SVW:SportsVolunteerWriter's blog “アベログ” 写真で綴る秋田ノーザンハピネッツ回顧録

セミファイナル-1/2 (岩手77-80秋田)

このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらかに勢いがつくかと思えば、また均衡に戻って、

を繰り返す目が離せない心臓に悪いゲームは、

sv-writers-481640.jpg

第4クオーターに入ってもこのとおり。またやられて、

sv-writers-481641.jpg

それでも引き離されずにひっくり返して、
(1行で簡単に書いてますけどすごいんだ。)

sv-writers-481642.jpg

第1戦を勝利・・!!

sv-writers-481643.jpg


sv-writers-481644.jpg


sv-writers-481645.jpg


sv-writers-481646.jpg


sv-writers-481647.jpg


sv-writers-481648.jpg

sv-writers-481649.jpg

これで秋田は「初めて」セミファイナルの初戦を獲り、王手をかけたということでしょうか。

2季目の横浜でもセミファイナルの2戦目を勝って逆王手をかけていますから、

有明への王手は初めてではないけれども、初めて準決勝の初戦を獲った。

というところに進歩を感じます。(ですよね?)


さて、注目(因縁?)の試合がいよいよ。
sv-writers-481650.jpg
写真よりも実際のピンクは照明に映えてキレイかつエネルギッシュ。

たぶんこっちが思っている以上に、
sv-writers-481651.jpg
岩手さんは悔しいまま今シーズンを戦ってきたんでしょう。

でもこっちも負けるわけにはいかないんだ、ツラいね・・。

序盤のボイキン選手のスリーポイント。
sv-writers-481652.jpg
この日の伏線。

ところどころアツくなりながらも激しいゲームが進んでゆきます。
sv-writers-481653.jpg

sv-writers-481654.jpg

大塚選手のドライブからのバスカン。
sv-writers-481655.jpg
フリースローも沈めます。

こうなるとフンイキがよくなるんだけど、

ゲームを通してフリースローをきっちり決められない分だけ苦労していることが数字からもわかります。

ベンチに戻るとキャプテンが先頭になってチームメイトとブースターが迎えてくれる。
sv-writers-481656.jpg
ホームゲームのように戦えた。(ボイキン選手)

その後も一進一退。
sv-writers-481657.jpg

明日の岩手は今日以上に手ごわいのは間違いありません。
sv-writers-481658.jpg

見ている方ですら、しんどく感じるのですから、
sv-writers-481659.jpg

ましてや選手はスタッフはいかばかりかと。
sv-writers-481660.jpg

だからこそアウェイをホームにしてしまうかのようなブーストが必要で、
sv-writers-481661.jpg

運命をともにする。
sv-writers-481662.jpg

岩手のフロア、スポーツコートではないのでうらやましく、
sv-writers-481663.jpg

やっぱりきれいです。
sv-writers-481664.jpg

このフロアが有明行き5582便の滑走路になるのか、
sv-writers-481665.jpg
秋田にとっての。

この写真がいちばん有明を近く感じさせます。
sv-writers-481666.jpg

激昂して飛び出していきそうなマクファーランド選手をなだめ、ストッパー役を務める館山選手ら。
sv-writers-481667.jpg
いろいろ役割があります。

成長を続けるいいチームです。
sv-writers-481668.jpg

できればこのまま。
sv-writers-481669.jpg

それもこれも第二戦にかかっています。
sv-writers-481670.jpg

いっしょうけんめいたたかいました。(中村HC)
sv-writers-481671.jpg
と断言できる試合だったのでしょう。

それでも、ふたつ勝つことが重要(中村HC)とも。
sv-writers-481672.jpg

土壇場、決勝(と言っていい)シュートを決めたボイキン選手。
sv-writers-481673.jpg
やっぱり41、13、15、23、と「0」がチームの骨格。

それに5、14、33の武器があれば第二戦だって、きっと。
sv-writers-481674.jpg

そして2と9か11がヒーローになってほしくもある。7もね!
sv-writers-481675.jpg

ボイキン選手の奥様の手作りでしょうか。
sv-writers-481676.jpg

そうこう言ってる間にまた試合が始まります。

天候にも恵まれアリーナの周囲もいいところです。

おってまた写真で紹介したいと思います。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ポストシーズン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

自滅【岩手ビッグブルズ】【バスケファンの観戦記】

【bjリーグ】13-14プレーオフCSF-1day 京都ハンナリーズ VS 滋賀レイクスターズ【京都ハンナリーズ観戦記】

bjリーグ カンファレンス セミファイナルの結果(5月10日)【 bjリーグ最新情報ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconsv-writers

bjリーグの終わりとともにこのブログの更新も終えました。結局、尻切れトンボになってしまい反省しています。

過去記事は当分の間は公開のままですがそのうち消えることがあるかもしれません。

以下は当時の記述のままです。これまでご支援・ご理解を賜り関係各位へ感謝申し上げます。


 男子プロバスケットボールTKbjリーグ 秋田ノーザンハピネッツの公認スポーツボランティア(SV)団体「秋田SV-ハピネッツ」のブログ(SVブログ)からスピンオフして、2013-14シーズンからスタートしたブログ。

 これからはSVブログの内容はスポーツボランティア関連に特化しながら継続し、いっぽう試合(主にホーム)とチームについての記述はこちらに移りました。

 オフィシャルカメラではありませんが、これまでどおり球団公式とも、報道機関とも、ファンブログとも違う目線でシーズンを記録しながら表現し、伝え、記録していきたいと思います。

 プレスエリアにカメラで入ることは、元々は2010年に、特定非営利活動法人トップスポーツコンソーシアム秋田(スポコン)のボランティアライターの企画から始まったものでしたが、そうしながら5季目にも入ったので、従来とは違った新機軸も採り入れていけたら、と思っています。

 「SVW(SVライター)」もSV(スポーツボランティア)の活動のひとつとして、また平時は秋田SV-ハピネッツの事務局も務めつつ、これからも、ともに非日常空間へ。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:541320

(11月13日現在)

関連サイト:秋田SV-ハピネッツ ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. The NEW HORIZONs(統一新リーグ=NPBL1部参入決定記者会見)
  2. 血脈(長谷川誠メモリアルゲーム)オールスター秋田開催(1)
  3. TKbj-league ALLSTAR 2015-2016 SENDAI(※秋田目線)
  4. 3/6 東地区セミファイナル 2nd/2(4/6 決定戦 3rd/3)
  5. Big and charming and, and so on.(谷口大智選手入団会見)
  6. プレシーズンゲーム大仙市大曲(秋田80-90千葉)
  7. 白ハピ vs 黒ハピ(公開練習/潟上市天王)
  8. パパのダンク(秋田86-76群馬)
  9. ファイナルシーズン開幕 (秋田77-56埼玉)(秋田91-70埼玉)
  10. He's back.(秋田79-63富山)(秋田82-89富山)

月別アーカイブ

2016
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss