プロバスケットボールTKbjリーグ 秋田ノーザンハピネッツの公認スポーツボランティア(SV)団体「秋田SV-ハピネッツ」のブログ(SVブログ)からスピンオフして、2013-14シーズンからスタートしたブログ。

 これからはSVブログの内容はスポーツボランティア関連に特化しながら継続し、いっぽう試合(主にホーム)とチームについての記述はこちらに移りました。

 オフィシャルカメラではありませんが、これまでどおり球団公式とも、報道機関とも、ファンブログとも違う目線でシーズンを記録しながら表現し、伝え、記録していきたいと思います。

 プレスエリアにカメラで入ることは、元々は2010年に、特定非営利活動法人トップスポーツコンソーシアム秋田(スポコン)のボランティアライターの企画から始まったものでしたが、そうしながら5季目にも入ったので、従来とは違った新機軸も採り入れていけたら、と思っています。

 「SVW(SVライター)」もSV(スポーツボランティア)の活動のひとつとして、また平時は秋田SV-ハピネッツの事務局も務めつつ、これからも、ともに非日常空間へ。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:540919

(08月13日現在)

関連サイト:秋田SV-ハピネッツ ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. The NEW HORIZONs(統一新リーグ=NPBL1部参入決定記者会見)
  2. 血脈(長谷川誠メモリアルゲーム)オールスター秋田開催(1)
  3. TKbj-league ALLSTAR 2015-2016 SENDAI(※秋田目線)
  4. 3/6 東地区セミファイナル 2nd/2(4/6 決定戦 3rd/3)
  5. Big and charming and, and so on.(谷口大智選手入団会見)
  6. プレシーズンゲーム大仙市大曲(秋田80-90千葉)
  7. 白ハピ vs 黒ハピ(公開練習/潟上市天王)
  8. パパのダンク(秋田86-76群馬)
  9. ファイナルシーズン開幕 (秋田77-56埼玉)(秋田91-70埼玉)
  10. He's back.(秋田79-63富山)(秋田82-89富山)

月別アーカイブ

2016
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss